つづき・・・五

雨ふりが続いています。
午後から、近所のライブハウスに出かけてきました。
1970年代の懐かしい曲を、おもいっきり楽しんで来ました。

昭和から平成に。  時間は、もはや時代として変化を遂げています。
先の第二次世界大戦で、日本全土を焦土と化し、
何もかも失った私達の祖父母や両親たちは、
復興、復旧に向け、昼夜を惜しんで働き続け、
欧米に追い付け追い越せとばかりに、努力辛抱してくれました。
それは本当に有り難いことで、そのお陰の上に、
今日の物質豊かな生活があることは、誰もが承認しているところです。
しかし、
ここは日本です。 日本は大陸ではありません。
島国なのです。 列島です。
日本に原発は無理なのです。 
豊かな山々と恵まれた清流、温泉は、その地盤化にマグマを抱く火山国なのです。
日本の地形は、ヨーロッパの大陸やアメリカの地形とは明らかに違います。
いかに日本人の科学技術が優れていようとも、
安全性に努めようとも、
土台、その基盤が違うのですから無理な話なのです。
こんなにもしょっちゅう地震が起きて、
国のグルリが海なのだから津波の可能性は何処の先進国よりも高いはずです。
想定外なんて言わないでほしいものです。
日本には、日本の進み方、進歩の形、独自の在りようが有ってしかりです。
まして、世界で唯一の被爆国です。
なぜ、どうして、誰が、どの時点で、原子力発電に Go サインを出してしまったのでしょうか。
日本のリーダーと呼ばれる人たちは、一体何を過去から学んでいるのでしょう。
歴史の事実をなぜ、きちんと検証しないのでしょうか。
罪の最たるは、「無知」です。
学ぼうとしない、考えようとしない、目先の短絡的な価値評価に右往左往している限り、
それは、賽ノ河原で小石を積み上げる喩の通りです。
この度の大震災は、自然からの試練ですが、
今、先の見えない不安と心細さ、絶望感と苛立ちは、
原発被害の放射能汚染と、それに対する日本のリーダーであるはずの人たちの
余りにも到らない愚鈍で卑劣な態度です。b0122085_1135987.jpg
肩書きや役職が、人を救う訳ではありません。
『心根』です。 『志』です。 
人間の命、ひとり一人の人間の存在、
その尊厳に真摯に想いを到らせる謙虚な誠実さです。
誰にとっても一人の人間であるその人は、かけがえのない、
他に決して変わることの出来ない大事な大事な全てなのです。
議員バッチは、何の印か?
しっかりしてくれ!
役に立たないどころか、邪魔をするだけの連中なら要りません。

b0122085_11325441.jpg
聴いたことありますか。
「折鶴」って曲。
メディアで流れることはありませんが、私の好きな曲の一つです。
良かったら、聴いてみてください。
身体の傷も、心の傷も、その痛みを受け止めようとしない限り
それらは何もかも、全て他人事です。
それでは何も変わっては行きませんし、
いつの日か必ず自らに振りかかり問われる時を迎えます。


そんなところに、惨事が繰り返されていくのだろうと考えています。

折鶴
   ・・・つづく・・・

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
Commented by kagosima から子 at 2011-05-30 11:50 x
折鶴、初めて聞きました。感動しました。素晴らしい曲を紹介くださいまして有難うございました。
by h-c-c | 2011-05-29 22:41 | Comments(1)