答えはその人自身の中に有りました

今日、私が担当したカウンセリングは6件でした。
その中の一つ。
するか、しないか。
行くか、止めるか。
どうしても、結論を出さなければならないが、
自分では、決められない。
ずっとずっと悩んできたが、自分一人では、どうしても決められない。
だから、カウンセラーの人に決めてもらおうと覚悟を決めてやって来た。
と、その人は・・・ゆっくり、重い口を開いて語り始めました。
いろいろ話を進めた後、
「だから、決めてください。誰かに決断してもらわないと、もう無理なんです。」
と、その人はカウンセリングの時間が半分くらい過ぎた頃、
私の眼を見て、そう言われました。
「誰かに決めて欲しいんですね?」私は尋ねます。
「そうです。誰かに背中を押して欲しいんです。」その人は答えます。
そして、私はカウンセリングワークをしました。
その人は、はっきり、答えを見つけられました。
自分自身でです。
私は、ただ、ただ、声かけをしただけです。
答えは、クライアントであるその人自身が下され、
その人は、自分が導き出したその答えに納得し、
大きく、何度も、うなずかれていました。
「ぁぁ…、そうなんですよね。そうなんだ。それでいいんですよね。」と。
。。。。。
始めから、答えは、その人自身が持っていたのです。
頭で、考えてばかりいると、混乱だけが増幅します。
見つけ方が分からなかっただけです。

私も、とても嬉しかったです。
その人は、ホッとした表情をされ、
「今夜は、よく眠れると思います。」と、言ってカウンセリングを終了しました。

本当に、私たちは誰もが皆、全部自分の中に持っているんです。
もともと、何もかも、私たちは自分に大事なものは持っているのです。

外に目が向き、誰かと比べ、何かにこだわると、
それが、見えなくなるだけです。
その見つけ方さえ、ゆっくりなペースでアプローチ、リードして行くならば、
その人は必ず、
自分自身で最も納得のいく答えを見つけ出すことが出来るのです。
カウンセリングは、本当に素晴らしい道具だと痛感します。
私は、カウンセリングが大好きです。
[PR]
by h-c-c | 2012-06-14 22:00 | Comments(0)