ブログトップ

HCC コミュニティ ひろば

スマホからは、先程から災害警報音アラームが鳴り続けています。
毎回ビックリします。
雨は三日間ずっと降り続いています。

TVでは、衆院選の開票速報で与党の圧勝を告げています。
画面の下側に速報数が、
画面の上側に各地の災害警報・警告が表示されていて、
まったく忙しい限りです。

ノロノロ進むこの大型台風21号は、まだ上陸もしていない内から
こんなに私たちを怖がらせています。
同様に、今回のこの衆院選の結果は、今後の日本歩む方向性を暗示しており、
これもまた、何がしかの恐れを抱かせます。

台風は自然災害です。
政治は人工災害です。

安倍さんは、世論の批判を恐れてか、これ程圧勝していても、
顔をこわばらせ、とても緊張した表情を見せています。

今となっては、政治の話より、
迫りくる台風情報、災害状況の的確な報道を望みます。



[PR]
by h-c-c | 2017-10-22 22:22 | Comments(0)

天の鉄槌

明日は大義なき解散総選挙の投票日ですよ。
そして、今まさに超大型の台風21号が、日本直撃に進んでいますよ。
投票日目がけて、真っ向勝負の台風みたいです。

私は既に昨日、期日前投票を済ませましたよ。

この先、一体、どうなるんでしょうね???

ただ、ひとこと、言うとすれば、
『大義なき解散選挙に、天の鉄槌が下された!
って、とこでしょうか???

粛々と生きていきましょう。
何があろうと諦めないで。


[PR]
by h-c-c | 2017-10-21 20:38 | Comments(0)

矛盾に由って立つ

ここ連日カウンセリングが途絶えない。
悩んでいるのは誰か?
苦しめているものは何か?
苦しみから逃れたいはずなのに、悩みは付きまとう。
それは、そのはず。
悩みませるものは、自分の内にある無意識にがんじがらめにした価値観。
…ねばならない。 …のはずなのに。 …べきだ!。

過剰な自立意欲は、自己否定感を強め、自らを孤立させる。
優柔不断としなやかさは、似て否なるものである。
肩書は実相ではなく、錯覚を招き、自らを盲目に貶める。
プライドは劣等感の鎧であり、しなやかさを失わせ、無用な硬さを生む。

外側ではなく、内側に、満たして行こう。
嫌な部分も、足りない部分も、そのままそっと内側に抱きかかえよう。

私たちは、他人と競い合うために生れて来たのではない。
誰かに認められることを目標に生きているわけではない。

静かに優しく自分の内側に抱えるものを愛してあげよう。
昨日とは違う今日の自分。
10年前とは違う今の自分。
その自分は、明日はまた、違っているはず。
変わることのない永遠の命の根源を抱えながら、私たちは日々何かが変っている。

資格や肩書がその人を幸せにしてくれるわけではない。
外側にアクセサリーのように飾りつけたとしても、それは、いつか脱ぐ時が来る。
見栄や虚栄の為に、威嚇にも似た権力を、たとえひと時身にまとったとしても、
やがていつの日かそれらを置き去らなければならない日も来る。
全てを脱ぎ捨てて、なお残るものこそが、
紛れもなく自分自身の内なる力であるとするならば、
内にこそ豊潤な豊かさを。。。

それは、自分自身だけでなくその周囲の人をも優しく包み込むから。。。





[PR]
by h-c-c | 2017-10-20 18:31 | Comments(0)

合宿にご参加の皆様、お疲れ様でした。
如何でしたか?
瞑想体験も、しっとり小雨の中での散策も、それなりに体験的に
皮膚感覚から、視覚、聴覚、嗅覚を通して静かに身体が覚えてくれたでしょうか?

今回は、
病理性の強いクライアントへのアプローチにまで踏み込んだ、
内容の濃いものとなりましたが、
今回参加の皆様の多くは、既に十年以上のベテランの方々です。
これまでの自身の実力と培ってきた理論背景を含めた上で、
今後の更なる実践に生かして頂きたいと願っています。

楽しかったですよね!!
やっぱ、学ぶってサイコー!!で~す! よね。。。


[PR]
by h-c-c | 2017-10-16 17:27 | Comments(0)

さぁ、いよいよ今日から二日間、心理学合宿セミナー開始です。

嬉しいな!
私はいつもワクワクする。
自己探索への一味違うアプローチに出会う時、そのチャンスに恵まれる時。
んンン~~~、最高だね!
カウンセリングの勉強は、心理学にしてもさまざまな理論演習にしても、
結局、つまるところは自分自身の人間性、自己探究、自己理解の問題に返って来る。
それは長期的に自分自身の自己成長を促すものとなり、
そのことが、カウンセリング・セラピーのクオリティを高めることに繋がるはずだ。

合宿と言うスタイルにはそれなりの拘りがある。
非日常から距離を置き、貴重なその時間空間の中で、自己探索に浸るためだ。

今日の会場の温泉、なかでも露天風呂は、
晴天なら満天の星を眺めながら…、と言うことになるはずだったのだが、
どうも、今夜は雨らしい 135.png 148.png 122.png 残念###

「統合的セラピー」の研修に向けて、講師の向後さんも意気揚々(?)と
今朝東京を出発し、、、福山に乗り込んでくれること間違いなく、
楽しく愉快なうちにも深い気づきに到れるためのパフォーマンスを提供してくれるに
違いない!と、今からとても楽しみにしている。

さてさて、これからJR福山駅までお迎えに出発します。
集合場所は、駅裏、福山城の真下です。

では、行って参りま~~す。。。


[PR]
by h-c-c | 2017-10-14 09:40 | Comments(0)

統合的セラピー

当センターが22年に渡って実施している理論と実習の一泊研修、
特別公開講座「統合的セラピー&瞑想」合宿日が近づいて来ました。
10/14(土)~15(日)、講師は向後善之氏。
今年の会場は、しまなみビレッジ。
(詳しいことは、当HPの年間スケジュール及び最新ニュースからも検索できます)

「第22期 実力あるカウンセラー育成講座」一年間を通しての
今年のプログラムは、プロフェショナルなカウンセラーとしての技を
さらに一段高めるために必須の内容となっています。
その為、今までよりは専門性も高く、若干厳しい内容で進めています。

通年研修自体が、実践的であるため、それぞれが、
各自の実力を如実に感じとれることの出来るプログラムとなっています。
理論を幾ら学んでも、さまざまな研修の場に参加しても、
さらに言うならば、数々の資格を取得したとしても、
それらが、クライアントのために有効に生かされなければ殆ど意味はないと
私としては考えています。
カウンセリング現場に丸腰で臨むカウンセラーは、自分自身に誠実でなければなりません。

聴く力以上に、見(観・診・視)る力、読み取り、察知する力が必要なのです。
それらは、殆ど同時に、その場で実施され、交流の関係性の中で命を放ち
クライアントの深い気づきへの誘いとなります。

カウンセラーは単なる傾聴者ではありません。
カウンセリングには、
氷山の下に埋もれて視えないが膨大な知識と知恵が秘められています。

そのためにも、カウンセラーとかセラピストと呼ばれる者は、
弛まぬ研鑚と精進の道を歩み続けるのです。
そのことが、クライアントとの関係の質に影響し、
高度な間主観性の在るその場に於いて喜びに育っていくのだと、
私は信じています。



[PR]
by h-c-c | 2017-10-08 22:24 | Comments(0)

今日、職員向けのメンタルヘルス支援セミナーの依頼を受けて、
某 高齢者入所施設に伺ってきた。

もう何年前からになるだろうか。。。
障害者施設を始め、これまでにも市・県の枠を超えて、
病院・施設など・・・、
そこに働く多くの看護職・介護職員・スタッフの方々にお会いし、
様々な現況を直接的に耳にしてきた。

正直、入所者の数は、増加の一途であるにも関わらず、
職員の定着率は極めて低い。
認知症の人もさることながら、全介助でのベッド生活を送られている多くの人は、
とてもではないが、選挙には行けない。
どちらかと言えば、これまで真面目(?)に、
投票会場に足を運んでいたであろうと考えられる先人たちの中の多くが、
今となっては投票に行かないのではなくて、行けない状況になっている。
こうした人たちが、一体何%を占めるのだろうか。

・・・であるからして、、、
健康な人は投票に行きましょう。必ず行きましょう。
諦めないで、一票を!
何だかんだ言ったって、私たちには、それしかないのだから。



[PR]
by h-c-c | 2017-10-06 19:04 | Comments(0)

今宵は燗酒でゆっくり・・・。

今なら、とても美しい満月を見ることが出来ますよ。

「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月なり」

読み人知らずのこの詩・・・、
     しみじみ心に沁みて来ませんか。。。

誰が作ったか、いつ作ったのか、、、それも大事かもしれませんが、
それが分からなくても、良いものは良いのです。

良きもの、良きことは、時を超えて、
     会ったこともない人に優しい救いをもたらします。

[PR]
by h-c-c | 2017-10-04 19:06 | Comments(0)

何かが崩壊していく時って、いつも急にはやって来ない。
崩れてしまう自然の秩序も、気候の異変も、急にやってきたわけじゃない。
その前兆は、ずっと前からひたひたとやって来ている。
高齢化に少子化、ひずみばかりが膨らんでいく社会の仕組みの崩壊だって、
ずっとずっと前から予知され、分かっていたこと。

この国の政治の劣化も、低俗化も、もう何年も前からずっと気づいていたこと。
いつから専門家がいなくなったのだろう。
プロフェショナルな職人気質な志高く惚れこむような人間が、
どうして、、、こうも…いなくなってしまったのだろう。
はっきり言ってしまえば、
国民から巻あげた税金のおかげで飯食わせてもらってやからに、
国民の為に・・・、なんて言って欲しくも無い!
見え見えの嘘に嘘を重ね、
国民を裏切ってばかりの詐欺師よりたちの悪い低俗な政治屋。

奴らが一番頑張るのは、まさしく、この選挙期間だけ。
ナンたって、
この就職活動期を乗り越えれば、高額報酬が遊んでたって貰えるのだから。
後は何やってるのか分からないような輩のほうが多い。
この時期に、頭の中は不倫や不正請求のことでいっぱいで、
それでも不当に過剰な報酬だけはのうのうと受け取る。
どんどん削られる年金生活に、人生終焉への不安ばかりが募る
たくさんの高齢者の方々。
戦後の荒廃したこの国を支えて来た人たちなのに!!!

報道のチャラけた在り方は、国民をなし崩しに馬鹿に引きずり落とす。
特にテレビ報道は、馬鹿の増産器だ。
それこそ「違うだろ~~!!」…って、叫びたくなる。
視点がズレ過ぎてるのだ。

一人ひとりがもっと本気で賢くならなければならない。
私たちは、決して肩書や知識の競争の為に生きているわけじゃない。

それでも、出来ることがある。
それだからこそ、やらなければならないことがある。

そして、こんな時でも、やっぱり、一人ひとりは生きている。
日常の営みを、慎ましやかに繰り返している現実がある。

蛇足だが・・・あの中川って言うハワイでの偽装結婚式やったあの人の顔見てると、
とてもじゃないけど、国民のこと、支援者へのこと、政治のことなんて、
考えてるようになんて、ちっとも見受けられなかった。
ゲス!下衆!の代表みたいな顔してるもの!

嘘は隠し通せないんだよ。
ある程度の歳になると、人格が顔に出ちゃうんだもの。





[PR]
by h-c-c | 2017-10-02 14:43 | Comments(0)