テンヤワンヤのお盆休み

2012年のお盆休みが終わります。
親戚や知人が次々と出入りする中で、
今年はジュリの友人二人がフランスからやって来ました。
折角の初めての日本だったのですが、今年のお盆は各地で天候が崩れ、
予定していた京都や奈良、阿波踊りの見物も、さんざんでした。
福山のよさこい祭りと今夜の花火大会は、かろうじてOK.。
長男は、名古屋に戻って行きました。

そして・・・
・・・・・そのお盆の間に、母が倒れました。

お盆休みで休診中の病院をあちこち連れて駆け回りました。
最初の病院は、お休みで、どうにもなりませんでした。
二件目の病院で相当待たされたのですが、
手術が長引いているとかで、結局そこでは、診てもらえず、
紹介をしてもらって、次、三軒目の病院に廻されました。

紹介されて向かったにも拘らず、またまた、待たされ、
年老いて、高熱を発し、震えも来ている母に対し、
病院の対応が余りにも横柄なので、
遂にチョイギレになった私は、窓口で言いました。
「いつまで待つんでしょうか?救急車出来た方が良かったんでしょうか?
出来るだけ救急車を使わなうように協力してるお陰で、
こんなに後回しにされるんだったら、救急車で出変えてきますけど!」と。

すると、
それから暫くして、すぐ呼ばれました。
言ってみるもんだな…、と思いました。

母は、約1時間半の点滴をして、帰宅しましたが、起き上がることが出来ません。
13日から母は、急に寝たきりになりました。
年寄りは、いくら元気そうに見えても、一旦事が起きると一気に弱ります。
自力で身体を起こすこともままならなくなっています。
明日からは、掛かり付けの町医者も診療が始まります。
明日朝早くに、母を連れて病院に行く予定です。

私は、なかなか自分の疲れを取り除くことが出来ません。
[PR]
by h-c-c | 2012-08-15 22:10 | Comments(0)