<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

長崎の旅

長崎ぶらぶら・・・長崎の旅。
修学旅行以来の長崎でした。
三日間、しかり、ゆっくり、非日常を堪能してきました。
満開の桜の下、坂の町、中国とオランダと日本と。
出島に残る歴史の匂い。
「花月」で卓袱料理を心ゆくまで味わって来ました。
伊王島では時が止まったようで、軍艦島が目の前に。
感動と感激が大き過ぎると、逆に何かを書く気がしなくなります。
・・・
とにかく、とても素晴らしかったです。
贅沢で、ゆっくりの旅でした。

また、おいおいに。。。。。
[PR]
by h-c-c | 2016-03-31 22:33 | Comments(0)

春はもう少し・・・

今年も日本独特の、桜情報が飛び交う季節。
表通りの桜の芽は、なかなかやって来ない春を待ちきれないかのように、
今にもはちきれそうに、すっかり膨らんでいます。
向かいの桜の木は種類が違うのでしょうか、
もう咲き始めています。

  待つには長き「時」なれど
   過ぎ去る「時」の速きこと
  ・・・
    生きているのは
      「今」のこの「時」

058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 058.gif 




[PR]
by h-c-c | 2016-03-24 21:26 | Comments(0)

水ぬるむ春を前に

寒暖差の激しい今年の冬でしたが、ひと雨ごとに水ぬるむ感じです。
・・・春は忘れずに、もうそこまでやって来ているようです。
当センターは、1995年の設立。
その開設以来母体として来た「実力あるカウンセラー育成講座」を、
今年も4月から新年度として始業します。
21年目に入ります。
人で云えば、二十歳を超えて、いよいよ社会人…って、とこでしょうか。

哲学を愛し、
さまざまな異宗教を長年翻弄されるかのように探究した後に、
心理学の学びに入った私にとって、
ナメた言い方をすれば、
カウンセリングは、とてもスーゥッと容易く、身に沁み込むように入って来ました。
宗教学の難解さは、そこに「信」、要は信仰と云う何とも厄介な行為なくしては、
解(深い理解)に到ることに大きな壁のようなものが存在するからではないのかと、
私自身の未熟な難解さの原因をそこに見つけようとしている気がしています。
各宗教の「法(考え方・教え)」等を読み砕き、腑に落とし、
小さな悟りのような積み重ねを、
半ば喜び・楽しみとして日課のように続けて暮らしたとしても、
理論としてその宗教を理解しようと進めていく時、その難解さは混乱を極めます。

そこへいくとカウンセリング学は、さまざまな諸理論も大変明確で、
私のイメージからすれば目の前が晴れ渡ってクリアに解読できるという感じでした。
30歳を過ぎてから本格的にカウンセリングの学びを始めた私は、
出遅れ感もあって、がむしゃらに貪るように学んだものです。

さまざまな理論、アプローチ、テクニック・・・。
しかし、それ等は、私を満足はさせてくれませんでした。
何かが違う。
何かが足らない。
ずっと、ずぅ~っと、言葉にならないフラストレーションのような
フクフクしたモヤモヤした感覚があって、
カウンセリングは嘘っぱちだ!カウンセリングなんて限界だらけだ!
と、感じて、
正直、一時「もう、止めよう。」と思い詰めた時期がありました。

そんな時、「トランスパーソナル心理学」との出逢いに恵まれたのです。
従来からのそれだけではない、もう一つの何より大事な視点です。
もし、私がトランスパーソナルな考え方に出逢っていなかったら、
私は、カウンセラーを続けてはいなかったことでしょう。

そのトランスパーソナル心理学を、この一年間学習します。
センター開設以来21年目にして、満を持しての今年の通年テーマです。
これを学ばずして、心理学の本質は語れません。

そして、私は、
来年度、これまで続けて来た「実力あるカウンセラー育成講座」の
継続研修の場を、お休みしようと考えています。
今回が最後かも知れません。
ご都合の付く方は、是非とも、ご一緒に!!


[PR]
by h-c-c | 2016-03-09 21:46 | Comments(0)

穏やかな日

暖かな穏やかな一日でした。
春のお彼岸を前に、お墓の掃除とお墓参りに行きました。
静かな時間が過ぎました。

今はもうここには居ない人、しかし確かにその人の居た証し。
お墓って、そんなものだろうと考えますが、
そこに行くと、今、確かに生きている自分の存在と、
ここに繋がる連綿とした命の不思議さを感じないではいられません。

お墓参りは、なぜだか私を優しい気持ちにしてくれます。
最近は、時間がゆるやかな感じです。
セミナーもカウンセリングも落ち着いた空気の中で進んでいます。

スケジュールは、それなりにイッパイいっぱいで廻っています。

2003年から依頼を受けて始まった市民講座もずっと続いて14年目。
2016年の今年も、6月8日~毎週水曜日、通算4回講座で実施されます。
6月は昼間の講座ですが、関心がお有りの方は、ご参加ください。
ただ、福山市への申し込みが必要となります。
市の広報で来月あたりお知らせも出るかと思います。
市民の方は無料ですよ。
どうぞ、お気楽に、ご参加ください。


[PR]
by h-c-c | 2016-03-08 21:16 | Comments(0)

今、また再びのスタート

春休み。
卒業、退職、退任、、、、、。 
入学、入社、進学、進級、、、、。

あらかじめ決められた枠組みの中での流れに添ったけじめではなく、
成人し、熟年となり、自らの意思決定で選択肢の広がる時期に、
「今、また再びのスタート」に際して、あなたは何を選びますか?
自分の声は、心の底からの願いは、・・・「何」なんでしょう?
限られた時間、限られた今生の命。
自身が、生き置かれた定めの環境には、当然ながら抗えないものもあります。
しかし、境遇そのもの以上に自分自身を縛っているものはありませんか?
自分自身の思い込み、偏った思考、柔軟性を欠いた自己概念。
針ほどの一点でもいい、そこに小さな穴が開いたとしたら、
いえ、小さな小さな一点の風穴を開けることを自らが起こせば、
光は必ず漏れ入って来ます。
その光を拠り所に、私たちは、今こそペルソナを外して、
本来の自分自身が求めて止まない声の導きのもとに、
自分の人生を生き切って行くことが出来るのではないかと考えています。
あなたは、何が好きですか?
あなたは、どんな生き方をしたいですか?
あなたは、誰と生きたいですか?
あなたの魂は、今、喜んでいますか?

選択肢は限りなく広がっています。



[PR]
by h-c-c | 2016-03-06 09:49 | Comments(0)