HCC コミュニティ ひろば hcc1737.exblog.jp

HCC Community Space


by h-c-c
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

人間の力は不可思議

私の母は、認知症だ。
要介護度はマックスの5。
全介助を必要とし、反応の力も今となっては殆ど空しい。。。
というか、虚しい状態だった。。。
175.png 175.png175.png175.png175.png175.png175.png175.png175.png
実は、
母は正月明けにインフルエンザにかかった。
38,8度超えが続き、呼吸は荒く、うめき声を上げ、
幻覚症状からか、見えないものを追い払おうとしたりしていた。
正直、
もし万一、このまま肺炎にでもなったら!?!?!
母を死なせてしまうのかもしれないと不安がよぎり、
隔離室に入院させ、タミフルを5日間使用した。
母も、全身全力で、生きる力を振り絞ってくれたのだろう、
10日間もすると、体力を取り戻してくれ、
私たちは安堵した。
174.png174.png174.png174.png174.png174.png174.png174.png174.png174.png174.png174.png
しかし、
驚くのは、ここからなのだ。
なんと、母は復活した。
去年までとは、打って違って反応がしっかりしてきたし、
話も出来るようになったし、
自分で寝返りをしようと「ヨイショ。ヨイショ。」と掛け声をしながら、
頑張ろうとするのだ。
なんちゅうこっちゃ!
何が起こった!
不思議でならないが、高熱が続いたおかげで、
理解不能な何かが作用し、脳に何か変化が起きたのか?
はたまた、タミフルの所為か???
何の根拠がごもっともなのかは、素人の私には全く分からないが、
これって、もしかしたら、
認知症患者の復活で、学会に発表できるほどのことかもしれない。
・・・なんて、考えたりもしている。

完全にゲシュタルト崩壊に向かい続けていたと見えていた母は、
ここにきて、新たなゲシュタルト能力を発揮し始めた。

何たることか。
昨日も今日も、母と居ながら、大変さに違いはないが、
人間の持つ不可思議な生きる力、底力には感心させられるばかりである。


[PR]
by h-c-c | 2018-02-02 20:16 | Comments(0)