ブログトップ

HCC コミュニティ ひろば

<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

バランス感覚とゲシュタルト本能

この世の生きとし生けるものは、大きな摂理の枠組みの中で、
知ってか知らずか、
そこにそのゲシュタルトとして全体性、統合性としての
・・・・・バランス感覚・・・、
・・・要は・・・、
均衡や公平感覚を求めるように創られているような気がする。
そして、
これが性善説に立つならば、それは時として、
ある種の「正義感覚」として動き始める。。。のでは・・・
・・・ないかだろうかと・・・考えたりもしている。
。。。。。・・・・・・。???・・・・・。

違っているかもしれない。

偏った穿った考え方かもしれない・・・、が、
私は今、そんなふうに考え、チョッと嬉しく感じている。

『一票の格差』に関する一件だ。
一票の格差について論が成され始めてから相当な時間が経過している。
にも拘らず・・・!だ。
そうした中、
ついに広島高裁が大きな一石を投じた、この行為こそは、
矛盾と怠慢に対して、更には不平等感と全体性の歪みに対して、
人間感情(精神)の根底から
沸々と湧き上がって来るところの「ゲシュタルト本能」と
云えるかも知れない「正義感」によるものではないだろうか?
と、私としては、捉えているからだ。

国民を馬鹿にするのもほどがあるゾ!!
司法をナメてんじゃねーぞ!!と。

三権分立、権力分立を謳う我が日本国において、
バランス、公平感、全体性の歪みにモノ申した訳である。

桜の開花を前にして、
せめて花見の終わるまで
風は穏やかであって欲しいと願う一方で、
春闘をも蹴散らす意識的嵐の如き今回の広島高裁の姿勢には、
私は拍手喝采と、心からのエールを送りたい。

個人の中でも、家族間でも、地域・社会・国家においてでも、
生きとし生けるものは、
本能的にそのバランス、ゲシュタルトの公平感を求めて動くように
創られているのではないかと、
・・・んんん・・・、しみじみ~~~と、感じている次第である。


HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-03-28 08:04 | Comments(0)

「気づき」は大切に扱う

カウンセリングの場面での「気づき」は、
どんなものであれ大切に扱う。

なぜか?????

なぜなら、それこそは、その人とっての
大事な大事な一部であるからです。

その気づいた部分は、本来元々在ったものであり、
「気づいた」そのものは、
どんなものであれ、必ずその人にとっての
大切な力になるからです。

カウンセリングを実施する背景には、
無数の心理学理論が支えとなっています。

人間の心の中に在るもの、精神の底に見え隠れするものは、
その人にとっては、すべてが、その人のものであり、
その人が、その人として人生を生ききる上で、
必要な力と成り得るものなのです。

しかし、多くの人は異口同音のように語ります。
「自分を知るのが怖い。」
「自分の中を見て行く自信がない。」と。
そんなことは、決してありません。

どんな人の心の奥も、
その底の底は、
本当に素晴らしいものに満ち溢れているからです。

怖がらないで、自分のカウンセリングに、
自分自身の自己探究に取り組んでみてください。

私たちは、そのお手伝いをしています。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-03-26 20:37 | Comments(0)

「気づき」を「智慧」に!

我が国ニッポンの様々な行事は、
なぜだか四月を開始時期としています。

当HCC東中国カウンセリングセンターにおいても、
四月から、いよいよ、
新しいプログラムのスタートが切られます。

今年度の育成講座は、18期を迎えるに到りました。
今年度は、私自身が長年学びの中枢においてきたところの、
仏教学から「十二因縁」「心の三毒」の考え方を、
「発達心理学」と「無意識の構造」とに絡ませながら進めて行きます。

自我構造に潜む生育環境、中でもそれに大きく関わる「家族」。
有意識の限界に挑む時、
無意識の力を何よりの拠り所として生きることの意味を知ること。

全ての苦悩が、無知より始まるとする十二因縁の教えを基に、
無明からの脱却の為に、まずは、正しい「知識」を学び得ること。
現代人が好む情報ではなく、
正しい「知識」を学問として学び続けること。

個人の請け負う悩みは、
個人の精神的成熟度に大きく影響を受けるとする考え方。


苦悩の殆どは、愚かであることに由来します。
知識を智慧に換えるまでに精進することは、
人によっては、並大抵ではないかも知れません。

しかし、そこで大きな手助けとなるのが、
「カウンセリング」の様々な理論、アプローチで言うところの、
「気づき」です。
b0122085_10365971.jpgこの「気づき」の深さ、質。
そうです、
どんなものでも
そのクオリティが重要。

そして、気づいた
その「気づき」を流さない。
有意識に拾い上げ、
自身の智慧に組み込ませる。

当センターHPの【最新ニュース】【年間予定】から、
あなたご自身の日程調整に合せて、
是非とも今年度ご用意させて頂いています
いろいろな学習会にご参加ください。

出席いただいた方々に
きっと、喜んで頂けるようにと、
豊かな内容を盛りだくさんに工夫しています。
新年度、気持ちを入れ替えて、研修精進を楽しみませんか?

疑問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-03-25 10:06 | Comments(0)

呼び名は大事

名前は大事。
名前で呼び合う時、名前はそれなりの仕事をする。
と、感じている私としては、

だから・・・、呼び名を変えて欲しい。

例えば、あの「天下り」。
あんなものは、天下りでも何でもなくて、「渡りのタカリ」。

夜な夜な人目を忍んでチョロチョロ他人の嫌がることをする
「暴走族」は、「ブンブンゴキブリ」。

北朝鮮の「瀬戸際外交」は、
「脅しの恐喝外交」または、「嫌がらせ挑発のカツ上げ外交」。

その名を少しでも恥ずかしいと感じれば、
ちぃったぁ、行動を改めるんじゃないかな・・・、
なんて、甘い考えをしてるのは、
私だけでしょうか???

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-03-23 19:21 | Comments(0)

何処に行ったの? 春霞

春の夜、ほのかに霞む「おぼろ月」。
菜の花畑に春霞。
山々を霞める春の柔らかなのどけさ。
b0122085_23345715.png
四季を愉しみ、四季を愛でる豊かな言葉や表現は、
この国に古くから語り伝わって来たものであるはずなのだが・・・。

ここ近年の報道は如何なものか?
「春霞」などと、のどかなことも言ってはおれず、
それは、霞みではなく、
黄砂であり、砂煙であり、それに混ざるPM2,5だ。

b0122085_23321168.pngナント、まぁ、世知辛いこと。
もはや、
この国にも、春は曙、春霞、、、なんて、
こんな情緒あるほのぼのさは、
無くなってしまったのだろうか。
。。。。。。

兎に角、マスクだ。
外出時には、マスク!
春には、マスク!
マスク! マスク! 
・・・こればっかり・・・。

あ”あ”あ”あ”~~~!厭だねぇ~~!
[PR]
by h-c-c | 2013-03-20 23:21 | Comments(0)

ただ一筋に・・・専門性をもって・・・

どんなものでも、極めようとする姿勢の前に、
その対象となるものは、
とてつもなく奥深く、
逆にまた、
高くそびえ立つ峰のような壁に感じることは、
珍しいことではありません。

取っ掛かりの始めの頃には、
簡単に思えることも、
容易いと感じることも、
しかし、
いざ、実際に取り組み始めてみると、
それらは、実は、どこまでも奥深く、終点は見えても来ません。

b0122085_2034835.jpgだからこそ、
自分が取り組んでいるこの世界は、
魅惑的で神秘に満ち、
面白くもある訳です。

何を言っているのか・・・、
『傾聴』です。
・・・『傾聴』・・・のことです。


『傾聴』は、繋がって行く為の重要な行為の一つです。

それは、
語り手に対しては、
語り手である他者との繋がりにもなるでしょうが、
『傾聴』は、
何と言っても、自分自身と繋がって行くために
一番初めで、しかも最も大切なスキルなのです。

自分自身の感情を、受容して、
思考や自我の邪魔を取っ払って、
自分に共感出来ていますか?
自分の感覚を受容して、傾聴してあげていますか?
これが出来ない限り、
自分で、自分を寸断させてしまうことになりますから、
到底、自分を『傾聴』することなんて、出来ない訳です。

ただただ一途に進む道は、
一見途方もなく果てしない道ですが、
専門性を持って歩む道は、
それが、どんな道であれ、そうしたものではないでしょうか。

それにしては、
この道は、人生そのものを極めて行こうとする
崇高で、この上なく面白く魅力溢れる道だろうと、
私は感じながら歩いている真っ最中です。


馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-03-18 20:20 | Comments(0)

桜派?ですか…それとも、梅派?

今年もそろそろ桜前線の聞かれる頃となりました。

好きですよねぇ~、桜、お花見。
これって、
今や、日本人に限らず、
世界各地でも愉しまれてる光景だとか・・・。

b0122085_1953048.jpg
ところで、
あなたは、
桜がお好き?
それとも、梅?

先日、私は連れ合いと二人で二日間、
ゆっくり、のんびり旅を楽しみました。
折も折、今は梅の花が咲き誇り、
あちこちで美しく芳しいさまざまな梅の花を愛でました。

その時、彼が、「葉隠」の話題を持ち出し、
それなりに、しこたま語り合ったその挙句に、
彼曰く、
「僕は梅の方が、好きだな・・・。」
「咲いて、萎(しお)れて、腐りかけ、朽ちて真黒になっても、
なを、
枝にしがみ付いている梅が好きだ!」って、言いました。

私は、「へぇぇ~~・・・。。。」って、思いました。
[PR]
by h-c-c | 2013-03-15 16:50 | Comments(0)

両輪の歩調を合わせて

人生は体験。
カウンセリングも体験は大事。
それを受けてか、
あそこでも、ここでも、体験重視のワークショップの花盛り。
でもね、
「知的」学習も大事なんだよ。
理論を押さえ、その体験の背景を知るためには、
知的な学習は避けて通れない。
体験だけじゃ、行き詰るんだよ。
堂々巡りになっちゃって、次に向かって這いあがれなくなる。
だから、
お勉強もしましょうね。
b0122085_16312134.jpg継続的な学習が、
生きる力、人生力を高めてくれるから。
生きることが、生きている事が、
色々分かり始めると、
ホントに楽しくなって来るから。

「知的学習」と「実践行動体験」の
両輪のバランスが取れている事!
ここ、とっても大事!
じゃあ、それは、いつ学ぶの?
「今」。
「今でしょ!」。 「いま !! 」


馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-03-13 16:37 | Comments(0)

新たな仲間が増える歓び

「カウンセリング」「心理学」を学ぶ仲間が増えつつある。
とっても嬉しい。
自分の心に、自分の気持ちに、欲求に、正直になりましょう。

「気」のエネルギーを、
素直に正直に流して行けば、
自然に幸せになれるし、健康も取り戻せる。

自分勝手な思い込みや、歪んだ自我で、
ああだこうだと考えあぐねても、何にも生まれては来ないから。

自分の気持ちが欲することを、素直に聴きとめてあげる。
そして、
それに従って行動する。

これが、一番の近道。

ハッピーの芽は、
あなたの「素直」の中にもう既に在るのですから・・・。
[PR]
by h-c-c | 2013-03-12 16:45 | Comments(0)

東日本復興支援活動の三日間

3月9日、チャリティライブ、コンサートに始まり、
3月10日は、早朝より地域を挙げての防災訓練。
隣近所のお宅に呼びかけながら、避難場所まで・・・。
驚いたのは、
避難場所に集まった多くの人が、老人であったこと。
若い人の参加が少ないことは、残念だったし、正直少し呆れた。

西日本のこの辺りは、大丈夫だろうと言う、
根拠のない鈍感さには、ホント、呆れ果てる。
阪神淡路大震災、この度の東北被災地、
それぞれの現場に入り、
お手伝いをさせて頂いて来た私としては、
この辺りの人の危機管理の薄さに、若干の腹立たしさえ覚えた。

商店街に並ぶチャリティバザーでは、
売上金が、東北被災地へ義援金として送られる。

3月11日は、原発反対の集会とデモ。
この三日間は、『忘れない』と『これから・・・』を
考え、行動する、大事な大事な時間だった。

私の住む広島県は、
世界にヒロシマとして伝わっている。
世界で唯一、故意による人為の被爆を受けたヒロシマとナガサキ。
多くの人は、同じ日本人でありながらも、他人事みたいな感覚だった。
東北被災地が、ヒロシマ、ナガサキのように、
忘れてしまわれないように・・・。

私は、忘れない。
そして、
私は、諦めない。
[PR]
by h-c-c | 2013-03-11 20:19 | Comments(2)

HCC Community Space