ブログトップ

HCC コミュニティ ひろば

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

福山NLP学習会

2006年から継続しているNLP学習会。
毎月第4木曜日の夜7:00~。
今夜は、じっくりととても深まる学習会でした。
久々に、
静かな・・・、それでいて意義深い気づきの多い時間でした。
参加者の皆様、
お疲れ様でした。
そして、本当に良かった!!ですよね。
ありがとうございました。
[PR]
by h-c-c | 2014-02-27 21:31 | Comments(1)

しあわせは、いたる所に・・・

四年に一度の祭りも終わりました。
心配されていたテロの不安も、難なく無事に終了しました。
数々の感動を遺して、ソチは閉会しました。
閉会式でのプーチンさんの安堵感が伝わって来ました。

世界のあちこちには、不安定で危険な場が溢れています。
こんな時代に、TVからではあるけれど、
毎日毎日何らかの形でオリンピック観戦が出来たことは、
なんて幸せな生活だろう…と、感じています。

今日は休日でしたので、私は趣味の朗読の会に参加しました。
発声練習に始まり、滑舌訓練をして、、、、、
母音、格助詞の音出しに意識集中させて・・・。
・・・そんなことをしている自分のことを、
なんて幸せな時間を過ごせているんだろう・・・と、
しみじみ感じていました。

何気ないことかも知れません。
取るに足らないことかも知れません。

それでも、
この何気ない、当たり前のような毎日の中に、
「しあわせだなぁ~」って、「ありがたいなぁ~」って感じられることが、
たくさんたくさん溢れています。

しあわせは、いたるところに、実にたくさんあるんです。
今の時代、日本に暮らせている事だけでも、
まずは、しあわせ!だと言えるのではないでしょうか。

もっとも、今の調子で安倍さんたちが暴走しなければ、
の話ですが!。
[PR]
by h-c-c | 2014-02-24 21:49 | Comments(0)

命ある限り道半ば

それぞれの時に、それぞれの結果は確かに出るけれど、
決してそれが、完全なる結果ではない。

  金メダルは目標だが、
  人の心を振るわせるものは、
  金メダルだけじゃない。
  感動、感激、その記憶は、見知らぬ人の力に変わる。


何度でも、何度でも、立ち上がれ。
何度でも、何度でも、やり直せ。
諦めない限り、道は続いて行く。
生きている限り、命ある限り、
いつでも人は、道半ば。
諦めない。
自分が決めた道だ。
自分が選んだ道だ。

在りたいようにあればいい。
したいことをすればいい。
したくなければしなくてもいい。
他者のためでなく、自分のために生きろ。

確かにそれも一理ある。・・・かも知れないが・・・、

しかし、多くの人の魂を揺さぶるあの感動は、
一体何処から生れると考えるか。
それは、決して、
在りたいようにあるばかりの生き方からは生れない。

生き抜くことは、簡単じゃないが、生き抜くことは素晴らしい。
生き切ることは、何より最後、自分にOK!を必ず出せるし、
自分以外の誰かにも、必ず何かを伝え遺すこととなるに違いない。

自分だけのために生きる生き方は、薄っぺらい。
・・・私は、今、そう考えている。
[PR]
by h-c-c | 2014-02-21 21:14 | Comments(0)

オリンピックには魔物が???

あぁ~~、これがオリンピックか~・・・。
あれ程の訓練に訓練を重ね、コンディションをそこに合わせ、
何もかもを、この日の為に・・・、タダその為に。
何時間も、何日も、何年も・・・。
にも拘らず、それなのに、とんでもないアクシデントが!

時に追い風に味方されながら、時にそっぽっを向かれながら・・・。
それは、一重にオリンピックに住むという「魔物」の仕業なのか?

オリンピックに魔物が棲む・・・は、本当か?

どの国の代表選手も、その国を背負っている感がある。
これまでの過酷なトレーニングの集大成を結集させる場でもある。
確かに、それを成し得て来たのは、
紛れもなくその人本人自身ではあるが、
彼らは、異口同音に言う。
「これまで支えてくれた人たちの為に。」
「応援してくれる全ての人たちの為に。」
「自国の国旗を掲げたい。」
「一番輝くメダルを祖国に持って帰りたい。」と。

そして、カメラは執拗に彼らを追い、世界中が彼らを観る。

その重圧こそが、魔物と化す。
オリンピックに魔物が居るのではない。
たとえ、どんなに小さな場面でも、その個人が、
必要以上に緊張し、意識を過剰に高めると、その魔物は、
ただちに、その個人の中に棲みついてしまう。

緊張せずにはいられないし、
適度な緊張感が、人を成長させることは確かなことだが、
過剰な緊張感は、人を委縮させ、無意識に身体を硬直させて、
殆どの場合、良い結果には向かわない。

すべては『自分』なのだ。
どんな時でも、いつ何処ででも、見つめるべきは『自分の内側』。
これより他にはないと考えるのだが、、、、、
どうだろう???
[PR]
by h-c-c | 2014-02-18 11:11 | Comments(0)

時代、時間、・・・洪水の如く

サヨナラ・・・ジャンボ。
ボーイング747、ジャンボジェット機が、もうすぐ日本の空から消えていく。
40年前、ハワイ大学に行く時、私は初めてジャンボに乗った。
本当に大きくて、堂々としていて、
あの雄々しい様は、実にカッコ良かった。

長い滑走路。
あの大きな機体は、見送る人たちが、思わず、
「よいしょ!よいしょ!」「ガンバレ!ガンバレ!」って、声援を掛けたくなるような、
そんな光景だった。

しかし、ジャンボジェットは、今となっては大き過ぎて、燃費が悪い。
あの安定感と重厚感に守られた空の旅は、
もはや消えていく過去のものと化して行くのか…。

車でもそうだ。
昔の車は、本当に安定感があって、頑丈だった。
ボディもバンパーも今のそれらとは全然違う。
軽量化、燃費、エコ。 確かにそれも必要だが…。

流れ行く時代の波は、洪水の如く…だ。

合理性も、確かに大切な条件の一つではあるが、
・・・何だか、夢が薄っぺらくなっていく感じもする。
夢や憧れや、カッコ良さには、何処かに無駄なゆとりがある。

無駄を味わうゆとりを持ちたいものだと・・・願っている。
[PR]
by h-c-c | 2014-02-10 21:14 | Comments(0)

大雪が思いがけないプレゼントを…

地球のあちこちを悩ませて来た寒波が、
ついに日本にも押し寄せて来ました。
ここ瀬戸内沿岸も大雪、積雪。
我が家の窓から見える景色も美しい銀世界。
。。。。。
こんな寒い日、来室者も、来客も無いであろうとの
勝手な推測から、本日は緊急ながら臨時休業といたしました。
。。。。。
昨年の暮から年の始めも、ずっと多忙を極め、
特に新年早々からは、胃痙攣をおこしたり、捻挫をしたり、
挙げ句の果てには、感染性胃腸炎で一週間以上もグダグダしていました。

そんなこんなで、迎えた二月。
思いがけない大雪は、ひと時の休暇をもたらしてくれました。

今日は、こたつに当たりながら、ゆっくりほっこり、
ソチの冬季オリンピックを楽しんでいます。
普段出来ない片付けも出来そうだし・・・、
大雪がもたらしてくれた思いがけない休日の時間に感謝です。
[PR]
by h-c-c | 2014-02-08 10:59 | Comments(0)

HCC Community Space
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28