タグ:有意識 ( 1 ) タグの人気記事

認知症に全身麻酔

6月21日の朝一で大腿骨周辺の外科手術をして頂いた。
平素が認知症で介護支援の無い状態では生活できない母だから、
さまざまなリスクをしょっての手術に関して、
正直始めは躊躇したが、何と言っても、
手術をしなければ痛みが取れない!と、いう一点に私の選択決断が、
実施に踏み切らせた。
骨が折れている状況は、
脂汗が出て、血圧を200近くにまで押し上げるほどの
「とても痛い!」という苦痛が伴うのだ。
何としても、痛みからは解放してあげたかった。
しかし、その後だ。
母は、全身麻酔と認知症の併合からか、譫妄状態を今、さ迷っている。
食事は2時間弱かけて、私の介助で、食べるのだが、
初日は、呑み込むという行為を忘れている様子だった。
二日目の昨日も、箸が持てない。と、言うより持ち方が分からない様子。

今は、輸血も続いている。
それでも、痛みは消えているので、点滴の管等を外そうとしたり、
ベッドから降りようとして目が離せない。
本来が、外科病棟なので、病院による細やかな介護は望めない。

看護はしても、介護はしない、そんな感じを受ける。
ごもっともと云えば、ごもっともなのかもしれないが、
家族としては、にわかに承諾しきれないモヤモヤ感が残る。
私としては、断れる仕事はお断りをして、
出来る限り母に付き添っている状況となる。

まあ、一週間もすれば、徐々に脳の機能は元に戻るらしいのだが、
そもそものその、元に?と云うのが、認知症状態だったので、
どの辺りが元なのかも、定かになりにくい。

しかし、ただ、命は在る。

痛みから解放され、幼子のように、自分の現状認識の出来ない中で、
自分勝手に自分が動きたいように動きたがる、
外からのお願いや、働きかけは一切通じない、私の母は、
今、まさに、ここに居る。
記憶は薄れ、判断力を失い、周囲との疎通は困難を極め、
一方的な欲求だけが周囲を混乱させる状況は、
有意識と呼べる自我からは程遠いが、
嬉しそうに笑ったり、急にぼんやりしたりするその姿は、
何かを超えて、
ここに在り続けることの意味を私に教えようとしているように感じる。

今日は、これからまた輸血だ。


[PR]
by h-c-c | 2017-06-23 11:14 | Comments(0)

HCC Community Space


by h-c-c