<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

認知症の色々・・・

ショートステイに預けた時も、施設のヘルパーさんから、
「この状態で、よく自宅で看られてますね。」と、言われた。
母の認知症は、多動性と若干の攻撃性が含まれる。
物忘れは、確かにあるが、ゆっくり話していれば思い出すことも出来る。
年が明けたので、既に4年目に入ることになるが、
母の状態を私が初めて疑ったのは、2011年の2月頃だったと思う。
脳神経外科の外来から始まった。
CT.MRI.などの手段を用いて主治医から説明を求めた。
当初、先生も
「よくこの段階で気づきましたね。
今は、良いお薬もありますから今の時点から投薬を始めると、
進行は抑えることが出来ますから、気長に付き合いましょう。」と、言われ、
アリセプトから始めた事を今でもしっかり覚えている。
しかし、
西洋医学を嫌い、薬を嫌う母に、毎日の薬を続けることは、
それだけでも至難の技だった。
母には、薬が合わないこともあって、副作用の反応が強く出た。
お薬は、当時認可されていた4種類を全て試みたが、いづれも母には合わなかった。
パッチタイプのものも、ダメだった。
母は、試し期間を終えて、次の段階に行くと、吐き気が始まり、
食欲が一気に落ちて、胃腸障害が出た。
私も、医療のみに頼りたくなかったので、老人大学に通って、
母の好きなお習字や、俳句教室などで楽しんでもらおうとした。
本格的に極めた母のヨガ。
自然療法とヨガをこよなく愛した母だ。
30年近く続けている母のヨガは、そのまま続け、
インストラクターとしての指導も、出来るところまでは続けられたら良いと願い
地域の人たちと楽しんでもらおうとした。
でも、
やはり、
そのどれもが、困難となり、
近所の人や、老人大学の教室の人たちからも注意を受けるようになった。
結局、、、、、、、、。
結局、、、!!!である。
同世代の高齢者の人たちからダメ出しをされたのだ。

母の認知症の症状は、多動性である。
物忘れは、無論のこと、それ以上に多動が、一番の問題だ。
きっと、母も苦しいんだと思う。
その姿は、本当に可哀想で、哀れでならない。
[PR]
by h-c-c | 2015-01-28 22:35 | Comments(0)

結局はメンタル

介護を続けていると良く分かる。
結局は、、、そう…とどのつまりはメンタル!
確かに肉体的な体力も大きく消耗する。
しかし、それだけではない。
そんなものじゃない!
それ以上に疲れ、潰れ、クタクタになり、
立ち上がれない様な感覚を抱いてしまうものがある。
・・・そう・・・精神面だ。精神が疲弊するのだ。

挙げ句の果てに、私は胃痙攣を起こした。
想えば去年は正月の真っ最中に、
今年は何とか三箇日を終えて暫くした頃に。
緊急病院のお世話になり、胃潰瘍の治療をする。

心理カウンセラーとして、たくさんのクライアントの
さまざまな問題に共に取り組み、超えて来たのに。。。
自分自身の母を前に、私は、たちまち娘となってしまう。
むしろ、
私以外の家族の者たちの方が、ずっと上手く対応しているようにさえ感じられる。

そんな現実に、さらに凹む。

ただ、今になって、母に合う薬が見つかりかけて来た。
ここに期待をかけている。
[PR]
by h-c-c | 2015-01-22 08:26 | Comments(0)
十二支暦の迷信だとは承知ながらも、、、、、
昔からひつじ年は、荒れると言われている。
前年のうま年が、毛並みの素直さを持つのに対して、
絡みもつれた毛並みのひつじ年は、
世相も混乱し、もつれ易く、安定しにくいと云い伝えられて来た。
しかも、
今年はヨーロッパが、政治経済のあらゆる面において不安定さを噴出させ、
さまざまな混乱の源泉になるのではないかとの見方も起きている。

昨日、一月七日、七草粥のこの日は、私の誕生日であった。
と云う事は、嫁であるジュリのお父さんのバースデーでもあり、
(私とジュリのお父さんは、生年月日が全く同じ!)
我が家から、フランスのジュリの実家に「おめでとう!」の電話を入れた。
!#$”!&%#$?#”??!!! が、それどころではなかった。

民主主義。言論の自由を何より大事に扱うフランス、パリに於いて、
シャルリエブド本社が、銃撃され、12人もの死者を出したためだ。
ジュリの実家は、パリ中心部から少し離れた郊外ではあるが、
卑劣なテロ行為に、お父さんもお母さんも、激しく怒りを顕わにしていた。

地球の裏側の出来事としては、済まされない。

昨年から、その行動の激しさを悪化させ続けているイスラム国。
私たち人間は、なぜ、人間同士でこんなにも殺し合うのだろう。。。。。

生き続けることなんて出来ないのに。。。
いつの日にか必ず、必ず、死に到るのに。。。
命の在る間、せめてその間、ただただ生き抜いて。。。
。。。それだけで。。。いいのに。。。
[PR]
by h-c-c | 2015-01-08 21:53 | Comments(0)
如何に粛々と学問を学ぼうとも、理論学習に専念しようとも、
ある時突然に突きつけられる現実の前に、
私たちは常にたじろぎ、戸惑い、困惑する。
現実は、いかなる机上学問をも超えて、私たちに迫ってくる。
人間は、パン(食べ物)だけでは、生きて行けない。
いかに知能指数を上げようとも、それだけでは不十分である。
私たち心理カウンセラーは、「発達心理学」と言う学問に触れる。
幼少期から学童期を経て、・・・・・中年期から老年期、終焉に到るまでの
心理発達のモデル経緯を見ていくものである。
しかし、今、
世界に類を見ない急速な形で迎え入れた
高齢化社会の我が国に於いて、
現実に突きつけられた日本に於ける高齢者の心の内を
果たして、現在提示されている「発達心理学」は解き明かせているのだろうか。
「認知症」・・・、この実態は多岐に渡り、一言では語れない。
つい20年ほど前、「ボケ老人」とか「痴ほう症」とかの呼称であったそれは、
現在「認知症」と呼ばれるに到っている。
私としては、この呼び名は、大変適切だと今のところ考えている。
「認知症」は、ただ単に物忘れが激しくなると言う訳ではない。
我が家の母に関して言えば、
確かに物忘れもあるが、それはある意味、歳相応とも言える。
そうではなくて、「認知」そのものに異変が生じるのだ。
母は、ジッとしていられない。
絶えず動き廻っている。
外出をすれば、何処までも行ってしまう。
スーパーや、コンビニに行っては、レジを通さずに持ち帰ろうとする。
私の部屋から私の物を持ち出し、油性マジックで自分(母)の名前を書き込み、
自分(母)の箪笥に何でもかんでも仕舞い込む。
同じものを何度でも注文しては届けさせる。
我が家には、現在掃除機が6台、アイロンが5台ある。
どんなゴミも捨てようとはしない。
母の部屋の引き出しには、紙くずや腐った果物の皮が入っている。
人の手を借りることを必要以上に拒み、ヒステリックになる。
出来ないのに独りでしようとしては、失敗し、混乱し、取り乱す。
彼女の生きて来たこれまでは、確かにそこに在るのに、
今、ここに見えている彼女の姿は、それを霞めさせる。
そんな彼女の心の中は、一体どうなのだろう?
私がこれまで学んで来た理論なんか、
リアルなこの現実の前には吹っ飛んでしまう。

学んでは体験し、学んでは突きつけられ、
結局、私たちは、常に試されの中の人生を生きているにすぎない。
平時に学び蓄えた自身の力を、
試しの現実にさらされる有事に、如何に生かしていけるのかに掛かっている。

体験を超える学びは無いのかもしれない。

[PR]
by h-c-c | 2015-01-06 21:22 | Comments(0)

継続の力は大きい

1995年に設立した東中国カウンセリングセンター。
それを遡ること約10年。
・・・私が哲学から宗教学、心理学へ移行させながら、
この領域を学問的にとらえ始めてから30年になります。
私が学び始めたあの時代「カウンセリング」は、まだ日本に於いて
殆どと言って良いほど、認知されてはいませんでした。
無論、
今でも「カウンセリング」という言葉は、曖昧なままに、とても紛らわしく
独り歩きし乱用され、闊歩しているように私の眼には映ります。
この現状は、学術的理論を真摯に学び、
スキルトレーニングの研鑽を怠ることなく精進する者にとって、
更には「カウンセリングの力」を信頼して
「心理カウンセリング」を啓蒙して行こうとする者にとって、
決して望ましい土壌であるとは言い難いと感じています。
当、東中国カウンセリングセンターでは、
地方に学ぶ人たちにとって、クオリティが高いだけでなく、
実際に現場で活用するに実践性のある理論とアプローチの
セミナーを20年来一貫させて実施しています。
時代と共に、クライアントの抱える問題、その傾向性、
表面化する具体例は変化し続けています。

しかし、
カウンセラーと名乗るその人が、
如何に理論を学ぼうとも、それを活用する自分自身が、
自己探索することなく、
瞬時の自我状態に自己一致の気づきを持ち得なければ、
クライアントとの関係性は一気に凍りつき、
関係性は、カウンセラーによって閉ざされることとなります。

信頼のおける仲間の中に身を置いて、仲間と共に研鑽を続ける時、
それは、
何よりも自分自身が、深く自己探究の気づきを重ねて行けるのであろうと
私としては受け止めています。
今年も、当センターでは、
ただ単にカウンセラーとしてだけではなく、
「自分」という一人の人間の生き方、命の使い方を、
学び、考え、語り合いながら、
『自分の人生を自ら創り上げていく生き方』のために、
様々な講座を展開させて行きます。

混乱の多い時代に在って、是非、ご一緒に、学び合って参りましょう。
分かりにくい事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  ㈱ 東中国カウンセリングセンター : 馬屋原 眞美子
069.gif 069.gif 069.gif 069.gif 069.gif069.gif 069.gif 069.gif 069.gif 069.gif069.gif 069.gif 069.gif 069.gif 069.gif
[PR]
by h-c-c | 2015-01-05 18:43 | Comments(0)
ありがとう。。。そして さようなら。。。の 2014年は、
  私にとって、慌ただしくも充実した激動の一年でした。
2014年は、
年の始めから、何度も打ち合わせをし、材料を選び、
予算と頭を突き合わせながら、
5月に入ってからビルの改造、リフォーム作業に取り組みました。
引っ越し作業は、殊の外、時間と体力を要しました。
その間、認知症の母との関わりは目が離せない分、大変で、
デイサービス、ショートステイなどで、
たくさんのヘルパーさんたちの助けを頂きました。

6月には、ふくやま市立美術館で私のコレクションを含め、
私が長い年月をかけて応援し続けていた杉原清司先生の作品展が
3ヵ月のロングランで企画展覧会として開催されました。

そして、何と言っても、6月には三男が結婚式を挙げました。

8月には、父の七回忌法要を行いました。

仕事はお陰さまで、益々受注、依頼も増えて来ています。

暮れの年越しは、
家族も増えて賑やかな楽しい内に過ごすことが出来ました。
母も嬉しかったのでしょう。。。お酒を飲み過ぎて酔っ払っていました。

何だかんだで迎えた2015年。
三箇日を終えて、つい先程、おせち料理のお重箱を洗いました。
黒塗り金蒔絵のお重箱を痛めないように、
注意深く丁寧に洗って、拭いていると、
なんだか、フト・・・ほんのり・・・心が温かくなってきました。
忙しいけれど、慌ただしいけれど、こうした何気ない毎日が幸せなんだな~って。
そして、後何回、こうしておせち料理の片づけが出来るんだろう???って。

リフォームで広々としたキッチンでの料理作業は、とっても楽しい。
リビングの皆とも、お喋りしながらワイワイ言いながら。

重ねて来たこれまでの歳を丁寧に噛みしめながら、
今年はゆっくりゆっくり・・・、内に蓄えたものをお返ししながら
生きて行こうと考えています。

年々歳々・・・時は巡ります。
巡る年に出逢えているこの喜びは、当たり前のことじゃなくて、
実は本当に奇蹟的で、有り難い事に違いないんです。
だから、今年も大事に大事に生きて行こうと考えています。


今後とも、相変わらずのご指導を宜しくお願い申しあげます。

皆様にとって2015年が、意味深い充実の一年となりますよう、
心からお祈り申しあげます。      2015.1.4.

[PR]
by h-c-c | 2015-01-04 23:21 | Comments(0)

新年を迎えました

・・・・・ 新しい年の始まりです ・・・・・

いよいよ 2015年・・・新しい年を迎えました

  今年も よろしくお 願い致します


      平成27年 元旦

b0122085_9353196.jpg
[PR]
by h-c-c | 2015-01-01 09:35 | Comments(0)

HCC Community Space


by h-c-c