HCC コミュニティ ひろば

hcc1737.exblog.jp

HCC Community Space

<   2013年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

見えないものを見抜く力

心理カウンセラーは、
幅広く心理学を学び、それらを背景にクライアントに立ち向かう。
哲学を基盤にし、心理学で掘り下げながら、さまざまなアプローチを身に付ける。

「心理カウンセラーは、読心術を使えるのですか?」
時々、クライアントから受ける質問の一つだ。
それに関しては、
そうであるとも言えるし、そうでないとも言える。

私自身、カウンセラーとしての学びを本格的に始めて既に24年になる。
数知れぬカウンセリングを実施し、本当にたくさんの方々にお会いして来た。
この経験を、キャリアと呼ぶならば、それは私にとって確かな力となっている。
現場から学ぶ実践の力は、誤魔化しのきかないところで、実力を高めてくれる。

私は本来、美術業界に身を置いて生活し、成長して来た経緯を持つ。
取り分け古美術業界と呼ばれるものは、その真偽を常に問われ続ける。
「古美術品が何時何処で造られたものかなんて、本当に分かるのですか?」
…この問いかけに対しても、
もちろん分かります、とも言えるし、分からないものもあります、とも応える。

それがどのようなものであれ、どのような分野であれ、
完璧に分かりきることなんて、その究極を問い詰めれば、所詮『無理!』
に、決まっている。
しかし、・・・しかし、なのだ。
これが、あるところまでは分かるのだ。
だからこそ、専門職の人が鑑定すれば、同一見解が出ることとなる。
それこそが、そのことを専門職としている者の決め手であり、強みだとも言えよう。

見えないものを見抜く力は、何処で養われるのか?

これも、ひとえに、その人個人の内側に於いて以外にない。

その個人の弛まぬ謙虚な学びの姿勢と、卑しみのない、
純粋にひた向きに、その本質を知りたいと願う
対象に向けて畏敬の念を抱きつつ、
目の前のクライアントの人生に敬意を払う、
時空を超えて守り譲り受け継がれて来たその美術品に敬意を払う、
クライアントが自らの命をかけて生ききろうとする人生と、
何百年、何千年の時を超えて、寿命を持って今ここに存在する美術品は、
私にとっては、なんら変わらない。

自分の仕事が本当に好きか?
自分の仕事を愛し、惚れ込んでいるか?
自分の関わるその仕事に、使命感を持ち誇りを抱けるか?

『他人(ヒト)は、騙せても、自分は騙せない!』

いかに誠実に事に当たろうとも、到らぬことは多々ある。
幾つになっても不出来な己の未熟さは、自分自身が何より重々承知の上ながら、
それだからこそ、自分の心に恥じることなく、
決して故意に悪事を働くことなく、
見えないとされる物を見抜く力を、今より少しでもこの身に付けるべく
努力精進してきたい。と、いつもいつも願っている。
それこそが、私の生きる道だと信じている。


HCC:眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-05-29 20:21 | Comments(0)
時々刻々、一瞬たりとも時は止まない。
流れているのか、流されているのか。
百年と言う時間も、よくよく考えてみると長いようで短い。

日本人に識字が定着してまだ日は浅い。
戦後の義務教育徹底化がもたらした、大きな功績だと言えよう。
学問を求め、知を渇望した向上心ある者たちが、
文字を写し、ろうそくの灯りで勉学に勤しんだ幕末明治、
師を求め、新しい知識、情報を手に入れるために孤軍奮闘したあの頃。

今はどうだ。
欲しくもないのに情報が押し寄せてくる。
耳をふさいでも、これでもか!と云わんばかりに、
真偽の定かもつかぬままに、情報ばかりが氾濫する。

今、必要な力は、
情報収集力ではなく、
排除し、切り捨て、削除して行く力かもしれない。
要らないものは受け取らない。
惑わされない。
混乱し、アタフタして右往左往しない。

「・・・、そして、私はこう考える。」
「だから、私の考えはこうだ。」
「・・・、しかし、私はこう考える。」
という自分自身の信念だけは外してはならない。

自分の信念、価値観、自分自身の背骨になる根幹の考え方。
これがあってこその自分なのだから。

さらに重ねて言うならば、その自身の信念や考え方は、
数知れぬ学びと勉学の上に成り立ち、
多様な本物の知識によって組み耕された土壌があってのこととなる。

独りよがりの信念は、何よりも自身を混乱の渦に陥れ、
悩みや葛藤の種となる。

信頼に値する「自分」を創ることは、この上なく難しい。
[PR]
by h-c-c | 2013-05-28 17:20 | Comments(0)
 058.gif 056.gif おはようございます 056.gif 058.gif
 001.gif 001.gif まだ、間に合いますよ!001.gif 001.gif

何が?って、・・・・・
・・・今日は、私がお稽古している朗読会の発表会です(ゲヘッ?!?)

「五月色(いついろづき)の朗読会」、午後2時から開始です。
休憩をはさんでも2時間ほどの短い朗読の会です。
入場料は無料です。
お茶もご用意いたしております。
会場は、
当東中国カウンセリングセンター1F.の
ギャラリー スペース甦謳る(SOUL)です。
50人ほどで満席になる小さな会場ですが、
毎回大勢の方にお運びいただき楽しんで頂いています。

今からなら、お近くの方であれば十分間に合いますので、
時間が許せば是非、会場までお越しください。
私は、まだお稽古始をめて半年足らずの未熟者ですが、
他の方々の中には、10年選手の84歳の大先輩もいらっしゃいます。

朗読から広がるあなただけの世界を見つけに、
夏の始まる前のひと時、
異次元世界の空間に身を置いて、少し心を休ませてみられませんか。

謹んで ご案内 申しあげます。


HCC:馬屋原 眞美子 < 朗読名 : 真 里亜 (シン リーア) >
[PR]
by h-c-c | 2013-05-26 07:45 | Comments(2)
美輪明宏氏演じる「黒トカゲ」は、圧巻でした。

前列5列目の席は、生々しくステージの世界を伝え切ります。

熱い感動を胸に、心の中で何度も何度も
「ありがとう!」を叫びながら、スタンディング・オヴェーションをする
私の身体全身を言葉にならないものが清らかに流れて行きました。

バーチャル、デジタル、クリック・オン・オフ、。。。
やはり、そんなんじゃダメなんですよ。
人の心を揺さぶるもの、人の心にしみじみと沁み入るものは、
アナログじゃなきゃ無理なんですよね。

それは丁度、文章の行間を読み取るように、
・・・・・の世界を各自がそれぞれに垣間見るように、
・・・そうなんです、それは、言葉を超え、台詞(セリフ)を超えて、
その人の立ち振る舞いに見せる「非言語」の部分にこそ力が宿っているのです。

その当の本人が、生きてきた分だけ、
それは時間や量ではなく、質として、どのような生き方をしたのかに掛かっています。

ストーリーとしては、逆転、逆転、また逆転で、
結局の処、人間が決めた正義とか悪は、その視点が変わると、
いともた易く入れ替わってしまうと言うことです。
孤高の人生を自ら貫く「黒トカゲ」の、
哀しいほどに美しい生きざまは、死にざまとなって、
よりリアルに「人として生きること」の「生き方」の本質を問いかけてきます。

逆説的に言うとすれば、
魂に伝えようとする時には、非言語による力の方が、
言葉なんかよりも圧倒的に大きいと言うことです。

そして人は、これを「オ―ラ」と、呼んでいるのかもしれません。

素晴らしい素敵な時間が持てたことに、心から感謝いたします。
本当に、ありがとうございました。


馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-05-25 21:26 | Comments(0)
昇(上)ったら 降(下)る、三浦さんのエベレスト登頂だって、
スカイツリーのエレベーターだって、・・・何だって同じ。
上がったものは、いつかは下がる。
下がってしまえば、また上がる。
そんなこと、何だって、どんなことだって同じ原理なのに。

市場大荒れ。
東証13年振りの下げ幅で急落1143円安、だって。
だから、素人が浮かれて手出しちゃいけないんだって!
専門家とか言われる人たちが、何だかんだ言ってるけど、
そんなコト、誰にも分かるはずないんだから。
経済は、生き物なんだし、生き物って急に動きを変えるものだから。

自然観測にどれ程の予算を割いても、
地震予測をどんなに研究しても、
相手は自然だよ! 
的中なんて、まずあり得ない。
自然、それ自体だってある意味生き物なんだから、
いつ、どこで、次はどの手で仕掛けてくるかなんて、
予測通りにはいかない。
ただ、
どんな嵐も必ず止むし、晴れが続いたら雨も降る。
地震は恐ろしいけど、揺れがいつまでも続く訳でもない。
まして株なんか。。。。。
上がりっぱなしのはずがない。

経済界に対しては特に、
間で人工的に不用意なテコ入れなんかするもんだから、
生き物は余計に突拍子もない動きをしてしまう。
しかも、それが、今や、世界連動だ。
政治が、いつまでもグジャグジャ国境争いしてる間にも、
経済は、そんなものとっくに飛び越えて、勝手気ままに走り回ってる。

先の日本だけのバブルとは、わけが違う!

だからね、兎に角、自分の身は自分で守る!
耳に聞こえの良いことに浮かれて流されて、後で泣くことのないように。

何もかもが、ある意味、当たり前に起きているだけなんだから。
一喜一憂してる場合じゃないんですよ!
ホントに。

ではでは・・・、
私は、今日、これから、大阪へ「黒トカゲ 」を楽しみに出掛けて来ます。


眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-05-24 08:01 | Comments(2)
人は、自分の中に有る「何モノ」かに反応する。
決して、外界からの刺激に因ってのみ反応が生じる訳ではない。
その人自身が抱えているもの、
その日その時の体調、コンディション、
その人自身が後ろめたく感じている内的思考、
劣等感、コンプレックス、プライド。
それ等のいずれもが、
その人自身の感情のピンポイントに触れると、
人は一気にその感情を露わにする。

今朝もそんな出来事に遭遇して、
人って本当に正直な生き物だな・・・と思った。

隠せない、隠しきれないのだ。
卑しさを抱えている人、ずるさを抱えている人は、
幾ら上品そうに振る舞っても、
他の人には何でもない話にも関わらず、
多くの人たちが自然に流せる話なのに、
その人にとっては、
全身のあちこちに動揺が走り、
最終的には目を吊り上げて、怒りを振りまく。

その人の内に在る「何モノ」か「その正体」を、
その人自身は知っているはずなのだろうが、
そこに触れられたことによる見透かされた感と、動揺が、
本人の安定さを欠き、動揺の果てに怒りとなって周囲へ当り散らし始める。

始めっから、もっと正直に生きて行けばいいのに。。。。。
オープンに、シンプルに人付き合いをしていないと、
本当にホント、独りぽっちになってしまうよ。。。。。
人は、信じるに値する人もたくさん居るから・・・。
そんなに身構えてばかりいないで。

自分が、ヘンなコトばかりして、
自分みたいな信じられない人間ばかりだと思い始めるくらい
淋しくて、哀しい人生はないよ。

正直に! ねっ! ・・・正直に・・・。
[PR]
by h-c-c | 2013-05-23 14:10 | Comments(0)
立ち向かう、ぶつかる、衝突する、は、何も外に向かってだけじゃない。

まずは、自分自身の内に向かってこそ、その開始を!b0122085_225849100.jpg

自分の中に確かに有るチョコッと厄介なもの。
出来れば無いことにしたいような事。
見ないで済むなら見ずにやり過ごしたいようなもの。
それでも、やっぱり有る「在る」自分自身の課題。

これこそに、ビッグバン!を!!

優しく丁寧に自分の声を聴きながら・・・、

自分を愛すればこそ、愛すべき自分だからこそ、
中途半端な甘やかしが、長期にわたって自分自身を苦しめる。

だからこそ、

自分の課題に 「今こそ ビッグバン!!  今でしょ!今!」

[PR]
by h-c-c | 2013-05-22 22:47 | Comments(0)
宇宙の進化だって、その始まりはビッグバンからとされている。

「穏便に」「波風立てずに」「事を荒立てないで」・・・
・・・なんて言って、
見て見ぬふりして、有ることなのに無いことにして。
そんな風にして時間をやり過ごしても、
そんなところからは、何にも始まらない。

ぶつかること、衝突することは、
心地いいことじゃないかもしれないけれど、
ぶつかって、爆発して、ビッグバン!
そこから生れて来ることは、きっとある。。。はず。

臭いものに蓋をして、隠してばかりいたんじゃ、
大事なことは始まらない。

だって、有るものは有るんだもの。
起こっている事は、事実そこに有るんだから。
無いことになんて出来っこない。

事態に対し、誠実に立ち向かう勇気を!

ビッグバンから生れることは宇宙の常、法則なんだから。

新しい次の何かが、きっと生まれることを信じて、
ぶつかっても、衝突しても逃げない姿勢こそを、
宇宙が教えてくれていることじゃないのかと・・・
そんな気がしている。
[PR]
by h-c-c | 2013-05-21 23:07 | Comments(0)
景気の気は、気分の気・・・とは言うけれど・・・。
大丈夫? ホントに!?!
GDP伸び率。
円安。 
株高。
アベノミクス、本当にあなたの足元に届いていますか?

勿論、経済が活性化することは悪いことじゃない。
何とはなしに、どんよりと重苦しい不景気風の中に沈み、
停滞して澱んだままでいるよりは、
少しずつでも流れ始め、動き始めれば、
確かに風通しも良くなり軽やかな気分には、なる。

しかし、しかし、だ。
踊らされないで、自分の身は守ってね。
為替利益が優先してるだけで、実質経済は、まだまだなんだから。

好きで踊るのなら良いですけど・・・、
雰囲気で踊らされて、後で泣かないでね。
私は、先のバブル崩壊で、人生設計を棒に振ってしまった人を
本当にたくさん、たくさん、たくさん見て来た。
銀座でもたくさんのギャラリーが倒産し、店を閉めた。
代々続く老舗でさえ、安易な投資借り入れで、
銀行からの強硬な返済要求が始まると一気にその影を潜めた。
会社が倒産すると言うことは、そこに関わる多くの人の人生が、
それに巻き込まれることとなる。
経営者の責任は重い。

ダメだよ。
自分を大切にしなきゃ。
豊かさの本質は、お金や物品、派手な浪費じゃないんだから。
自分の内側を、自分の愛で満たすことこそが、
何よりの成長戦略なんだから。
[PR]
by h-c-c | 2013-05-16 19:35 | Comments(0)
仕事は他者のために、誰かに喜んでもらってこそ価値がある。
仕事の評価は、
自分の手を離れて後、それを受けた他者であるその人たちが答えを出す。
・・・と言う・・・これは、仕事に対する私の考え方だ。

他人の評価を気にしたり、評価を得るために仕事をする訳ではないが、
仕事とは、
自分の手を離れて後、それはもしかしたら何年か後かもしれないが、
その結果は、必ず誰かに影響を及ぼすこととなる。
だからこそ、丁寧に誠実に仕事をしなければならないと、
常々自分に言い聞かせている。

そして、仕事は時代とともに存在価値を問われ、変容する。
日本の家電のど真ん中で、日本中の人々を潤して来た電機業界は、
今、大きな大きな舵取りを余儀なくされている。

さらに近年、
今までは考えられなかったような業界が静かに伸びて来ているとか・・・。
その中の一つに、遺留品整理の仕事があることを知った。

私の友人のお子さんが、その仕事に使命感を感じると言って、
昨年まで勤めていた大企業を辞めたことを先日聞いた。
彼女は困惑していたが、当の息子さんは、生き生きとしていた。
人生の終焉を
誰にも看取られることなく亡くなった故人の遺留品の整理をする中で、
「生きること」「生きて行くこと」「自分の人生」「人間存在の意味」を、
いつもいつも謙虚に考えるようになったと、彼は語った。

  。 。 。 。 。

進学校でも、進学塾でも、はたまた有名大学でも学べなかったこと、
座学や机上ではない、書物からの理論ではない、
生々しく、有無を言わせず突きつけて来る現実を前にする時、
「僕は今、自分の内側で何かが起こり始め、
  自分が本当の意味で成長している事が分かるんです。」と、
                    誇らしげに、私に語ってくれました。

彼はまだ20代。
物質的な豊かさを昇りつめたこの国に於いて、
これからの日本、
就労に対する若者の意識は確実に変わりつつあることを感じます。
[PR]
by h-c-c | 2013-05-15 19:32 | Comments(0)

HCC Community Space


by h-c-c