<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ありがとう

016.gif ありがとう 016.gif
今日と云う日が、、、、
こんな日が、私のために用意されていたなんて。。。
本当にありがたくて、感謝です。
カウンセラー養成講座の入門編Ⅱが、今日からスタートしました。
ギャラリーの展覧会は、今日が最終日でした。
懐かしいお客様がたくさん来てくださいました。
嬉しくて楽しくて、でも何より懐かしくて感慨深い時間を持てました。

夕方からはピアノリサイタルに足を運び、表現力の素晴らしさに
心が大きく揺さぶられました。
音楽家は、作曲家は、どんな思いでこの曲を生みだしたんだろう???
この曲に込められた作者の気持ちは、その真意はどこにあるんだろう???
音は言葉を持たないし、絵画も何も語らない。
直接的には言葉を持たない芸術は、言葉を超えて、
表現者と云う介在者を通して、
聴く人の、観る人の心にダイレクトに、包み隠しなく「何か」を届ける力を持つ。

ここのところ疲れ切っていた私の心は、
今日、たくさんの素敵な出逢いから、大きな力をもらいました。
今、私の心は歓びの涙を流し、今日のすべてに感謝しています。

016.gif ありがとう 016.gif


[PR]
by h-c-c | 2015-11-26 23:19 | Comments(0)

人類の未来

諸行無常。諸法無我。色即是空。
常なるものは無く、形あるものには終焉は訪れる。
人間は誕生時から、死のその瞬間まで発達変容すると考える発達心理学。
有ると思えるものは無く、見えず、聞こえず、触れられずとも、在るとするもの。
今、ここで即時に対応しなければならないこともあるが、
短絡的に刹那的な対応の繰り返しでは、その本質はみつけられない。

人類は、ここまで来た。
火星について、不気味な情報が開示された。
今と云うこの時代を、私たちは生きている。
少なくとも、私たちはこの地球を生活の拠点として、共に生きている。
ただそれだけ。
ただそれだけに過ぎない事なのだが、
このことが、実はとてつもなく貴重で、奇蹟的で、
何ものにも代えがたい大切なことのはずなのに。

人類は、何処に向かって進もうとしているのだろう。
地球環境は、人類の手によって方向転換しがたい状況に到ってしまった。
生態系は猛スピードで崩れて行き、食物連鎖は巡り巡って人類の細胞を破壊する。

今を楽しんでさえいればいいとも言っていられない気がするのは、
私の考え過ぎだろうか。

[PR]
by h-c-c | 2015-11-24 23:04 | Comments(0)

しっかりしろ!わたし!…言ってはみるものの。。。

飛行機は、一日に一体何人の人間を移動させているのだろう。
国境を超えて、人は行き交い親密さを増し、新たな縁を絆に変えていく。
電波は、一瞬のうちに地球の裏側にでも私の声を届けてくれる。
今や宇宙ステーションを持つまでになっている人類。
宇宙ロケットから観る地球に国境なんて無い。
なのに、
なのに、
それなのに。。。
文化や秩序を守り、国民に安全や安心を約束する
「国」とか「政府」なんてものが、今となっては???
逆にちょっと厄介で、様々な問題をより複雑にしているような感じさえする。

貧しさが直接的に人を不幸にする訳ではないが、
貧困感、差別感、疎外感、孤立感は、人を不幸にしかねない。
教育が直線的に教養へとは昇華しない。
詰め込んだだけの知識が安直に智慧には育たない。

人間の豊かさとは何なんだろう?
人類そのものが、次なる共有の価値観を持つことは不可能なのだろうか。

新時代に私たちが立ち向かうには、
不信感や不安感、恨みや妬みとの付き合い方なのかも知れない。
それは以外にも近くにあったりもする。
恨む人は、その人の尺度で、勝手に恨むのだから。

これから寒い冬に向かう季節の中で、
あなたの隣にいる人が、コートを脱いだその下に、
自爆テロの爆弾を身体に巻き込んでいるとしたら・・・、
前から歩いて来る人が、いきなりナイフで切りつけてきたら・・・。
電車のホームに立っていて、突然後ろから誰かに突き飛ばされるとしたら・・・。
そんな猜疑心を何処かに抱きながら暮らさなければならないとしたら・・・。
これは、たまったもんじゃない。

私たちは、今までナンテ幸せに暮らしてきたんだろう。
根拠のない無意識的な信頼感が、こんなにも幸せだったなんて。。。

身近には、
介護に疲れ果てて、すべてが破綻に向かう道しかないような
閉鎖的な選択肢の中に追い込まれて行く人たちが後を絶たないこの国で、
私のモチベーションは下がりっぱなしだ。

しっかりしろ! わたし!・・・って、
無理矢理自分を鼓舞させてはみたものの。。。
・・・んんんんん・・・ なかなか。。。
心に力が湧いて来ない・・・
最近ずっとこんな感じ・・・困ったもんですね 057.gif 008.gif 015.gif 025.gif 008.gif 057.gif


[PR]
by h-c-c | 2015-11-23 22:22 | Comments(0)

国って何?? 国家って何だ??

どうなってしまったんだろう?
人間は、ヒト科として人類を終わらせようとしているのだろうか?
この期に及んでもまだ、各国の思惑が不気味に見え隠れしている。
テロをだしに、フランスをだしに、
ロシアもアメリカも何を考えているのだろう?
分からない。どうして、こんなにもややこしくなってしまうんだろう。

原発再稼働だってそうだ。
福島の処理も、もんじゅの扱いも、何一つ明確になっていない。
このままでは、この国の人間はいずれ近い将来、安心して空気が吸えなくなる。
水も飲めなくなる。
地震国家のこの国に、活断層だらけのこの国に、
原発は、はなから無理な話だし、間違いに気づいたら、
正直に勇気を持って、方向転換はしなければならない。
今ならまだ、かろうじて間に合うのに。。。
気候は、確実に今までと違う様相を見せつけているのに。

空爆でテロは封じられない。
誤爆で巻き込まれる人が増えるだけだ。
ちっぽけな人間の飽くなき醜い欲望と近視眼的な舵取りは、
多くの一人ひとりの命をいとも簡単に握りつぶそうとしている。

哀しみは更に増し、憎しみは増幅する。
ほんとうに、、、人間は、何がしたいんだろう???
身近な私の周りは、何気なく事も無げに、一見幸せそうに暮らしてはいるが、
ホントに、このままでいいんだろうか。。。
何だか、虚しさばかりか募ってくる。

明後日は、東京へ出張だ。


[PR]
by h-c-c | 2015-11-18 22:43 | Comments(0)

感情こそが行動エネルギー

いつの時にも、その行動の根源には感情によるエネルギーが潜んでいる。
それは、思考や言葉によって、いかに正当化しようとも、事実そこに在る。
誰の中にも「怒り」「憎しみ」「妬み」の感情は確かに在る。
しかし、恨みや憎しみは、更に新たな憎しみを生むだけで、
そこには、永久に安らぎは生れない。

個人レベルでも集団、国家レベルでも、それは同じこと。
憎しみや怒りは人を引き裂き、引き離す。
韓国が、いつまでも後ろ向きの歴史観に立ち続ける以上、
如何に時間が前に流れようとも、彼らの前には未来的思考は通用しない。

歴史を遡れば、ヨーロッパに影を落とす十字軍の因縁。
そこに引きずられた時間軸を生きようとする者たちがいる限り、
EU統一は困難を極める。
世界は、今、確実に、次の世界観に向けて
動かなければならない時に来ていると考えないではいられない。

私の家族は、多くの方々とは少し違っているかもしれない。
我が家には、フランスから結婚のために日本で暮らすことを
覚悟して来てくれた聡明で美しいジュリと云う嫁が居る。
既に8年になる。今年春、ジュリの家族は一ヶ月間日本に居た。
息子の友人にも外国の人が多いが、
何と言っても、ジュリの居るお陰で、
我が家には、諸海外から、頻繁に色んな人が訪ねて来る。
黒人も、白人も、東洋人も誰でも来る。
宗教観もそれぞれなら、ベジタリアンの人も結構いたりして、
食事の準備には正直苦労することもある。
しかし、優秀な人たちが多くて、
外務省で働く者もあれば、国連関連、NATOに席を置く人もいる。
私は、今、
世界は本当に小さくなっていると感じている。
にも拘らず、国レベルしかも政治的な影響が加わる時、
お互いは、なかなか分かり合えず、分かり合おうとせず、
一方的な価値観で攻めよってしまっている
それぞれの関係の姿を見せつけられて、とても哀しく感じてしまう。

幸か不幸か、北朝鮮には資源もお宝も、お金に成りそうなうま味が無い。
だから、どの国も欲しがらないし、見向きもしない。
独裁社会で貧困で餓死している人たちの状況は苦悩極まりないが、
少なくとも他国が競ってその地に侵略したり、欲しがったりはしない。
他国が空爆をしたり、北朝鮮の人を殺しには行かない。

資源を欲しがって群がる。群がるだけでなく、略奪しようとする。
こんな愚かで下品で醜い争いがいつまで続くのだろう。

[PR]
by h-c-c | 2015-11-16 20:34 | Comments(0)

パリ同時多発テロ

身体も心も、とても重い。
昨日は、早朝よりフランステロ銃撃被害のニュースを受けてから、
我が家は大変だった。
ジュリの家族や親せき縁者のそれぞれに連絡が取れたのは、
日本時間で正午を回る頃。
パリ近郊に暮らすジュリの家族や友人たちは、
昨夜、銃撃テロの近くに居合わせた者もいた。

フランス大使館からもメールが届いた。
友人や知人からも、ジュリの家族を案じての電話やメールをたくさん頂いた。

私には、
昨日も今日も、講座の仕事が入っていた。・・・とても疲れた。

戦争とテロの最も大きな違いは、
隣に居る人、そう…隣人にさえ、不信感を抱かせ、
何気ない日常から突然、安心感、安全性を奪ってしまうこと。
あなたの隣に居る人が、いきなり自爆テロを起こしたら・・・。
見えない恐怖に脅えながら生活しなければならないとしたら・・・。
前から歩いて来る人を疑い、不安を感じなければならないとしたら・・・。
これは、
たまったもんじゃない!
かといって、報復手段にOKは出したくない。

ジュリは、今日、友人たちと福山から少し奥まった山合いの渓谷へ
紅葉狩りに出かけて行き、先程、元気に帰って来た。


[PR]
by h-c-c | 2015-11-15 20:50 | Comments(0)

東中国カウンセリングセンターの講座

心理学、カウンセリング等に関して何らかの資格を有する人たちを対象に
毎年継続させて研鑽を積みながら進めて来て、
今年20期を迎えている『実力あるカウンセラー育成講座』。
毎月、毎月、、、毎年、毎年、、、20年も続けていると、
それは、それで、一つの形を成して来る。
基本、参加者は皆本当に真面目で、学習熱心。
自主的に自分のものにすべく努力を怠らない。
その姿は眩く、本当に頭が下がるし、私自身も初心を喚起される。

明日が、その勉強会の日に当たる。
この度20期の学習会は、余すところ後、明日11月14日と、次回12月で修了する。
今年は一年間を通じて、ゲシュタルトの理論を様々な角度から学んだ。
人間の脳の仕組み、遺伝との関係性、生理的反応と併せて身体と感情の不可分な連動性。
フロイトやユングの説く心理学を背景に、個人の観る夢の扱い方などにも取り組んできた。

集団の中における個人への視点は、絶対的な個人の取り扱いと同時進行的に、
尊重されなければならない複雑な難しさを含み持っている。
企業に於いて、学級運営に於いて、小さなグループや組織に於いて、
家族間の中でさえ、それは重要な意味合いを持つ。

私は、学者ではない。
理論家でも、研究者でもない。
現場主義、現場優先のクライアントのためのカウンセラーである。
目の前のクライアントの要請に最大限応えるために、
自分の内に培ってきた様々な技法を、自身のキャリアと最善のアプローチで、
他の何処にもない「関係の質」を体験してもらいつつ、誠意をもってそこに居る。

掲げた講座名の如く
「実力あるカウンセラー」を目指す者の一人として、
特定の何かに固執することなく、
かといって、
自身の内に確固たる哲学的意識を持たない闇雲な折衷技巧に走ることのないように、
目の前のクライアントにとって有効なカウンセリングを提供して行ける者でありたいと、
ただただ、それだけを願いながら、果てないながらも憧れのこの道を歩んでいる。
そして今、
この道を歩めている自分が好きであり、幸福に感じている。
この道に出逢えたことに感謝している。
共に学び続けて行けている大事な仲間たちにも、感謝の想いが溢れている。


[PR]
by h-c-c | 2015-11-13 20:55 | Comments(0)

表裏一体の世界観

<・・・昨日からのつづき・・・>

そうは言っても、全ては表裏一体のうちに存在する。
教える者と教わる者とて、その関係性に変わりはない。
教える側は、教わる者の姿の中に自分を観る。
それは同時にそこに在り、この瞬間の関係の中で気づくことは山ほど有る。

たまたまその時、教える立場にあるとしても、
やはり私自身が、果てしない学びの途中に座する者でることも事実だ。
私は、基本的に学ぶことが好きである。
それがたとえ遅々たる歩みであろうとも、昨日まで分からなかったことが、
今日、分かるようになったと感じられる瞬間。
「アハ!」と腑に落ちるあの感覚。
自らに気づきをもたらす時に味わえる恍惚の一瞬。
学びが頭ではなく、血肉と成って身体に宿る、あの感覚だ。
生きるための力となる学びだ。

それは、教科書じゃない。
暗記じゃない。
左から右へ、レポートを書き写すことじゃない。

丸腰で生きる私たちの人生の旅路の中で、
いつ何処から、人生の難題に切り込まれてきたとしても、
身を処し、自分としての在りようを誤魔化すことなく生き抜いて行くための術となる。

私たちは、今、様々なカウンセリングの諸理論や心理学を、
その為にこそ学び合っているのだ。
ただ単に頭でっかちに、暗記の知識のためにむさぼっている訳では
決して、決して、断じて、ない。

ましてや、資格や肩書のために学んでいるのではない。
その事を理解してもらえたら、
この学びほど人生に於いて魅力的なものは無いだろうと、
私は考えるのだが、如何だろうか。。。。。


[PR]
by h-c-c | 2015-11-11 16:27 | Comments(0)

教えるのって難しいよね!!

高飛車な言い方!って思わないで読んで欲しいのですが。。。
教えるのって、本当に難しいですよね。
最近、特に感じています。
そもそも「学ぶ」と云うことを知らない人が増えて来ているように感じます。
勉強と云うと、覚えることだと思っている人が多い気がします。
だから、
「先生、覚えられないんです。どうしたらいいですか?」なんて、
平気で聞いて来るのです。
「覚えるんじゃないのよ。」「覚えようとしないでね。」って云うのですが、
その意味が分からないみたいです。
覚える、覚え込む、暗記しなきゃいけない、、、みたいに思い込んでるみたいです。

学ぶことの面白さ、分かることの楽しさを知らない人達が増えてます。
学校教育は、一体何をして来たのでしょうか?
無論、個人的な要素は大きいと言うことも承知してはいますが…。
自分で言うのも何ですが、
結構教え上手だと自負している私でさえ、チョコットばかしお手上げ状態です。
頭の構造が違うのでしょうか?

「心理学」の世界は、覚えるんじゃなくて、分かって行くことに魅力があるはずなのに、
「自分は頭が悪いので覚えきれません。」と云っては、
何でもかんでもすぐに尋ねて来ます。
自分から調べたり、研究したりしようとはしません。

理解がとても浅い感じがします。
手取り足取り、一から十まで噛んで含めて言わなければ伝わりにくいのです。
分かっていないことは、顔を見ればこちらには分かります。
しかし、
本人には、そのことさえ分かっていないので、聞こえて来たことばの上澄みを頭に入れて、
「分かりました。」と、返事をするのですが、
角度を変えて質問すると、もうサッパリです。008.gif 002.gif 008.gif

さすがの私も凹みます!

そういう状態だから、当然、自分で考え出す力も弱いです。
自分自身の見解を述べることに、とても躊躇していることも見て取れます。

なんで???
どうして???
こうした人が増えたのでしょうか???


[PR]
by h-c-c | 2015-11-10 19:15 | Comments(0)

人は誰もが歴史の目撃者

毎日のように歴史的瞬間に立ち会っている私たち。
その認識があろうが、なかろうが、今この瞬間も、
過去と未来のど真ん中で、私たちはそれに関わってる。
偽装、偽装の相次ぐ日本に成り下がるならば、
誇れるはずの我が国の技術は命を絶たれるに等しい。
全ての価値観の最上位に経済収益が優先され、
効率と帳尻合わせに終始するとしたら、
人間の尊厳は何処に見出せばいいのだろう。
ISの無差別なテロ。
横暴な中国。
中東、EU、、、、その中で、台湾と中国のこの度の会談。
中国経済の失速より大きな影響を齎しそうなアメリカの不透明さ。
*****
ただ黙々と、ただ粛々と生活しながらも、
時代の波に翻弄されない訳にはいかない私たち一人ひとりです。

今夜は、NHKスペシャルでアジア巨大遺跡…の放送があります。
今から私は楽しみにその時間を待っています。
来週は東京国立博物館へ「始皇帝と大兵馬俑」の特別展を観行にきます。
これも、今から楽しみにしている一つです。

ちなみに今日は、
FGG=福山ゲシュタルトグル―プの自主トレーニングを実施しました。
今日のゲシュタルトワークはスピリチュアリティに富んだ
非常にじんわりと奥深く味わい深いワークがたくさんできました。
参加者の人たちも、
帰宅後それぞれに、しみじみと噛みしめをされている事と思います。

今日は、本当に良かったですよね!
お疲れ様でした。
そして・・・ありがとうございました。


[PR]
by h-c-c | 2015-11-07 19:48 | Comments(0)


HCC Community Space


by h-c-c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

東中国カウンセリングセンター


      リンク

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

フォロー中のブログ

Space Soul

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by つきあかり at 02:23
勉強頑張ります! それ..
by つきあかり at 02:10
久しぶりですね。お元気そ..
by h-c-c at 20:51
つきあかりさん、こんにち..
by h-c-c at 18:18
先生ご無沙汰しています。..
by つきあかり at 00:16
返信コメント、ありがとう..
by h-c-c at 08:06
早期決断 ご配慮 ありが..
by 山上 敦子 at 04:35
心強いお言葉 ほんとうに..
by 山上 敦子 at 21:53
諦めない限り、必ず必ず近..
by h-c-c at 20:33
本当に緊張の1日でした。..
by ◎ at 20:45

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
メンタル

画像一覧