<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

暦の上で移り行く「立秋」から「処暑」

何時の頃からだろうか。。。
天気予報の気圧前線を、
こんなにも注意深く意識しなければならなくなったのは。。。
自然の脅威に怯え、自然の変動をいち早くキャッチしたいと、
様々に開発を進める科学技術…テクノロジー。
その結果、更に進む自然破壊。
留まることのない進化開発を追い求める動物としての人間が、
その裏面で退化させて行く生き物としての五感機能、危機察知能力。

無常な自然からの事故は連日のように後を絶たない。
・・・・・
それでも、時は流れ、雲の合間から眩しい太陽は顔を見せた。
あれ程荒れ狂った自然の猛威も、今はその姿を静かに治めている。
・・・・・
緩やかに静かに移り行く季節、
流れゆく時を、五感で豊かに味わうことを、
祖先から受け継いできた私たち日本人は、
それを立証するかのように「季語」を持っている。
「二十四節季」の細やかさは美しい。
まだまだ暑さのど真ん中に居る頃、暦の上では、「立秋」の声を聞く。
その次に訪れるのが「処暑」。
今日が、その処暑に当たる日だが、「処暑」の声を聞く頃になると、
五感の上からも、秋に背中を叩かれる感覚を覚える。

「処暑の候」…と言う言葉自体には、
馴染みの薄い方も多いかもしれないが、
私たちは、多くを何気に使っている。
「残暑も日ごとに和らいで・・・」とか、
「朝晩は少し肌寒く感じますね・・・」とか、
「秋刀魚の味が恋しくなりました・・・」とか、
季節の変化と、自然の景色の移り行きは、
そのまま五感を刺激し、夏に疲れた体調に、
秋の味覚から体調調整を促してくれる。

異変し続ける地球規模の変動の流れを、
急激に止めることは出来ないかもしれないが、
せめて五感を豊かな感覚機能に。。。取り戻す。
五感がキャッチする「外界」と「自分」との正直な感覚を味わう、信じる。

ヒトはまず、動物としての率直な自分の能力を、
今一度、大切な能力として取り戻さなければ、
天気予報図や、ネット情報にばかり目を凝らしていても、
肝心な「身」「命」は、守りきれない。。。

「処暑」の今日、そんな事を考えている。
[PR]

by h-c-c | 2014-08-23 06:51 | Comments(0)  

飛び立つ場と戻れる場

科学は益々進化(?)する。
もはや、宇宙飛行士として特別な訓練を受けなくても、
一般人が、宇宙船に乗って地球を飛び立てる日は夢でなくなった。
今居るここから旅立ちたい。。。
飛び出して自由に羽ばたいてみたい。。。
こんなところから逃げ出したい。。。
・・・・・
そう。。。、人は時々、、、そう思う。。。
地球を飛び立つ宇宙飛行士は、安心して戻れる地球が在ればこそ。
長旅の旅行に出かけたとしても、戻ってくつろげる自宅が在るから。
飛び立つ場が、安心して踏み切れる場であることが、
私たちを次の一歩に向かわせてくれる。

宇宙に飛び出したはいいが、戻れるはずの地球が無かったとしたら、、、。
旅行に出てはみたものの、
戻って行けるはずの自分の住処が無かったとしたら、、、。

外にばかり目を向けて、
進歩ばかりを追いかけて、
肝心な足元が疎かになってしまうと、
地球だって、いつまでも今のような安心した星ではなくなってしまう。

自分の住処の小さな足元、、、家庭、、、家族、、、。
ご近所さんとの小さなコミュニティ、、、。
住み慣れた地域、、、。
国、地球、、、。
・・・・・
私たちが、大事にしなければならないものって、
本当に大事なものって、、、あなたは、何だとお考えですか?

安心して飛び立つ場は、安心して戻れる場でもあるはずですよね。

幾ら経済発展したって、自国には住めない、住みたくない、と言って、
海外に土地を買い込んで移住をもくろむ一部の中国人たち。
自分たちは、絶対に食べない!
と言うような物を平気で海外輸出する中国人の在りよう、、、。
これって、どういう事なんでしょうか???
結局のところ、全ては自分自身に戻ってくる事なのに。。。
[PR]

by h-c-c | 2014-08-22 11:02 | Comments(0)  

皆さま・・・お変わりございませんか?

今年の夏季休暇は、休む間もなく終了してしまった感じです。
・・・042.gif・・・
何と言っても暑かった。
雨も降ったし、雷も鳴った。
ここ近年、
毎年のように大雨被害が広がる日本の国は、
もはや、
四季の移り変わりを楽しみ、味わう余裕の無い国になって行くのか。

今年は、父の七回忌法要を行った。
この日は、かろうじて雨の切れ間で、墓前供養も出来た。
真っ直ぐで、責任感の強かった父の気質は、
そのまま私が受け継いでいる。

夏祭りも、花火大会も、ここ福山では、華やかに実施された。

一方で、
連日報じられるニュースからの情報は、
目や耳を覆いたくなるような悲惨で信じがたい現実が映し出される。

ヒトは、
人間は、
どっちに向かって進んで行こうとしているのだろう???

愚かに思えて仕方ない。
哀しみを抱き、切ない思いをぬぐえないまま、
明日から、また、仕事に励もう!!!

皆様も、どうぞ、お元気で・・・、
近づく秋を心待ちに、今年の後半を乗り切って行きましょう・・・。
[PR]

by h-c-c | 2014-08-18 18:08 | Comments(0)  

NHK思い出のメロディ―

今日は、思い切って当センター主催の講座を休講にして正解でした。
JR山陽線は、台風の影響で樹木倒壊のため、一部で運休しました。

台風11号情報を見ようと、NHKにセットしたら、
思い出のメロディーとして、懐かしい曲が聴こえて来ました。
おばあちゃんも、一生懸命口を合わせて歌っています。

司会のきみまろさんが、
「50年前…半世紀前の歌の数々です・・・。」と、アナウンスしています。
・・・・・・
私も歳をとったものです。
どの曲も耳にした記憶が、はっきりとあります。
しみじみと、時代の流れを重ねながら曲に聴き入っています。

今のところ、まだ、ここ福山には、それ程の暴風雨は感じられません。

それにしても、どうして懐かしい曲というものは、
こうも人の心を揺さぶるのでしょうか。
聴いているだけで懐かしさに熱いものが込み上げてくるのを
止められないままに、
静かで穏やかな、良い時間を過ごしています。
[PR]

by h-c-c | 2014-08-09 21:04 | Comments(0)  

天気予報を信じて休講!します

久々のコミュニティに、講座関連の連絡事項を載せることをお許しください。

大型台風11号が中国地方に接近中とのこと。
明日(8/9)の日中は、何とかやり過ごせそうだとしても、
夕方からが厳しくなりそうです。
定例の「実力あるカウンセラー育成講座」には、
広島県内の広範囲からご参加をいただいています。
山口県から毎月通ってくださっている方もありますし、
県外は岡山からのご参加の方もいらっしゃいます。
明日夕方の帰宅が困難になっては困ります。

従って、,,,,,ここは、まず、
何度も繰り返して注意を促してくれている天気予報を信じて、
明日八月九日の講座をお休みする事に決定しました。
既に個人宛に休講のお知らせを、
ご連絡させて頂いていることとは思いますが、
重ねてお知らせいたします。

台風の所為で、休講なんてことは、
20年来連続させている本講座開始以来初めてのことですが、
大事を取ろうと考え、決定いたしました。

変更日時は、決まり次第、後日改めてお知らせいたします。

くれぐれも、皆様、お大事に・・・。
[PR]

by h-c-c | 2014-08-08 21:10 | Comments(2)