HCC コミュニティ ひろば

hcc1737.exblog.jp

HCC Community Space

暑い暑い夏。身体も気持ちも萎えてしまいそうな酷暑。
慌ただしく時間錯誤が生じてしまいそうな1ヶ月間が過ぎた。

母の骨折、手術から始まり、その翌日にフランスへ1ヶ月間旅立った二男。
ギャラリーの企画展示会開催中、山陰・関西方面へ出張の重なった三男。
母の介護、講座講師、カウンセリング、新規の打ち合わせ。
その間も、美術品の評価・鑑定の依頼も来る。

最後の最後まで迷った末、
それでもゲシュタルト療法学会の学術・ワークの大会に出席して来た。
今回は、TAとゲシュタルト再決断に焦点を当てたもので、
大会テーマは「ゲシュタルト療法と交流分析」だった。
ゲシュタルトが、やっと日本のゲシュタルトに向かって動き始めた!
と、いう感想を持った。

それにしても、さまざまな分野で目覚ましい進化が見られる中で、
なぜに、かくも、人間はこれ程に器が小さくなって来たのだろう。。。
世界中に7,500,000,000人の人間が生きているという。
人類であり、人間であり、各々がそれぞれの民族として、生活している。

75億人の内の一部。。。ごく一握りの幾人かが、
経済を動かし、直接的に政治に関与し、
時に豊かさに導き、多くの場面で世界を混乱させる。

忘れてしまうのだろうか。。。
自分自身も、今まさにこの現実の時代を生きている一人の人間であるということを。
権力を持ち、肩書きを振りかざし、役割として生き始める時、
保身の強さは増大し、嘘に嘘を重ね、純粋な感覚は完全にマヒするようだ。
ペルソナの陰に隠れたオーセンティックセルフの大切さなど知りもしない。

あなたがバカにしている人たちに、あなたの本質は見抜かれているというのに。
権力と肩書きの鎧の重さは、結局のところ、本人を押し潰すのに。
錯覚してしまっているから、マヒしてしまっているから、
分からない。
気づけない。

その人個人が、潰れようが干されようが、知ったこっちゃないが、
これが、時代を動かす政治に直接関与している人たちだから、
私たちは困ってしまうのだ。

公人に自ら望んでなったのだ。
保身は捨てて、正々堂々と生きる姿を見せて欲しいものだ。

それにしても・・・
暑い! 174.png 174.png 174.png 174.png 174.png 174.png 174.png 174.png ~ い!

[PR]
by h-c-c | 2017-07-24 13:44 | Comments(0)

権力者の生き方

私はね、本質的には、成人した人間の、
その人の人生はその人ものだから、どんな生き方をしようが、
他人がとやかく言っても仕様がないし、口出ししたからと言って、
それで何かが変わるとも考えてはいないのね。
あの世があるのか、天国と地獄があるのかどうかなんてことも
分かんないのね。

ただね、確かなことがあるとしたら、
今回のこの人生は、今を生きているこの命の在るうちだということ。
そして、この命は、自分が創り出したものじゃなくて、
何かによって生み出され、創り出され、許されてこの世に今在るということ。
そんな凄い命を、私たちは、自分に与えられた人生と云う時間軸の中で、
何のために、誰のために、どのように使うのかっていうことが、
私の自分の命に報いていくことではないかって考えてる・・・っていうこと。

嘘を一度もつかないで生きるなんてことも出来っこないし、
自分を中心に主観的に事態を捉えると、人間は嘘つくつもりじゃなくても、
自己防衛や合理化によって、結果的に真実から離れていく時だってあるわけでしょう。

それでも、
肩書きを欲しがり、権力を手にし、税金を喰って、
自らが公僕に身を置いた人間の生き方は、
自分勝手に好きにやっていいですよ…!って、訳にはいかないでしょう???
って、考えてるんですけど・・・どうでしょう。。。。。

好き勝手やりたいんなら、まず、そこ(税金喰ってる立場)から、
一線を画した後にするべきだと考えてるのね。
国民、県民、市民に方便とは明らかに違う、大ウソをつくことは、
断じて許されないことだと考えてるの。
自分の懐に溜めこむばかり考えてるような人は、はなからその資質は無いのよ。
不倫しようが、何しようが勝手なのよ。
それは、全く個人的な問題だから。

でもね、税金喰ってる輩なのよ。
日本中の政治は、国も地方も情けない程堕落してるし、機能不全になってることが、
本当に辛くて、悲しくて、情けないのね。
人体で言えば、脳のところ、思考の部分が仮死状態なんだもの。
脳死は、死亡じゃないってことからすれば、そんな政治状態でも、
各末端の細胞部分である、名も無い私たち独り一人は、不公平感極まりない毎日を、
けな気に、ひた向きに生きているのに。。。。。ねっ!!
だからこそ、
結局ね、
生き直しの出来ない今回の自分の人生を、
自分の命を、どう使い切るのか。
そこが、大事なんじゃないか…って、考えているわけなんです。

嫁のジュリは、フランスの選挙に参加したいと、今、パリに帰っています。
ただ、彼女の応援してる方は、劣勢です.....
そして、
。。。既に敗退しました。”””パリっ子魂が活かされない!と、嘆いています。
145.png 143.png 143.png 145.png 153.png 153.png 145.png


[PR]
by h-c-c | 2017-04-24 12:58 | Comments(0)

HCC Community Space


by h-c-c