<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

事故と事件

毎日毎日事故も事件も後を絶たない。
世界中で、国内で、押しつぶされるように消されてしまう命。
エジプト、ルクソールでの気球墜落事故。
私も、いつかは乗ってみたいと思っていた気球。
気球の上から眺める遺跡は感動の旅だったに違いないのに。
一瞬にして!・・・怖かっただろう。

大阪で住民登録上は6歳になっているはずの女の子が、
産着のまま、押し入れの中から遺体で見つかった。
児童手当を騙し取っていたとして、
詐欺容疑で逮捕された母親?!?!?
なんで?
どうして?
こんな事件が起きるんだろう?
お金だけ?!の問題?
いいえ、そんなんじゃない!はず。

頭がおかしいの?
心が腐ってるの?
精神が育っていないの?
何?
一体何が起こってるの?

どうしたら、こんな人間が出来るんだろう。
これは、本当に由々しき問題だと考える。
こんな環境下じゃ、
子どもは安心して生れてくることさえ出来ない。

分からない。
どうして、こんな事件が増えてるんだろう?

思いもつかないような
残忍で、冷酷で、無惨な事件が増えて行くように感じてるのは、
私だけでしょうか?

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-02-27 20:58 | Comments(0)

ミニスクリプト

私たちが、ついついやってしまう行為は、
「無意識」に操られている。
そのカラクリと仕組みを、まずは理論的に押さえなければ、
事は料理できない。
親を始め、養育者の中で創り上げて来た「自分」は、
その時の大人たちの感情生活に大きく影響を受ける。
それは、確かにそうである。
…とも言えれば…?それだけでもない…、とも言える。
慢性的に取り込み続けたインジャンクション。
その後に抱えるドライバー。
動き出すカウンターインジャンクション。
OKでないミニスクリプトの展開に見つけ出す人生の青写真。

養成講座のあった今日、火曜日は、
またもや雨でした。

受講生の人たちは、
「毎週の勉強が、面白い。」
「自分が分かる。」
「自分を知ることが大事ですと言われても、
何をどう分かればいいのか?それが分からなかったけど、
少しずつ自分が見えてくるのが嬉しい。」
などの感想を聞けて、私としても嬉しかった。
[PR]
by h-c-c | 2013-02-26 17:30 | Comments(0)
ここ瀬戸内の西日本でも、暖かくなりそうな気配がない。
それにしても、
北日本の寒気、豪雪の記録更新は、どうしたことか?

そんな中、昨日日曜日、
東中国カウンセリングセンターにおいて、
カウンセラー及びカウンセラー候補生たちの演習訓練の時間を設けた。
言ってみれば、『トリプルAの傾聴訓練』にも似たものだ。
それは、単に初心者が言うところの
「傾聴」とは、明らかに一線を画するものだ。
当センタースタッフたちが、
ヘトヘトになる程疲れきって、それに臨む姿を見ながら、
やはりインターン期間、
トレーニングの充実性を図ることは必要だと痛切に感じた。

ただ、
手前味噌ではないが、其々のスタッフたちは、
それぞれのパーソナリティを自身のスタイルに還元させながら、
確実に上達している。
この現実は、実感として目の当たりにして嬉しかった。
いいぞ!
いいぞ!
その調子!
がんばれ~!!
我が東中国カウンセリングセンターのカウンセラーたち!
あなた達は、ホントに凄い!
058.gif 051.gif 058.gif 051.gif 058.gif051.gif
その実直で『カウンセリング』に向かう真摯な姿、
謙虚で、歓びを味わいながら研鑽を惜しまない姿勢は、
今の私にとって、大きな大きな喜びです。
「ありがとう」…、よくぞ、ここまで・・・って感謝しています。
それは、クライアントの為にだけではありません。
何よりも、自分の為になるのです。
「メタスキル」。
あなた自身が生み出す豊潤な、コクとうま味の間主観性。
その調子で精進してください。


HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-02-25 11:59 | Comments(0)

アラブの春と国づくり

「軍」「政府」「宗教」・・・。
「国家」「国民」・・・「一人ひとり」・・・「人間」。

国民を苦しめて、何のための国家か?
自分たちの住処である地球を破壊し続けて、何のための地球人か?

小さな小さな、名も無い一人の人間の、その『自我』。
「自我」と「自我」のぶつかり合いと葛藤は、
個人の中に生じる「自我」をそのままに社会に映し出し、
そこに時代を、文化を、環境を創りだす。

なぜに、人間とは、かくも未熟なのだろう・・・。
何千年、何万年生死することを繰り返せば、
本質の「気づき」に到ることが出来るのだろう・・・。

人は、時間が経てば成長するのではない。
歳を重ねれば、人間として成熟するのでもない。
時代が進み、文明が進歩し、科学が発展することが、
人類の成長でもなければ、
幸福に到る道でもない。

それでは、何?
何が、人類そのものを成熟へと向かわせるのだろう・・・。
[PR]
by h-c-c | 2013-02-23 21:47 | Comments(0)

また雨 ):。。。

毎週火曜日は、カウンセラー養成講座の日。
そして、私の記憶に間違いがなければ・・・
なぜだか毎週火曜日は 057.gif ??? 057.gif みたい。。。

今日もやっぱり、また雨でした。

ひと雨ごとに暖かくなるといいんだけど・・・。

みんなで、春を待ちましょう。
[PR]
by h-c-c | 2013-02-19 16:23 | Comments(0)
先のコミュニティから(?)刺激を受けて(?)か、どうか・・・。
確かな動機は分からないけれど、
「私も、現場実践に挑戦したいです!」って、
とても頼もしく勇ましい、次に続く、当センターのスタッフが、
カウンセリングの志願を申し出て来ました。
嬉しいねぇ~!!!
ホント、とても嬉しいです。わ・た・し、は!
ただ、実際のカウンセリングには、もう少し訓練回数が足りません。
もうチョイ、お待ちを。
演習と、スパービジョンをもうしばらく重ねたら、OK!出来ると感じています。
何しろ、彼女には、カウンセラーの資質的なものが元来備わっていると、
私としては、見ています。
これは、とても大事な要素です。
だから彼女には、
まずは、講師として、他人の前で自分が学び蓄えたものを、
自分独自の発酵調理で、
アウトプットさせることから始めることとしてもらいます。

理屈なんて、理論なんて、その気になれば学べます。
机上の勉学は、とりあえず、そんなに難しくはありません。
それを、聴講者の身体の何処に、どのように届けるか。
ここにこそ、
講師であるその人の生きざま、人間性に重なるものがあります。

さらに言えば、
学習した様々な理論や考え方を、
自分の実生活に、人生に、身近な人間関係に活かすとなると、
これは、そうそう簡単ではない、、、かも知れません。
ホントは、そこが一番なハズなんだけど。

なぜだか、多くの人は、
学んで資格を取って、仕事の為、お金の為に、
まだまだ中途半端な段階から、平気でお金に還元しようとしたがります。
その挙げ句に、
またもや、新たな心理的な被害者が増して行くのです。
焦ったり、慌てたりして、自分と他人とを比べない。
誰かと競って、カウンセラーの仕事をしてはなりません。
カウンセリングに限らず、せっかく心理関係の勉強の縁に触れながら、
肩書きや、華やかさや、お金儲けにこだわって、
肝心な自分の家族や家庭、
…そう、自分自身の足元がスッカラカンのグサグサ!って人、
意外と多いです。
自分を守れるのは自分だけです。
まずは、自分から。
他人の評価なんて、ほんの一時のはかないものです。

自分から繋がる人、自分に繋がる大事な人、
その人たちを悲しませ、取り繕った生き方を重ねてみたって、
いつの日か必ず訪れる自分の人生最後の時に、
誤魔化すことの出来ない自分自身の内側に向けて、
どんな言い訳や嘘をついて自分を欺けば、
『良い人生だったよ。ありがとう。』って心境になれるのでしょう。

大事に、大事に、やって行きましょう。
誠実に真摯に生きていれば、
それなりに、必ず機は熟す時を迎えますから。
・・・私は、愚図でトロイですが、そのことを信じて生きています。
すべてをお見通しの誰かが居そうな気がして・・・???
[PR]
by h-c-c | 2013-02-18 12:05 | Comments(0)

ピカピカの一年生

大きなランドセルを背負って、初めて小学校に入学した日。
自分の靴箱。
教室に用意された自分の机、お道具箱置きの棚。
覚えていますか?
あの、何もかもが初めてだった日のことを。
・・・そう・・・・・
誰にだってあるのです。
生れて初めて何かを始める日が。

ゴッドハンドの名を持つ、かの名医だって、
生れて初めての執刀医を担った日が、確かに、必ずありました。

今日、また一人、
我が東中国カウンセリングセンターに於いても、
初めてのカウンセリングを開始させたカウンセラーが、
誕生しました。
おめでたいことです!
彼女は、長らく学習、研鑽を積んで来ました。
実技演習も、何十回となく実践してきました。
逃げ出すことなく、90分の最後まで、
クライアントに寄り添っていたことは、大いに評価できるところです。

私も、覚えています。
生れて初めて、たった独り、誰にも何にも頼れるところなく、
90分間という長丁場のカウンセリング空間に身を置いた時のことを。
もう既に、23年以上も昔のことです。

心細い私の心情を、クライアントに見抜かれそうな気がして、
とても緊張し、聴こう聴こうとしながら、
逆に、近視眼的な対応に終始して、全体像を見落としてしまった・・・
あの日の、あのカウンセリングが、私のスタートでした。

誰にだってあるのです。
初めての日が。
それは、初々しく、緊張感に包まれています。
確かに未熟な部分は否めなく、不十分かもしれませんが、
誠実に真摯に、その場に居ることは、
中途半端に慣れに流されるカウンセリングよりも、
遥かに素晴らしいことだと、私は考えています。

よく頑張りましたね。
新米カウンセラーさん。
あなたのこれからを、私は心から応援し、大いに期待しています。
今は未だ見ぬクライアントの誰かの為に、
あなたがこれまで身につけて来たたくさんのスキルを、
惜しみなく使い切ってください。
あなたに救われる誰かの為に・・・、益々の精進を!066.gif

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2013-02-09 19:00 | Comments(0)

偏食はダメ!よ

好きなものだけ食べてちゃいけない事、ご存知ですよね。
バランス良く食べないと、身体の調子悪くなりますよね。

このことは、全てに通じる・・・って、私は考えています。

物質面だけが山ほど満たされても、
精神的な虚しさを埋められないとしたら、
その人は、やはりバランス的には偏っていますよね。
じゃあって、
精神面だけを追っかけても、
お腹が空けば何か食べなきゃなんないし、
寒いに日は、暖かい所に居たいと願いますよね。


人は、とかく偏りがちなんです。

だけど、やっぱ、偏食はダメ!ってことです。

このまま行けば、アベノミクスのこの金融緩和によって、
私たちの日常生活、経済状況は否応なしにその対応を迫られます。

近隣諸国との関係性だって、万が一にも感情的な地雷を踏めば、
中国だって、北朝鮮だって、
頼みの綱のアメリカだって、
どんな反応を見せてくるか分かんない。

それでも、
私たちは、『生き続けなければならない』のです。

だから、
苦手だとか、嫌いだとか、分からないとか言わないで、
お勉強しとかなきゃ、いけないんです。
政治も、経済も、『生きる力』の一つとして、
学び、取り込む必要が有るんです。

人生の道程を、
『自分』というこの車で、生き抜くためには、両輪が必要です。
どれも、どちらも、大事なものなんですから・・・。
[PR]
by h-c-c | 2013-02-08 20:40 | Comments(0)
政治って何?
経済ってどうなの?
アベノミクスって何? 誰が名付けたの?
一喜一憂するものじゃないはず。
どうなってんの?
この円安。
この株価。
何処行っちゃったの野党第一頭の民主党?

株価が上がることは、決して悪いことじゃない。
だからと言って、
悪いことじゃなきゃ、いい事なのか?ってなると、
事態は、そんなに短絡的なことでは片付かない。

どんな状況下におかれようとも、
どんな時代になろうとも、
その中に居ながらにして、
・・・・・
私である自分は、
どのように考え、何を選び、何を捨て、どう生きるのか?
ここが、大切!

これしかないのよね。結局のところは。

地上で、海域で、如何に境界線でギクシャクしようとも、
ひとたび宇宙へ、
いや、宇宙とまでいかなくとも、
中国の大気汚染は、国境を超えて、
もはや日本の上空に届いてしまった。
この汚れまくった高濃度の有害物質を含んだPM2.5は、
日本人の肺にも、いつの日にか潜りこんで来るかもしれない。

そして日本は、
あの日、東日本大震災3.11.の原発事故以来、
世界中に向けて放射能汚染の不信感を払拭できないままにいる。

政治が成すべきこと。
経済優先に走り過ぎた後に、必ずやって来る人間への付け。

何度同じ過ちを繰り返せば、目覚めるのだろう。

情けなくて、ホント、厭になっちゃう。
[PR]
by h-c-c | 2013-02-05 21:31 | Comments(0)

HCC Community Space


by h-c-c