たくさんの出来事があった平成25年も後わずか。

年の瀬の大掃除は、やってもやってもキリが無いので、
明日の午前中で終了!することに決定!!

粗方の買い出しは終わらせましたが、
予約している生モノは、明日受け取りに行きます。
そして、
午後から、おせち料理に取りかかります。

二男夫婦は、
嫁の里のフランスでクリスマスと新年の祝いをするために、
早々と渡仏しましたが、
明日、30日には長男も帰郷して来ますし、
この暮れに入籍を済ませたばかりの三男と、
その可愛いお嫁さんを迎えての新年には、
また一味違った楽しみの予感があります。
そんな、こんなで、当然のことながら・・・、
私のおせち料理にも、必然的に、チョコット?ガッツリ!力が入ります。

今となっては、全く料理の出来なくなった母にも、
生姜をすってもらったり、牛蒡の皮をむいてもらったり、
可能な範囲でのお手伝いをお願いしながら、
久々に、じっくりお台所で時間を過ごそうと考えています。

忙しい、忙しいとばかり言ってイライラしていてもつまんないので、
出来る限り今の時間を楽しみたいと考えています。

来年の暮が、今年と同じように迎えられる保証は何処にもないのだから、
今年のこの暮れを、大事に過ごしたいと考えています。

それにしても、平成の時代が、ついに四半世紀を過ぎました。
私にとって、
この25年の持つ時間の意味合いは本当に大きいものでした。

すっかり、大人になっていた私にとってのこの25年は、
克明な記憶と伴に、バブル崩壊からの激変の時代に、
確かに身を置いた者として、
多くのことを感じ、考えさせ、体験させ、成長させてくれました。

奇しくも、私の誕生日一月七日に崩御された昭和天皇。
翌日に産声をあげた「平成」の年号。

この四半世紀という時代について、
いつの日か私なりに検証してみようと考えています。

何はともあれ・・・皆様・・・良いお年を・・・。

今年承りました数々のご厚情に、心から感謝申し上げます。
「ほんとうに ありがとうございました」
[PR]
by h-c-c | 2013-12-29 22:10 | Comments(0)

昨日は本当に濃密で慌ただしい一日でした。
1995年に設立し、翌1996年からスタートさせて来た
「実力あるカウンセラー育成講座」は今年度18期でした。
本講座では、ここ3年間、個人的無意識から集合的無意識。
人間の行動化の根幹に影響を及ぼす「無意識」について、
さまざまに考察を加えながら研鑽を重ねて来ました。

今年度最終日となった昨日は、
「無意識」の学習の一区切りとして、
「パーソナル・セルフ」に深く分け入って、
出逢えたものに対してノンジャッジメンタルな姿勢でそれを見つめながら
「トランスパーソナル・セルフ」に近づいて行こうとする
「サイコシンセシス」のワークを体験して頂きました。
さすが、長年研鑽を重ねて来た育成講座のメンバー、
それぞれに驚きの体験や、気づきを得られたようで、
ファシリテーターを務めた私としても
感動的なシーンに立ち会えたことを嬉しく感じました。

イメージも夢も、それは、それを見るその人自身のものです。
そして、それは紛れもなくその人そのものです。
何一つ恐れる事はありません。
あなたが、見つけようが見つけまいが、認めようが無視しようが、
それは、あなた自身として、ずっとそこに在り続け、
あなたと伴に在るあなた自身なのですから。

夜には家族でパーティーをしました。
これはこれで、本当に楽しくホッコリと皆で賑やかに
和気あいあいで幸せな時間でした。
全員、大満足で、用意した料理は完食終了。
全てを手料理で準備した私としては、
これまた、とても嬉しかったです。

忙しいながらも昨日は充実の一日でした。
[PR]
by h-c-c | 2013-12-15 10:23 | Comments(0)

お疲れさまでした

昨日、12月8日、
カウンセラー養成講座:「カウンセリング学入門」の
基礎編Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの全工程が、終了しました。
心理カウンセラーを目指すにあたって、
必要最小限に重要な諸理論を外すことなく組み込ませた
当センターオリジナルの内容豊かな講座です。
実技演習、実践課程もプログラムさせています。
しかし、
何と言っても入口の入口です。
一度で何もかもが理解租借できるはずもなく、
ましてやカウンセリングの臨床現場で、即、
実践可能なスキルにまで高めるには、当然ながら
今後の継続的な研鑽は不可欠でしょう。
ただ、
学んだこと、学習を通して体感し、心に残した事の
何か一つでいいですから、
それを覚えて、日々の生活に活かしてくださることだけは
強く強く願って止みません。
まず、自分自身の身の回り、
何気ない日常の対人関係の中に、
今回学ばれたカウンセリング学的な対応が生かされて行くならば、
あなたの人生は、必ずや再決断的に自身の人生として、
我ながらに了解できるものと成っていくはずです。
形じゃない。
マニュアル通りじゃない。
他人と比べるものじゃない。
自分の人生は、
自らが主人公と成って生き切るものなのですから。

講座最終日、修了証を手に、皆様が名残惜しそうに
同期受講のお仲間たちと、いつまでも語り合っていらした姿を
眩しい気持ちで拝見していました。

お疲れ様でした。

皆様のご多幸を心から念じています。
[PR]
by h-c-c | 2013-12-09 11:13 | Comments(0)

人生が、しばしば自分の望まない方向に動くことは珍しくありません。
思いもよらないこと、願いもしないことは、
ある時突然のように目の前に現れ、私たちは巻き込まれてしまいます。

「何?」「何でこんな事が?」・・・。
自分の人生にこんな事がプログラムされていたなんて???
青天の霹靂のような、はたまた悪夢のような・・・。
そう感じて落ち込み、混乱し、途方に迷う・・・。

それは・・・、そんなことは、誰にだって起こり得る事なのです。
むしろ、それこそが、生きている証拠とも言えるのでしょう。

人は誰しも、自分の期待が手に入ることを望みます。
しかし、
なかなかそうはいきません。

大事なことは、たとえ思い通りにならない状況に陥ったとしても、
その時にこそ、
それまで溜めて来た自らの人生スキルの試しの時と捉えて、
自分をどのように生かし対応しようかと考えることが出来るかどうか。


福島原発の不始末をも含めて、
慌てふためいたように秘密保護法を可決させる
政府の無様な姿を見るにつけ、
この国が、これから何処へ向かって動き始めようとしているのか、
当然ながら不安な予測が帰来します。

しかし、
小さな私たち個人には、当然ながら出来ることと出来ない事があります。
むしろ出来ないこと、私たちには関われないことの方が多くて、
分かっていながらも、どうしようもない渦に呑みこまれてしまうことは多々あります。
それでも、個を守る。
自分の精神だけは誰にも譲らない。
時代や環境。
世の中の大きな流れの中で、思い通りにならない事の方が多いとしても、
自分の精神だけは、諦めない。
自分の魂だけは腐らせない。
「考える」・・・考えて考えて身を任せる。
知性と感性を自らの拠り所として、自分の在り様は自分で決める。

この精神の自由だけは、他者の誰も奪い去ることは出来ないのですから。
[PR]
by h-c-c | 2013-12-05 19:53 | Comments(0)

難しく考えない!

シンプル is ベスト!
分からなくなったら、基本に立ち返る。
基本とは、生命体としての循環の在り様のこと。
吸ったら吐く。
食べたら出す。
借りたら返す。
買ったら払う。
自分の身は自分が守る。
物質的肉体と同様に、
精神作用もこの基本的な仕組みの中に組み込まれています。
難しく考えていると混乱が深まるばかり。
そして、
ところで、
明日にでも強行採決させそうな勢いの
「秘密保護法案」について、
あなたは、いかがお考えですか?
人間が人間としての尊厳と自由の中で生きようとする時、
この法案は、一体何を生みだし、何を阻害して行くのでしょうか?
難しく考えない。
しかし、考えなければなりません。
私たちは、時代、時の政治政策、文化、風土に
大きく影響を受けながら生きているのですから。
大切なことは循環の中に在り、それは、明快でシンプル。
そこに巧妙な思惑や、策を企て始めると、
それは、一気に複雑になり、分かりにくく見えにくくなります。
さまざまな霧や靄をぬぐい去って、本質を見抜く。
そして、自分としての考えを明確に持つ。
そんな習慣を身に付けて生きたいものですね。
[PR]
by h-c-c | 2013-12-04 23:31 | Comments(0)