昭和がどんどん遠くなる

昨年から今年の一月の間だけでも、
昭和史を彩る人たちが、次々と亡くなられた。
横綱大鵬関。
大島監督。。。。。

それはそうだ・・・だって、、、、、
平成が、もう既に25年にも成るんだもの。

後ろ向きに生きてちゃいけないんだけど、
マスコミも、やたらと昭和を懐かしがる報道を伝える。

NHKの放送が還暦を迎えるそうだ。

かく言う、私自身も、どっぷり昭和の時代のさまざまなものを
刷り込まれて、いや、取り込んで『わたし』を創りあげて来た。

あっという間に世界を席巻した携帯による情報網。

私は、フェイスブックを、やらない。
ツイッタ―も、もちろん、やらない。
友人や、知人が、あなたとの繋がりを待っています、と、
PC上で何度も書き込みされても、
私は、やりたくない。だから、やらない。

携帯電話だって、本当は持ちたくない。
そう思っているからか、しょっちゅう何処かに置き忘れる。
そして、
携帯が不携帯だ!と、周囲の人たちから叱られる。

私にすれば、無用に絡まり過ぎている感じがしてならない。

本当に大事な人と、丁寧に、大切に、優しく繋がっていれば十分だ。

情報ばかりが行き交ったって、雑音が増えるだけ。

私の人生は、私の大事な時間であり、
薄っぺらい愚痴の言い合いや、
浮かれた情報に一喜一憂したりする時間に費やしたくはない。

母の認知症は、静かに確実に進行している。
老いて行く人を傍らに見続けながら、
私も人として生き続ける以上、
本当に大事なもの、自分自身が、これこそは!と、
感じられるものの為に時間を費やして行きたいと考えている。

だから、ゴメンナサイ!
何度、お誘いを受けても、
私は、フェイスブックでは繋がることはないでしょう。
[PR]
by h-c-c | 2013-01-22 23:35 | Comments(0)