<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

教育 = 共育

昨今30歳前後、法的には明らかに一人の独立した成人の
違法行為、迷惑行為、犯罪までには到らない怪しげな奇行等について、
たびたび取り上げられる親の育て方について、、、
また、
組織内での後継者が育っていないの声に隠れる部下の育成不足について、、、
・・・・・
あなたは、如何お考えですか?

私は、常々、教育は決して一方通行のものではなく、その場で同時に起こる
「共育」であろうと考えている者です。

育てる力だけでは、育ちきらないし、
そもそもその人が持ち得ている育つ力が、その人を育てるのだろうと、、、。
無論、環境は大事です。
それでも、環境だけが育てる力にはなりませんし、
どんな逆境からでも、育つ力を発揮するものは育っていきます。

子育てにしても、部下・後継者の育成にしても、
本人の「育つ力」に由るところの方が大きいのではないでしょうか。

昔の職人は、師匠から盗んで覚えよ!と、言われたものです。
勘所を研ぎ澄ませ自身を育てるために身につける学び方です。
噛んで含めて、手取り足取り、懇切丁寧に教えたところで、
本人に学ぶ力(気)が無ければ、それは習得できませんし、
逆にその人に学び取り込む力があれば、貪欲なまでに習得するでしょう。

二十歳を超えた成人の犯罪に対して、親の育て方を云々されるような、
そもそものそうした考え方は、
少子化問題が国の将来を愁う時代にあって、
結婚しない人が多いだけでなく、
出産を踏みとどまらせ、
子育てを躊躇させ、
子供を持たない選択肢の一つに繋がるような社会は、
そうした社会構造自体が未成熟だと考えています。

親になったことのない人、子供を持たない人が増える現代社会に於いて、
偏った見方はますますこの国から子供を失うことになりそうな気がします。

育てる方だけに責任がある訳ではありません。
逆にいえば、
素晴らしい人物が育った背景に、
必ずしも優秀な子育てをした親がいるわけではないと言うことです。
幾らかの影響はあるにせよ、
そこはやはり、何といっても本人自身の育とうとする力、
生き抜いて行こうとする意欲と力が大きく働いたに違いありません。

親だからと言って、上司だからと言って、
過剰な自信も猛省も不要だとの考えに
私としては今のところ到っています。

ーーー昨今よく見聞きする芸能人2世の問題行動を含めて…の私見ですーーー



[PR]
by h-c-c | 2017-11-14 11:07 | Comments(0)

コンセンサスリアリティの罠

ある一つの物事は、多様な側面を持っている。
視点が変わり、立場が変り、時代が、文化が違ってくれば、
その一つの「こと」も見え方が変わる。

集団の中で生きていくうちに、私たちは無意識のうちに暗黙の了解に従っている。

問いかければ多くの人は答える・・・、
「私にはよく分からないですけど・・・、」
「難しい問題ですよね・・・、」などと。。。

無意識に働き続けている自分自身の集団への忠誠心が、
実態から眼をそらさせ、違和感を感じているにもかかわらず、
不確かながらも慣れ親しんだ安穏とした状況下で、自己防衛を続ける。

罠にはまってはならないし、罠にはまり続けることに甘んじてはならない。
コンセンサスリアリティとは、ある種の特異な価値観であり、視野を狭めるものである。

コンセンサスリアリティの存在意義は、
社会生活と言うある一定の枠組みの中で、秩序を保ち、
互いが安心して生活を営む上では、
守られることの望まれる場面が多いことも確かではあるとしても。。。

それでも、
この無意識のコンセンサスに縛られている限り、「真実」からは遠のき、
人間の本来は何たるかに近づくことに、自らが距離を置くことと成りはしないだろうか。


自我を高め、自身の内の声と語り、目覚めない限り、「TAO」に触れることは出来ない。

自分の命を生きるということは、自分に繋がるあらゆる命を慈しみながら
真なる自身の声を信頼して生きることではないかと考えている。
そこには、勇気が求められる。




[PR]
by h-c-c | 2017-11-08 15:13 | Comments(0)

幸福の条件

幸せは物じゃない。 とか 幸せはお金じゃ買えない。 …ってよく聞きますよね。

幸福感は、あくまでも個人的な価値観と感情に左右されるわけで、
他人と比べて競い合うような刺々しいものではありませんが、、、。

カウンセリングをしていると感じることがあります。

お金が無くて、生活が殺伐とし、仕事に追われて、心も身体も休まらない、と、
働いても、働いても、借金が減らなくて、もうボロボロです。。。と、
辛そうに語るクライアントさんが、常に一定人数在る現実に直面していると、
やはり、それなりにお金の力は、幸福感に影響を与えているという実際は、
無視できない今を生きる私たちの一つの真実であろうと感じます。

ここにもう少しのお金の余裕があれば、このクライアントさんの多くの
問題は軽減するだろうに・・・、とは考えるものの、
ずっとお金に困っている人には、やはりそれなりの理由も見て取れます。

思考と行動にズレや無駄や無計画さも多く見受けられます。
カウンセリングには、思考と感情に働きかけ望ましい行動化に向けて促していく
と言う、教育的な側面が含まれますが、習慣化した生活スタイルは、
クライアントさんの生活パターンとして溶け込んでいて、
習慣化してしまっているため、社会環境を攻撃する人さえあり、
なかなか行動変容に到り難い点が、経済的不安定から抜け出せなくさせています。

私たちは、仙人ではありません。
精神性を高めることだけに終始して生活することは不可能にも近いことです。
現実を生きるということは、物質社会、経済環境の調整バランスに向けても
努力の手を怠ることは出来ません。
苦悩も困難も多いかも知れませんが、
だからこそ、人は、この世であらゆる面に於いて試されながら、
自身の内面を平安に保てるよう、精進していくのでしょう。





[PR]
by h-c-c | 2017-11-04 23:00 | Comments(0)

脆弱過ぎる自我

どうした?!? 日本人!!
何が起きている???
何を守りたいのか?
誰を守ろうとしているのか?
どっちを向いて仕事してんだ?
モノ作りへの誇りを、いつ、どこに捨てたのだ?
信頼なんて、あっと言う間に藻屑と消える。
いつから詐欺師の集団に成ったのか?

なぜこうも自我の育ちきらない成人が増えたのだろう?
ゲス過ぎる政治屋のセクハラ、パワハラ、わいせつ行為。
吐き気のするような連続殺人、切断事件。

脆弱な自我のもとに現実を認知して、行動化を起こす時、
人は、無意味に他者を攻撃し、強固なガードで引きこもり閉じこもる。
勝手な言い訳を作り、誰かの所為にして、結局は逃げこもる。

自我を育てよ。とは、かのフロイトの言葉でもある。
未熟過ぎる自我は、結局のところ本人を安定させないだけでなく、
周囲に混乱を与え、関わる社会を破壊に導く。

健全な自我は、いつ、どこで、どのようにして、育つのだろうか?
教育改革が目指すべきは、単なる学力の競い合いではなく、
「自我」と言う人格形成、人間性の成熟さではないかと考える。

169.png 171.png171.png 169.png 171.png171.png 169.png 179.png179.png169.png

ここ最近、小さなセミナーが充実してきています。
参加人数が多いわけではありませんが、中身が濃いです。
こじんまりとながら、
しかし着実に深い理解と気づきのセミナーが続いているのは嬉しい限りです。

参加者の皆様・・・この調子でやっていきましょう!!174.png 174.png 174.png



[PR]
by h-c-c | 2017-11-01 17:30 | Comments(0)