手紙

私は、近頃、あえて手書きで「手紙」を送ることに努め始めました。
メールは速いです。
SNSでの応答は、何だか大急ぎです。
スピード、便利性、お手軽さ、、、、。
・・・・・それでも、そこにはどうしても見つけられないものがあります。

今日は敬老の日。

私は、
今は亡き父や、今ではペンも筆も持たなくなった母の代わりに、
彼らがかつて交流していた方々、
お世話になった方々に、筆かペンで手紙を書くように
心がけています。

何日か後に、丁寧なお返事をいただきます。
恐縮します。

b0122085_17163620.jpg
 その昔、とても達筆だったあの方も、今の文字は、その頃とは違っています。
 けれど、そこには、
 確かにそれぞれの時間を生きて来られたその方の息遣いが
 文字を通して伝わってきます。
 そこには、心が、想いが、懐かしさが、温もりが溢れています。
 涙が流れ、そのお手紙をじっと抱きしめます。

 母も、昔は習字が上手で、特にかな文字は絵のようでした。
 それでも、今は、鉛筆でも上手く文字が書けません。
 筆圧は弱く、何より文字を忘れています。

人の人生って、何なんでしょう?????

表面上の文字や、言葉を超えて、その人の今を伝えてくれる
「手紙」を、これからも、少しずつ書いて行こうと考えています。

時代に逆行しているのかも知れませんが、
時代に流されてしまうのは・・・厭!です。
[PR]
by h-c-c | 2016-09-19 14:43 | Comments(0)