「生き方」は「考え方」に引きずられる

カウンセリングに関わる人ならば、
多くの人が、名前くらいは知っているであろう「ロジャーズ」。

パーソンセンタード・セラピーを推し進めた彼の生き方は、
まさしく、彼の考え方そのものに引きずられ、
彼の遺した考え方は、後の多くの人に影響を与え、
彼の考え方を支持する人は、それに近い生き方を選ぶ。

考え方は、「考え」として独立するのではなく、
必ず、その人の生き方として反映される。

もともとは、神学校に在籍していたロジャーズだったが、
「人間」を愛し、「人」を慈しんだロジャーズは、
『宗教に関わると同一宗教内の人しか救えない』と考え、
宗教の枠を超えて、より多くの人々に触れていくには、
どうしたらいいのか???と考えた。

その結果、彼は教会から離れ、心理学の世界に身を置くこととなる。


私は、「私としての考え」を持つ者である。
その私は、
私が考える「考え方」に影響を受けながら人生を選択している。

時に感情に揺さぶられようとも、
殆ど、おおかたの時には、
私は、私の考え方に引きずられて人生を歩んでる。

 072.gif 072.gif 072.gif 072.gif 072.gif

「あなたの生き方」を見ていると、
「あなたの考え方」が見えて来ます。

・・・そうです・・・
「生き方」(行動・行為・在り様)は、見えてしまうものなのです。

そして、
しかも、
その生き方が、
考え方によって生み出されているとするならば、
「考えていること」って、・・・実は・・・隠しきれるものではないのです。
[PR]
by h-c-c | 2013-01-17 19:54 | Comments(0)