負けず嫌いが功を奏して

今年の7月7日、突然の交通事故で、内臓出血の重傷のため、
救急重篤者専門の病院に搬送されて、手術した義母。
全酔麻酔がなかなか覚めず、一時生死をもさ迷った義母。
3ヶ月経って、ナント!歩けるまでに回復しました。
元来、勝ち気で、負けず嫌いの義母。
病室も移され、4人の相部屋になったとたん、
一気にリハビリに励みだしました。
先月末ごろには、まだ立ち上がって、伝い歩きをする程度でしたが、
ナント、今日は、小さな歩みではありますが、
自力で素手で歩けるまでになりました。
相部屋の人たちに負けたくないのです。
負けず嫌いが、功を奏したと、夫も笑っています。
3ヵ月前には、想像できなかった事でした。
こんな日が、再び巡って来た事に感謝します。
皆が、笑顔でいられることの幸せは何ものにも換え難いです。
[PR]
Commented by 杏奈パパ at 2011-10-10 21:37 x
人の力ってすごいなぁ~って本当に思います。
本当に良かったです。
Commented by Mamiko at 2011-10-11 11:26 x
ありがとうございます。本当に不思議ですが、やはり人間には夫々に寿命もあるのでしょうね。分からないことだらけですが、何はともあれ、有りがたく嬉しい状況です。
by h-c-c | 2011-10-10 21:01 | Comments(2)