NEXT!・・・いいねぇ~。。。

先のコミュニティから(?)刺激を受けて(?)か、どうか・・・。
確かな動機は分からないけれど、
「私も、現場実践に挑戦したいです!」って、
とても頼もしく勇ましい、次に続く、当センターのスタッフが、
カウンセリングの志願を申し出て来ました。
嬉しいねぇ~!!!
ホント、とても嬉しいです。わ・た・し、は!
ただ、実際のカウンセリングには、もう少し訓練回数が足りません。
もうチョイ、お待ちを。
演習と、スパービジョンをもうしばらく重ねたら、OK!出来ると感じています。
何しろ、彼女には、カウンセラーの資質的なものが元来備わっていると、
私としては、見ています。
これは、とても大事な要素です。
だから彼女には、
まずは、講師として、他人の前で自分が学び蓄えたものを、
自分独自の発酵調理で、
アウトプットさせることから始めることとしてもらいます。

理屈なんて、理論なんて、その気になれば学べます。
机上の勉学は、とりあえず、そんなに難しくはありません。
それを、聴講者の身体の何処に、どのように届けるか。
ここにこそ、
講師であるその人の生きざま、人間性に重なるものがあります。

さらに言えば、
学習した様々な理論や考え方を、
自分の実生活に、人生に、身近な人間関係に活かすとなると、
これは、そうそう簡単ではない、、、かも知れません。
ホントは、そこが一番なハズなんだけど。

なぜだか、多くの人は、
学んで資格を取って、仕事の為、お金の為に、
まだまだ中途半端な段階から、平気でお金に還元しようとしたがります。
その挙げ句に、
またもや、新たな心理的な被害者が増して行くのです。
焦ったり、慌てたりして、自分と他人とを比べない。
誰かと競って、カウンセラーの仕事をしてはなりません。
カウンセリングに限らず、せっかく心理関係の勉強の縁に触れながら、
肩書きや、華やかさや、お金儲けにこだわって、
肝心な自分の家族や家庭、
…そう、自分自身の足元がスッカラカンのグサグサ!って人、
意外と多いです。
自分を守れるのは自分だけです。
まずは、自分から。
他人の評価なんて、ほんの一時のはかないものです。

自分から繋がる人、自分に繋がる大事な人、
その人たちを悲しませ、取り繕った生き方を重ねてみたって、
いつの日か必ず訪れる自分の人生最後の時に、
誤魔化すことの出来ない自分自身の内側に向けて、
どんな言い訳や嘘をついて自分を欺けば、
『良い人生だったよ。ありがとう。』って心境になれるのでしょう。

大事に、大事に、やって行きましょう。
誠実に真摯に生きていれば、
それなりに、必ず機は熟す時を迎えますから。
・・・私は、愚図でトロイですが、そのことを信じて生きています。
すべてをお見通しの誰かが居そうな気がして・・・???
[PR]
by h-c-c | 2013-02-18 12:05 | Comments(0)