<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

心の奥深くに抱いて生きるもの

どんな生き方をしようが、その人生はその人のものですから、
自由だ!と云われてしまえば、それまででしょうけれど。。。。。
怒りを、憎しみを、攻撃性を。。。胸に抱いて生きる生き方。。。
エネルギッシュで、荒々しく、躍動的かもしれませんが???


わたしは近頃、しみじみと感じます。
大人として生きる多くの人の心の奥深くに、
誰もが抱えているものは、「かなしみ」ではないかと。

人が人として生きて行く時、そこには静かな「かなしみ」の在ることを。
「かなしみ」は、悲しみ、哀しみ、愛しみ、として、人の心の奥深くに
ずっと、ずっと、在り続けるのではないかと。。。

愛ゆえに悲しいのです。
愛ゆえに切なく、愛ゆえに哀しみを覚えるのです。

それは、決して激しい怒りでもなければ、
ましてや憎しみなんかではありません。

時が流れます。
時の流れは、さまざまなものの形を変え、忘れさせようとします。
町並みは姿を変え、そこに行き交う人も、既に今は無く、
ふる里は、あの懐かしい匂いさえ消し去ります。
そんな自然の行為に抗うかのように、
人はより積極的に、その記憶を留めさせようとします。
そんな無意識の行為が、まるで反比例するかのように、
なお一層、
人はそれによって置き去りにされて行きそうになる自分自身に、
そこはかとない哀しみを抱くのかも知れません。

「かなしみ」は、愛ゆえです。
「かなしみ」の感情を豊かに育ててゆきたいと、祈っています。


時間は歴史となり、多くの事々を流し消し去り、
忘却の中で、赦しをもたらしてもくれます。
それでも、人はなお、深いところに「かなしみ」の感情を沈めています。

だからこそ、人は優しくなれるのでしょう。
「かなしみ(悲しみ・哀しみ・愛しみ)」は、美しいものです。

哀しみを知らない人はいません。
大人になって、心の奥深くに哀しみを抱いて生きるからこそ、
人は静かに命の灯りを燈しながら、大切な誰かに優しくなれるのでしょう。



[PR]
by h-c-c | 2017-07-31 20:32 | Comments(0)

多くの人は自分の事で手いっぱいなんだから・・・

自己顕示欲の強過ぎる人は、攻撃的に社会に関わる傾向が強いかもしれない。
昨今、テレビを賑わす、自分に注目されたい人たち。

一方で、ヒトの目から逃げるように隠れて生きたがる人たちも確かに居る。
とにかく、他人(ひと)の目が気になる。
自分の事をどう見られているのかが気になって仕方ない。
他人からの評価を必要以上に欲しがる。
自分の事を分かって欲しい。認めて欲しい。大事にして欲しい。
ただ残念なことに、
そんな人の多くは、自分から他人への配慮や、理解の努力は少ない。

現代人は、皆それぞれ忙しいのです。
他人の事に、構ってられる人は少ないのです。
誰も、あなたのことばかり見てはいません。
自分の事で、手いっぱいなのです。

だから、、、、、
そんなに他人の目を気にする必要など、そもそもないのですよ。
余程のことが無い限り、多くの健康な人たちは、
自分の成すべき事を、ただただ、一生懸命やってるだけなのですから。。。

妄想、思い込み、頑なな考え方は、自分の行動を止めるだけです。

しっかりと、自分から目を見開きましょう。
今、目の前に確かに在るものを、きちんと観察しましょう。

[PR]
by h-c-c | 2017-07-30 23:30 | Comments(0)

すべては「自分=わたし」から・・・

「人間」は、とてつもない知識を手にしているにもかかわらず、
なぜ、誰もが本質的な部分で変容しないのでしょうか?

私たち人類は、誰もが皆、
何百万年もの時を生き、進化を経験して来ているはずなのに。

いかに歴史に学び、行く先を予測しようとも、
だから、「自分」は、どう生きるのか?・・・

すべての事々は、「自分」から始まるのだとしたら・・・。

ただただ聴きましょう。
注意深く聴きましょう。
ただただ観察しましょう。
静かにゆるやかに観察しましょう。

・・・それだけのことです。


[PR]
by h-c-c | 2017-07-26 21:05 | Comments(0)

ペルソナの陰に潜む人間性

暑い暑い夏。身体も気持ちも萎えてしまいそうな酷暑。
慌ただしく時間錯誤が生じてしまいそうな1ヶ月間が過ぎた。

母の骨折、手術から始まり、その翌日にフランスへ1ヶ月間旅立った二男。
ギャラリーの企画展示会開催中、山陰・関西方面へ出張の重なった三男。
母の介護、講座講師、カウンセリング、新規の打ち合わせ。
その間も、美術品の評価・鑑定の依頼も来る。

最後の最後まで迷った末、
それでもゲシュタルト療法学会の学術・ワークの大会に出席して来た。
今回は、TAとゲシュタルト再決断に焦点を当てたもので、
大会テーマは「ゲシュタルト療法と交流分析」だった。
ゲシュタルトが、やっと日本のゲシュタルトに向かって動き始めた!
と、いう感想を持った。

それにしても、さまざまな分野で目覚ましい進化が見られる中で、
なぜに、かくも、人間はこれ程に器が小さくなって来たのだろう。。。
世界中に7,500,000,000人の人間が生きているという。
人類であり、人間であり、各々がそれぞれの民族として、生活している。

75億人の内の一部。。。ごく一握りの幾人かが、
経済を動かし、直接的に政治に関与し、
時に豊かさに導き、多くの場面で世界を混乱させる。

忘れてしまうのだろうか。。。
自分自身も、今まさにこの現実の時代を生きている一人の人間であるということを。
権力を持ち、肩書きを振りかざし、役割として生き始める時、
保身の強さは増大し、嘘に嘘を重ね、純粋な感覚は完全にマヒするようだ。
ペルソナの陰に隠れたオーセンティックセルフの大切さなど知りもしない。

あなたがバカにしている人たちに、あなたの本質は見抜かれているというのに。
権力と肩書きの鎧の重さは、結局のところ、本人を押し潰すのに。
錯覚してしまっているから、マヒしてしまっているから、
分からない。
気づけない。

その人個人が、潰れようが干されようが、知ったこっちゃないが、
これが、時代を動かす政治に直接関与している人たちだから、
私たちは困ってしまうのだ。

公人に自ら望んでなったのだ。
保身は捨てて、正々堂々と生きる姿を見せて欲しいものだ。

それにしても・・・
暑い! 174.png 174.png 174.png 174.png 174.png 174.png 174.png 174.png ~ い!

[PR]
by h-c-c | 2017-07-24 13:44 | Comments(0)