ふる里・・・、どこで感じますか?

出張や旅から、我が家の在るふる里に戻って来たことを、
あなたは、どこから、どんなふうに、どうやって感じますか?

私の場合ですが、
まずは、
乗物の窓から目に飛び込んでくる景色が変わり始めることに
気づきます。
見慣れた景色に少しずつ自分の身体が包まれていく感じ。
「おかえりなさ~い」って、優しい空気が、
私の身体に馴染んで行きます。

駅に降り立ち、改札口を出る頃になると、
次に届いて来るのは、耳に聴き慣れた懐かしいお国なまりの
イントネーションも、この地にどっぷり漬かった方言コトバ。
方言は、感覚を一気にふる里へ引き戻してくれます。
私は、歳も歳なので、近頃は、
何処に行っても「方言」で語ることに努めています。

しかし、何と言っても、
出張の仕事の多い私が、
決定的に「これだ!」って感じたものが、有るということに
最近、気づきました。

それは、
テレビが映し出す天気予報図です。

海外に行くともちろんですが、
国内旅行でも、行った先々では、その地元を中心に
天気予報のお知らせをしています。
当然、画面に映し出されるのは、
正直、若干馴染みの薄い、旅先の地図です。

三日間の旅を終えて、
私は、昨日夜遅くに、我が家に戻って来ました。

そして、今朝、見ましたよ。
広島県中心の天気予報図を。
ああ~、
無事に戻って来たんだな…って、今、感じています。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-03-05 08:45 | Comments(0)