2013ゴールデンウィーク前半

暇を持て余す余裕も無く、お出かけプランに浮かれる気分も無く、
私の2013のゴールデンウィーク前半は、慌ただしく駆け抜けた。
もともと私には、ゴールデンウィークなんて休暇はないが、
それでも、地方都市の静まり返った町の空気は、まるで正月の体だ。
そんなゴールデンウィークと呼ばれる時間・・・、
まずは、訃報から始まった今年の大型連休。
ハワイに暮らす吉福さんが亡くなった、と言う。
トランスパーソナル心理学に関心を寄せる人なら誰でもと言っていい程、
その名前を何処かでは耳にしたことが有るであろう、吉福伸逸氏だ。

つい一年前の丁度同じ頃に、私は吉福氏とともに東北被災地に居た。
南三陸の地で、皆と共にワークをしていた。
あんなに元気そうだったのに・・・。
そして、この五月、
本来なら福山の地に彼を迎える予定だった・・・のに・・・。

その翌日、
友人のお母様の容体が一気に衰弱し始めたとの知らせを受け、
夏に予定しているゲシュタルトのワークショップについて検討しようと、
上りの列車で、東に居る友人のもとに出向いた。
仕事を終えてからのことでもあり、
語り合って、帰宅すると夜の十時すっかり回っていた。

更に翌日、今度は、美術品評価・鑑定の依頼を受けて、西に向かった。
車で40キロ程度の地だったが、
反対車線の上りのバイパスは、
いつになく大型の長距離トラックが渋滞していた。
恐らく、高速道路が一般車で渋滞すると踏んで、バイパスを使ったのだろう。
時間をきって、仕事で走る人たちにとって、
行楽一般車の渋滞はホント迷惑な話だが、これもいたしかたない。

それにしても、肌寒い。
今年も、もう五月だ。


馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-05-03 09:25 | Comments(0)