繰り返される毎日を、あなたは、悠々と生きていますか?

「カウンセリング学」を学ぶということは、
カウンセリングの諸理論の背景にある「心理学」をベースに、
さらに、その基盤にある「哲学」に支えられた「人間」の観方、捉え方等を
含んで学ぶということを意味します。

フィジカルとメンタルだけでなく、それらを左右する各人特有の「認知」の仕方。

「カウンセリング学」を学び続けるということは、
「人生」そのものの捉え方に、大きな気づきと転換をもたらします。

だから、楽しい。
だから、奥深い。
だから、引き込まれ、「自分」自身が、悠々としてくるのです。

しかも、そして、その学びは決して苦痛ではなく、楽しくて嬉しくて納得感があります。

「宗教」ではありません。
規律も、戒律もありません。
何を選ぶかは、各人に委ねられています。
唯一、ひとつの正解があるわけではありません。
絶対主である、誰かの価値観に無理やり付き従うことを強要しません。

それは限りなく自由であり、「自分の人生の主人公である自分自身」に任されているのです。

そんな一人ひとりが、まともな「カウンセリング学」を学び続け、
それを自身の血肉に変えて、カウンセリングの現場に臨み、
間主観的な関係性の中で、クライアントと共に居続ける特別な空間を
『カウンセリング』と呼びます。

カウンセリングとは、決して安直なものではなく、奥深く興味深いものです。


[PR]
by h-c-c | 2018-06-28 10:03 | Comments(0)

嬉しいことではあるけれど。。。。。
なんだ、ナンダ、何なんだ???
日本代表サッカーチームに対しての手のひら返しの反応は。
・・・だからね、、、そんな、もんなんですよ。
他人の評価や風評なんて。

そんなもんに怯えて、他人の眼ばかり気にして、ビクビク、ドキドキして、
引きこもってるなんて、もったいないですよ!
自分で殻を作らない。
自分で心に城壁作って、すごいバリアで囲ってみたって、
他人は他人。
自分を本当に大事にするためには、「自分自身を信頼する」。
これしかないんだから。

自分の人生は、自分のもの。
他人の評価に怯えないで。
他人の人生は他人のもの。
他人の人生に、むやみに踏み込んだり、他人の人生を壊したりしちゃいけない。

本当の意味で、
自分を大事に出来る人にしか、他人を大事には出来ないから。。。。。

[PR]
by h-c-c | 2018-06-22 09:21 | Comments(0)

NHKで放送しているチコちゃんって言うCG5歳児。
かわいいとは言い難いキャラの女の子が仕切ってる番組。
おもしろいのよね、これが結構笑えちゃうんですけど・・・。
雑学番組みたいなもんなんだけど、何も疑問に感じないまま、
当たり前のように日常でやり過ごしてる事を、改めて問われちゃうわけですよ。
チコちゃんに。
そうすると、それに対して答えられない大人たちが皆叱られちゃうんです。
「ボーっと生きてんじゃねぇよ!」って。
街頭でも、色んな人に問いかけるんだけど、皆、分からない。
そうすると、これまた、叱られる。
「ボーっと生きてんじゃねぇよ!」って。

んんん・・・・・、
天災も人災も含めて、次々と、
人類に対して、その生き方を問われ、難問を突きつけられている現代。

だからこそ、
こんなこと言っちゃうと、叱られてしまうけど、
「ボーっと生きて行こうよ!」
ボーっと出来る時には、ボーっとしてようよ。

『ボーっと出来る』って、最高に幸せじゃん!!


[PR]
by h-c-c | 2018-06-19 19:10 | Comments(0)