梅雨の季節が心にも広がる

色んなことは、いつも向うからやって来る。
私が望んでも、望まなくても、一方的に否応なしにやって来る。
梅雨の季節。
ジメッとした何とも言い難い肌にまとわりつく不快な感覚。
言葉にし難い感覚の出来事があった。
その報告が、届けられた。
何とも言えない虚無感が広がる。
その人は、何を感じていたのだろう。
その人は、何を抱き続けていたのだろう。
その人を支配したものを、その人は越えたかったのか?

一体、何があったのだろう???
[PR]
by h-c-c | 2012-06-18 16:51 | Comments(0)