人気ブログランキング |

タグ:命 ( 163 ) タグの人気記事

本当に必要なものは・・・?

快晴に恵まれたゴールデンウィークが終わり、
お日様が連休に入ったかのように、雲の覆い尽くす空。
今日も、雨だった。
雨音に耳を澄ませ、目を閉じて、あえて光を閉ざす時、
心の耳が研ぎ澄まされてくる。
雑多にうるさい視覚と共に流れ込んで来る情報音は、意識的に受け入れなくする。
・・・・・
目を閉じる行為は、思う以上に心の耳を鋭敏にする。
わたしの命が、外界の命の声をキャッチする。
本当に欲しいもの、本当に必要な音は、
視覚を閉ざす時、私の心に静かに優しく語りかけて来る。

今日は、EAPの仕事で、某企業でメンタルヘルスのセミナーをさせて頂いた。
ストレスチェックは、その後の対応方が重要であり、
ストレスチェックをすればいい。。。って、問題じゃない。
今日のセミナーが、少しでも受講者の方々にとって、何らかの次への動機づけになれば
私としては、とても有り難く、感謝いたします。

一日の内のひと時に、静かな時間を持つように・・・心がけたいものですね。



by h-c-c | 2016-05-10 18:59

「愛」の想いが全てです

ボランティア元年と云われた阪神淡路大震災の記憶は、
私の身体の全細胞が今も鮮やかに、しっかりと受け止めている。

1995年1月17日の夜明け前、
私は4階の寝室が、大きく揺れる中で飛び起きた。
陽が昇ると共に明らかになる神戸の惨事に、居ても立ってもおれず、
仲間たちと物資をかき集め、現地に向かったあの時の込み上げる感情。
毛布、ストーブ、紙おむつ、生理用ナプキン、トイレットペーパー、水、食糧などなど。。。
寸断された裏道からの陸路は、現地へ到着までに疲労感を強めた。
寒かった。
怖かった。
それ以上に苦しくて辛くてなぜだか腹立たしかった。
現場に入らなければ分からない体感できない温度、匂い、声、音、風。。。
そして、私はそこで悟った。
人には、出来ることと出来ないことがあるのだと。
人によって、向いている事と向いていないことがあるのだと。
私は、そこで殆ど何もできなかった。
目の前に広がる惨事の生々しさにただ身が竦み、何の役にも立てなかった。

当時はまだ、民間の一般ボランティアの活動体制は入門編のようで、
ぎこちなかったし、段取りも分かりにくかったし、当然ながら指揮する人も無くて
思いあまって駆け付けた人たちの多くが混乱に戸惑っていたことを思い出す。

その後私は、時間を置いて半年後から、
関西の地で、メンタルケアのお手伝いに入らせてもらった。
関西のカウンセリングの対応能力は、
当時の私の地域のそれと比べると、遥かに実力が高かった。
その体験を機に、同年(1995年)5月、私はここ福山に当時の産業カウンセラー中国支部長からの
後押しと、ご協力のもとに、「東中国カウンセリングセンター」の命名まで頂いて当センターを開設した。
それは、まさしく、ここ福山に、「実力あるカウンセラー」を育成しよう!
皆で一緒に育って行こう!とする共生・共育の理念に基づいてのものだった。
私一人の力には限界がある。
しかし、たくさんの有能なカウンセラーの仲間を増やせば、
多くの人の助けになれるに違いない。
それを願い、それを志して21年間「実力あるカウンセラー育成講座」に
力を注いできたのだ。

有って欲しくない、無い方が良いに決まっているが、
その後、この国には毎年のように突然襲う災害が後を絶たない。
今世紀最大か!?とも言われた東日本大震災の折には、
翌年、翌々年と、支援者の方々の支援として、3つの県を廻らせて頂いた。

そして、この度のかつてない連鎖連鎖で強い余震の続く今までにない事例の地震。
専門家たちが寄ってたかって「先が見えない」と云い合う熊本大地震。
このまま、東に西に活断層の影響連鎖は続くのか?
それとも、消息してくれるのか?

「愛」故に込み上げる苛立ち、腹立たしさ。
「愛」故に動かないではいられない行動力。

初心に戻って、私のカウンセリングの学びの原点について鑑みる時、
「こころの職人」として、現場に入って行くカウンセラーを目指す気持ちに変わりない。

今年の始めに、私が決意した「ひとりでもやり抜く!」とした想いは、
何らかの虫の知らせだったのかもしれない。



by h-c-c | 2016-04-21 18:28

学習経験知 と 命のための想像予知力

この世で…って云うより、人生で一番大事にしたいものって、一体なんだろう?

一番!って敢えて云われちゃうと…、にわかには答えにくいよね。
きっと、私たちにとって大事だと思えるモノの中に色々たくさん有るからかも知れない。
私にとっても、あなたにとっても、
大事なもの守りたいものは、きっと幾つか思いつくから。。。

さまざまな領域、分野で頭に立つ人が、何処の何に価値を置いているのかで、
その時代を共に生きる国民や民族の命は左右される。
度重なる三菱自動車組織ぐるみの不正発覚、東芝、シャープ、JR北海道だってそうだ、、、、、
薬害エイズの問題、度重なる長距離バス運営の事故、建設現場の手抜き不正建設、偽装工事、、、
まだまだある・・・、経営陣の判断は、そこに繋がる多くの人を道連れにする。

政治屋の中で、たまたま成り上がった大臣は、その道(領域)の殆どド素人だ。
昨日まで何を勉強し、本気で考えていたのかなんて縁もゆかりも無いくせして、
一体、
何を守ろうとしてる!?!
どこを向いて発言してる?!?
誰のために、何を最も譲れないものとして、仕事をしている?!?

お金じゃないだろう!
面子じゃないだろう!
派閥じゃないだろう!
勘違いしないで欲しい。
政治屋の仕事は国民の命と安全を最優先に考え、発言し、行動することだ。
国民から集めたお金だ。血税だぞ!
おまえらから貰ってるわけじゃないぞ!
勘違いも甚だしい!
予測不能なこの度の熊本地震から連鎖の続くこの時期に、
なぜ、何を持って、安全だとして原発をそのままにするのか?
福島にはまだ、戻れない。
海外の多くの人たちは、日本の原発処理の問題を信じてくれてはいない現状があるのに。

この国に現在只今、起こり続けている現実を、なぜ正直に直視しない!
地割れ、家屋倒壊、土砂崩れ、あらゆるものが根底から崩壊し続けている現状で、
大臣の誰ひとり、原発停止の声を挙げないのはなぜだ?

国民の声を聴くのが仕事じゃなかったのか?
勝手に暴走して、嘘で隠して誤魔化して、一体誰が得するんだろう?????

あんな輩に仕切られて、この国が潰れていくのを黙って見てるしかないなんて、
本当に厭だ!

by h-c-c | 2016-04-21 10:00

私たちは日本丸の乗船者

世界のあちこちでテロの脅威が襲う中、
私たちは、この日本と云うとてつもない地盤の上に生きる民族として、
もはや、いつどこで地震が起きても不思議ではない周期を迎えたようだ。

長引く熊本地震は、徐々に活断層のズレを東に移動させている。
ここを引き金に地震の連動はさらに続くようだ。

100年周期、1000年周期。
地球規模の時間軸は、人間の寿命時間軸のそれとは、当然ながら違う。

人間が、故意に引き起こすテロや戦争とは全く違う次元で、
自然は、ただただ脈々と地球の活動として事を進めるのだが、
それは、人間にとって望ましくなく、厄介で、大きな苦しみや不安をもたらす。
こうした時に、いつも感じることがある。
私たちは、日本丸という船に乗った乗組員に過ぎないんだと。

そして今、この日本丸は、活断層とプレートの上で、足元から
揺らぎ、難破しそうな時代の波の中に在る。
熊本城が崩れていく姿を見た時、胸が締め付けられた。
阿蘇神社も押しつぶされた姿になってしまった。
歴史も、文化も、誇りとする象徴の物ものも、さまざまなものが崩れゆく。
壊れる時は、一瞬なのだ。


by h-c-c | 2016-04-16 21:55

穏やかな日

暖かな穏やかな一日でした。
春のお彼岸を前に、お墓の掃除とお墓参りに行きました。
静かな時間が過ぎました。

今はもうここには居ない人、しかし確かにその人の居た証し。
お墓って、そんなものだろうと考えますが、
そこに行くと、今、確かに生きている自分の存在と、
ここに繋がる連綿とした命の不思議さを感じないではいられません。

お墓参りは、なぜだか私を優しい気持ちにしてくれます。
最近は、時間がゆるやかな感じです。
セミナーもカウンセリングも落ち着いた空気の中で進んでいます。

スケジュールは、それなりにイッパイいっぱいで廻っています。

2003年から依頼を受けて始まった市民講座もずっと続いて14年目。
2016年の今年も、6月8日~毎週水曜日、通算4回講座で実施されます。
6月は昼間の講座ですが、関心がお有りの方は、ご参加ください。
ただ、福山市への申し込みが必要となります。
市の広報で来月あたりお知らせも出るかと思います。
市民の方は無料ですよ。
どうぞ、お気楽に、ご参加ください。


by h-c-c | 2016-03-08 21:16

年越しは我が家で♡♡

無理に無理を重ね過ぎました。
過密スケジュールの中、休めない私の気持ちに応えてか、
少し強めの処方をしてくださっていた馴染みの主治医の指示に従って
呑んでいた抗生物質…の所為(?)かどうかは、定かではありませんが???
下血が始まってしまったのです。
即、入院となり、しばらく入院生活を送っていました。
お陰で、大腸検査はバッチリ!ですが、よりによって、
暮れのこんな押し詰まった時期にです!

お薬は、片方で毒にもなる訳で、結局、腸壁を傷つけたようでした。
何とか退院できたものの、おせち料理作りへの意欲が全く湧きません。

遠い昔、祖母や母にまとわりつきながら、暮れの台所の忙しさに
自分も参加できている事が嬉しかったことを思い出します。
掛け声しながら木臼で盛り上がる家族みんなでのお餅つき。
二枚おろし、片身の寒鰤を母は見事にさばいて行きます。
母は、とても料理の上手い人でした。
魚料理、魚の包丁さばきにかけては、下手な料理人も顔負けの腕前でした。
数の子の薄皮剥きは、幼い私の仕事でした。

既に他界した祖母、今は認知症となって、料理は何一つ出来なくなった母。
それらを受け継いで何十年もの間、
手作りおせち料理を欠かしたことのない私でしたが、
その私も、今年はお休みさせて頂こうかと思っています。
家族の皆も、「お母さん、もう、おせち料理作ろうと思わんでいいよ。
今年は、割烹料理屋さんに依頼してるから、お母さんはゆっくり休んで・・・。」
と、言ってくれています。
それでも、年越し蕎麦と、河豚の鰭酒、お屠蘇と、お雑煮は作らなきゃ。。。
出来れば、お煮しめと、慈姑の素揚げは作りたいと思っています。

料理をするのはもちろん楽しいですが、それ以上に、その料理に箸を進ませ、
皆が、美味しい!美味しい!と嬉しそうに食している姿。
その料理を囲んで、楽しい会話が広がっていく様子を見ていられることが、
何より幸せ感を味わえる時間と感じて、私は大好きです。
料理は、大事だと感じています。
食事は、餌ではありません。
空腹を満たすだけのものではありません。
家庭には家庭の、家族には家族の味があり、匂いがあり、文化があり、
思い出があり、記憶があります。
それこそが、自分の生きた歴史に重なる部分でもあります。

昨年から今年にかけて、確かに多くのことがあり過ぎて、疲労感を覚えた二年でした。
年の瀬、新年、今回はゆっくりのんびり過ごすつもりでいます。

来年は、健康第一に。
自分自身の身体をもっと労わりながら、
優しい気持ちで命を使って生きたいと願っています。

今年も、大変お世話になりました。
ありがとうございました。


by h-c-c | 2015-12-29 09:31

2015.後一週間

大丈夫ですか? 皆さんは?????
寒暖差に対応しきれなかった私は、完全に体調を崩しました。

近年久々の疲労感から苦痛感。
メチャクチャ苦しいです。。。って云うか…苦しかったです。

喉を傷めてしまったようで、高熱は出るは、咳きに血が滲むは…、で散々でした。
扁桃腺ではなく、喉そのものなので、食べ物を飲み込むことは出来るのですが、
何とも薬がキツイのか、食欲が湧きません。
舌は荒れるし、肌にはブツブツが出るし、意識はモワモワ…朦朧としています。
医師から「一週間は喋らないように!絶対仕事をしないように!」
私、「でも先生、スケジュールが詰まっているんです。皆様をお待たせしているんですが・・・。」
医師「僕の仕事は、あなたの身体を治すことです。今、無茶したら正月は越せませんよ。」
・・・そう、乗り物であるこの身体に随分無理をさせて来たな。。。って、想い到りました。
自分の身体に、ごめんね!とありがとう!を何回も何回も言いました。

年内最後の予定としてお引き受けしていたたくさんの仕事をキャンセルしました。
多くの方々にご迷惑をお掛けしました。
つくづく私の代役を育成しきれていない現状を情けなく思います。

自分のためには勉強もします。
ガンバリマス!とか言うのです。
それが、次に続く誰かのためとなると、そう簡単にはいかないのでしょうか???
本当に???
そもそも、その次のことは脳裏に無いんじゃないでしょうか?
結局は、自分のことで完結させちゃう人の方が圧倒的に多いんでしょうね。
この世の中は。。。

自分が、本当に救われた感があり、歓びを覚えたのであれば、
遅れて来る次の誰かのために、それを伝えて行きたいと、
私は考えるのだけれど、多くの人はそうじゃないんだな、ってことが、
この20年間でしみじみ分かった気がします。
哀しいけれど、寂しいけれど、そうなんだろうな・・・って。。。

身体はだるいです。
そして、心は寂しいです。

by h-c-c | 2015-12-24 16:58

人類の未来

諸行無常。諸法無我。色即是空。
常なるものは無く、形あるものには終焉は訪れる。
人間は誕生時から、死のその瞬間まで発達変容すると考える発達心理学。
有ると思えるものは無く、見えず、聞こえず、触れられずとも、在るとするもの。
今、ここで即時に対応しなければならないこともあるが、
短絡的に刹那的な対応の繰り返しでは、その本質はみつけられない。

人類は、ここまで来た。
火星について、不気味な情報が開示された。
今と云うこの時代を、私たちは生きている。
少なくとも、私たちはこの地球を生活の拠点として、共に生きている。
ただそれだけ。
ただそれだけに過ぎない事なのだが、
このことが、実はとてつもなく貴重で、奇蹟的で、
何ものにも代えがたい大切なことのはずなのに。

人類は、何処に向かって進もうとしているのだろう。
地球環境は、人類の手によって方向転換しがたい状況に到ってしまった。
生態系は猛スピードで崩れて行き、食物連鎖は巡り巡って人類の細胞を破壊する。

今を楽しんでさえいればいいとも言っていられない気がするのは、
私の考え過ぎだろうか。

by h-c-c | 2015-11-24 23:04

国って何?? 国家って何だ??

どうなってしまったんだろう?
人間は、ヒト科として人類を終わらせようとしているのだろうか?
この期に及んでもまだ、各国の思惑が不気味に見え隠れしている。
テロをだしに、フランスをだしに、
ロシアもアメリカも何を考えているのだろう?
分からない。どうして、こんなにもややこしくなってしまうんだろう。

原発再稼働だってそうだ。
福島の処理も、もんじゅの扱いも、何一つ明確になっていない。
このままでは、この国の人間はいずれ近い将来、安心して空気が吸えなくなる。
水も飲めなくなる。
地震国家のこの国に、活断層だらけのこの国に、
原発は、はなから無理な話だし、間違いに気づいたら、
正直に勇気を持って、方向転換はしなければならない。
今ならまだ、かろうじて間に合うのに。。。
気候は、確実に今までと違う様相を見せつけているのに。

空爆でテロは封じられない。
誤爆で巻き込まれる人が増えるだけだ。
ちっぽけな人間の飽くなき醜い欲望と近視眼的な舵取りは、
多くの一人ひとりの命をいとも簡単に握りつぶそうとしている。

哀しみは更に増し、憎しみは増幅する。
ほんとうに、、、人間は、何がしたいんだろう???
身近な私の周りは、何気なく事も無げに、一見幸せそうに暮らしてはいるが、
ホントに、このままでいいんだろうか。。。
何だか、虚しさばかりか募ってくる。

明後日は、東京へ出張だ。


by h-c-c | 2015-11-18 22:43

パリ同時多発テロ

身体も心も、とても重い。
昨日は、早朝よりフランステロ銃撃被害のニュースを受けてから、
我が家は大変だった。
ジュリの家族や親せき縁者のそれぞれに連絡が取れたのは、
日本時間で正午を回る頃。
パリ近郊に暮らすジュリの家族や友人たちは、
昨夜、銃撃テロの近くに居合わせた者もいた。

フランス大使館からもメールが届いた。
友人や知人からも、ジュリの家族を案じての電話やメールをたくさん頂いた。

私には、
昨日も今日も、講座の仕事が入っていた。・・・とても疲れた。

戦争とテロの最も大きな違いは、
隣に居る人、そう…隣人にさえ、不信感を抱かせ、
何気ない日常から突然、安心感、安全性を奪ってしまうこと。
あなたの隣に居る人が、いきなり自爆テロを起こしたら・・・。
見えない恐怖に脅えながら生活しなければならないとしたら・・・。
前から歩いて来る人を疑い、不安を感じなければならないとしたら・・・。
これは、
たまったもんじゃない!
かといって、報復手段にOKは出したくない。

ジュリは、今日、友人たちと福山から少し奥まった山合いの渓谷へ
紅葉狩りに出かけて行き、先程、元気に帰って来た。


by h-c-c | 2015-11-15 20:50