ブログトップ

HCC コミュニティ ひろば

実力と肩書き

東京マラソンで県職員の一人の男性が日本人トップ3位となった。
名もなき一人の市民走者にすぎない彼は、
実業団選手でもなければ、当然プロ選手でもない。
恐らく、彼なりの志、心情はあったに違いないだろうが、
ただ、ただ、走り続けていた一般の人だ。

肩書き欲しさに、学歴欲しさに、
あの手この手で…努力するのなら、、、いいのだけれど、
インチキは、いけない。
入試問題が受験の最中にネットでカンニンのグサポート。
日本よりも、もっとひどい学歴偏重社会の中国、韓国では、
既に、このネットカンニングが、大きなビジネスとして
恥ずかしげもなく、広告までしているんだとか。。。。。
金持ちの息子や娘は、それを金の力で親にねだる。
何? ソレ?!
中身でしょ。中身。
実力でしょ。実力。
人生の、ほんの入り口がインチキから始まるとしたら…。
インチキでズルした自分の恥ずかしさを一生抱えて生きて行くんだよ。
肩書きは、結果なんだ。
「実」の後に付いて来るご褒美みたいなもんだ。
そんなものを欲しがるよりは、実力を付けること。
その人についた実力は、誰も奪ったり盗んだりは出来ない。

裸にされて、放り出された時、
それでも自分の身に付けているもの。付いているもの。
外側のものを剥ぎ取られても、自分の中に残せているもの。
それこそが、生きる力。b0122085_10131945.jpg
本物の力。 
それを、人は「実力」と呼ぶのだと思う。

春に綺麗な花を咲かせる木は、
秋に「実」をつけないんだよ。

人生は、一生だ。
死ぬ瞬間のその時までだ。
人生をトータルで見るよう心掛ければ、バランスを失わない。
急ぐな。 慌てるな。 どんな人にも必ず出番がある。
人生は、そのように創られている。
…と、この歳になってみてしにじみそう感じる。

まみこ
[PR]
by h-c-c | 2011-02-28 22:04 | Comments(1)

「信じる」は動詞。
「信頼」をよせる。「信頼」する。 となると、これも動詞。
「信じる」って簡単なこと???  
    んんん…??、意外とそうかも…。
「信じれる」って、直感的な行為。 瞬時に感じる感覚。b0122085_22432057.jpg

「信じ続ける」には、努力を要する。
「アレッ??」…ちょっと変? 
何か違うかも?って感じる時。
それでも
「いや!そんなコトはない。信じよう!」って考える時、
実は、この時は、
もはや既に、何かが壊れ始めているのかもしれない。
「信じる」行為に、無理やり自分を納得させようとする
何か別の力を働かせなければならないとしたら、
それは、もはや、信じているとは言い難い。
自分のピュアな直感こそを、もっと信じれば良かった。
「信じがたい」もの、「信じられない」ものを、信じようとすることには、
大きなエネルギーが要る。
何より、自分の心が疲れて壊れそうになる。
「信じる」ってことは、本来もっともっと単純で、純粋で、
簡単なことだと思うのだけど…違うのかな??

HCC:馬屋原眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-02-27 22:47 | Comments(0)

NHK・統合失調症

b0122085_19335435.jpgこのコミュニティ覗いて、まだ間に合いそうだったら
是非、見てください。
今夜pm8:00~NHK教育で、2時間、
“若者のこころの病”が放送されます。
発見されて100年足らずの、
まだまだ解明されない点の多いこころの病の一つです。
カウンセリングに関わる人だけでなく、
たくさんの方々に見て、知って、理解して頂きたい病です。
心の病は、
環境の中で作られたり発症していくことの多い病です。
身体の病、怪我、事故による後遺症。
生活習慣から招く病気。
いずれであろうと、それらを正しく認識し、
それを抱えて生き続けることの大切さと苦悩。

この度、
このような形で、テレビで放映されることは、
これまでには考えられなかったほど画期的なことではないかと、
私としては感じています。
一人でも多くの人に、少しでも理解していただきたい
と願っています。
時間が許せば、見てみてください。
NHKのまわし者ではありませんが…。037.gif

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-02-26 19:34 | Comments(0)

大地の広場

暖かかったですね。 昨日も今日も。
春の近づきを感じる頃は、何となくソワソワ、わくわく、しませんか?
まだ冷たい大地の下で、春を待つ色んな生き物たちが、
ごそごそ し始めている様子が伝わってきます。
b0122085_22352643.jpg
明日は、いよいよ『大地の広場』。
予約がなくてもOK!!。
当日のいきなり参加、大歓迎。

大地の広場は、エンカウンタースタイルで、
「いのち」の色々に想いを巡らせます。
自問自答の「問答」にゆっくり時間を取りながら、
参加の仲間たちの中で、自由にフランクに、
語り合って行きたいと楽しみに予定しています。

楽しくて実りの多い広場になるといいな…って、願っています。

眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-02-24 22:40 | Comments(0)

何はともあれ雛飾り

幾つになっても 女の子(?)は、やっぱ雛祭りでしょ。
昨年来の 色んなことを 雛に託して 昔は川に流したそうです。
古来からの風習通りには いきませんから
今は そんなこと しませんが 
お雛様はb0122085_18152813.jpg
はんなり華やかなのに なぜだか 
どこかしら 哀しげにも感じるのは
もしかしたら そんな名残りが 
そこはかとなく 雛人形に隠れているからかも。
そう感じるのは 私だけでしょうか……。

そうは言っても 三月弥生は やっぱ雛祭り。

何はともあれ 雛飾り と 菱餅 と 白酒。

桃の節句は 憧れと憂いを秘めていて好きです。     まみこ
[PR]
by h-c-c | 2011-02-21 18:17 | Comments(1)

今日は、とっても嬉しいことがありました。
もちろん、日頃から十分に感じては いることなのですが、
私は、本当に多くの方々から愛され 支えられて 今日まで来ました。
つい、さっき、
私が、丁度、交差点の横断歩道を 渡りきったところへ、
後方から乗用車がスゥ~ッと来て止まりました。
助手席の窓が開くと、運転席から 「先生、これ!!」 ってMotoさんが。
それだけ言うと、その乗用車は、またスゥ~ッと走り去りました。
CDのタイトルは「先生への応援歌」。b0122085_1710097.jpg
いつだったか、
話の中で 私が好きな歌を幾つか語っていたことを
覚えていてのセレクトだったのだと思いますが、
今、それを聴きながら、嬉し涙が溢れて、
滲んで見えにくい文字盤に向かって、このPCを打ってます。
日曜日だというのに、わざわざ本当にありがとうございました。
今、感激で、胸が熱いです。
無論、これまでにお寄せ頂きました多くの方々からの
思いやりや、優しさにも、重ねて感謝申し上げます。
こんなに、弱虫で情けない私を、
いつもいつも見守り、愛してくださって、
本当にありがとうございます。

頂いてばかりでは、いけませんね。
これからは、私も、皆様に少しずつでも恩返しが出来ますように、
小さな歩みではありますが、精進していきます。
本当に、いつもいつも、ありがとうございます。

HCC:馬屋原眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-02-20 17:11 | Comments(0)

大き過ぎると分からない

余りにも小さすぎても 見えないし、聞こえないし、分からない。
けど…、
大きすぎても 分からないんですよね。 これが…。
ご存知の通り地球は自転していて、一日24時間で回ってる。
凄いスピードで、凄い音がしてるはずなのに、聞こえない。
空も広すぎて 分からない。
水平線も、地平線も、線として眼には映るけど、ホントはそんなものは無い。
b0122085_1205080.jpg

時代は、いつも変わり続けている。
ある一つの価値観の下に、習慣的に生きている時は
気づけない事が多いけど、
今、時代は、
基本的な価値観の問い直しを
人間に突きつけて来ているような気がする。

何かが変わろうとする時、
何かが生まれようとする時、
それは、停止したかのように感じられたり、
淀み、留まり、そこに居続けているような重苦しい気持ちにさえなる。
しかし、
習慣化されたものの中からは、決して新しいものは生まれない。
何かが変わったり、生まれたり、生まれ変わる時には、
必ず、「立ち止まりの時間」が必要とされる。b0122085_1231111.jpg
得体の知れない組織や、仕組み、システムが、
人間をがんじがらめにして混乱を深めるとするならば、
そこから抜け出さない限り、見つけられないものがあるのだろう。

大き過ぎて分かりにくいこの社会の仕組みだけれど、
私たち人間が作り出したものが、自分たちを縛り、
全ての命に通じる本来の「豊さ」を感じられなくなって行くのだとしたら、
思い切って、一度、その枠組みから抜け出して、
外側ではなく、自らの内に向かって問い直していかなければ
私たちは、どんどん、どんどん、
この見えにくい、大き過ぎる社会システムの中で
翻弄され続けることに、なりはしないのだろうか。

HCC:馬屋原眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-02-20 11:52 | Comments(0)

超魔術13連発! Mr.マリックさんの復活ショーをTVで見てました。
不思議だね。 じっと見てても分かんない。 
やらせかもしれないし、出来レースかもしれないけど…。
やっぱ、分かんないことは 分かんない。
手品にしたって、マジックにしたって、色々訓練して
練習に練習を重ねてのことなんでしょうけど、
ホント! 分かんないことは 分かんない。
b0122085_210111.jpg
無理に 手品を見なくたって
生きてるだけで 人生には
不思議なこと いっぱいあるし
次から次へと 分かんないことには事欠かない。

考えようによっては だから 人生は 面白い。
分かんないこと 不思議なことがあるから 
人生は 退屈しない??? の かもしれない。
[PR]
by h-c-c | 2011-02-18 21:10 | Comments(0)

雨ですね

これからは、ひと雨ごとに暖かくなるのでしょうか?
いえいえ、まだまだ!!  三月だって寒い日がありますもんね。
なかなか。。。んん~ん…なかなか…ですよ。

お天気も、人生も。
それなりに 結構 厳しくて…。
なかなか ほっと(hot)は、させてくれませんね。


今年は、桃の節句、お雛様のお飾りをする気持ちの余裕もなくて…。
なんだか、ぼ~~んやり、しています。
b0122085_20214152.jpg 
 ヨーロッパの草原が なぜだか とっても 恋しくて 懐かしい。
 ゆっくり のんびり 旅に出たいよ。
 しばらく 風に吹かれて 風来坊にでも なれたらいいのに…。
[PR]
by h-c-c | 2011-02-17 20:30 | Comments(0)

語る会 『大地の広場』

毎月 第4金曜日 開催の『大地の広場』  今回は 2月25日(金)14:00~です。
人間としての 全体性を求めての 過程は なぜに これほどまでに 困難なのか…。
この問いに対して 全体性への パラドックス
この世の仕組みの 矛盾の関係             b0122085_19431174.jpg
あらゆるものに含まれる 表裏一体の秩序

…それらに触れながら 語り合いを 深めていく予定です。

既に 参加予約を 済まされている方々も いらっしゃいますが、
当日 いきなりの 即日参加でも 構いません。

お目に かかれますことを 楽しみにしています。


心穏やかに過ごすことって、こんなにも難しかったんだ…って、
今さらのように 思い知らされる日々が続いています。
[PR]
by h-c-c | 2011-02-16 19:45 | Comments(0)