<   2012年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

今年も『ありがとうございました!』

今年も、何かにつけてお気にかけて頂き、大変お世話になりました。
ホントに、本当に、
ほんとぉ~ぉ~~に、『ありがとうございました!』

センターの年内事業は27日で終了致しました。
しばらくの冬期休暇をいただいて、
新春は、一月八日から事業開始とさせていただきます。

b0122085_12224056.jpg年の瀬に、
町を急ぎ足で歩いていると、
懐かしい日本の風景を目にします。

慌ただしい、この暮れだからこそ、
ハッとして、なぜだかホッと、
するのかも知れません。
これから、
我が家の大掃除。008.gif008.gif


皆々様のご健勝をお祈りしながら、、、、、
来年も、何卒、宜しくお願い致します。

来たる年に希望を抱いて・・・

㈱ 東中国カウンセリングセンター
代表取締役 馬屋原 眞美子
[PR]

by h-c-c | 2012-12-27 12:32 | Comments(0)  

日本の縮図を見た思い

冬至が過ぎ、厳しい寒さの合間をぬって、今日は別件で、
瀬戸内海に浮かぶ小さな小さな島に出かけて来ました。
島一周しても4キロメートル程度、歩いて廻れるほどの本当に小さな島です。
かつては、きっと美しく
手入れも行き届いた島だったんだろうにな、と、
荒れ果てた中にも遺されたフトした場所から感じ取れました。

b0122085_19325256.jpgこの島に、
現代の日本の縮図を見た思いがします。
今、この島に暮らす人は、90人。
その内半数以上がお年寄りです。
フェリーはありません。
渡しの船が日に5往復のみ。
店は一軒もありません。
無論、病院もありません。
自動販売機が小さな船着き場に一つあるのみ。


何もかも失った戦後、荒れ果てた焼け野原から、
「復興」の御旗を掲げて、高度成長期の波に乗り、
多くの働き手と共に子どもたちの声も賑わっていたであろうあの頃。
島が、華やぎ活力に溢れていたのは、
そんなにも遠い昔ではないはずなのに・・・。
たかだか3-40年そこいらで、こんなにも世の中は変わってしまうのです。

驚きますがこれは、紛れもなく現実でした。

日本は、今、凄まじいスピードで高齢者が増えています。
年を取ること自体は、決して悪いことばかりではありません。
むしろ、
歳を重ねることによって見えてくる世界観や、味わい深さもあります。

しかし、
何と言っても老化に伴う様々な制限は身体的にも止む終えず、
家屋が廃屋化して行くかの如く、
寝たきりとなって暮らす老々介護、足腰の弱った独居老人のお家は、
美しいとか、綺麗に片付いているとは言い難いものです。

日本では、独居老人世帯数が400万世帯数を超えました。
そして、そこで多くの孤独死、孤立死が起きています。
転倒しても、独りで電話もかけられず、そのまま動けず、
最終的に餓死してしまう独居老人の数も増えています。

島の姿が、日本の姿に重なって見えてしまった私の見方は、
ただ単に、私の見方が大げさすぎるのだ!とは、
言いきれないと思うのですが、如何でしょうか???


馬屋原 眞美子
[PR]

by h-c-c | 2012-12-22 19:41 | Comments(0)  

世界が変わり始めてる???

明らかに変わり始めてる・・・そんな気配、感じませんか?

無論、いつの時だって、変化は続いているんだけれど、
そういう程度の質の問題ではなくて、
もう少し積極的な意味合いで。

人間と言うより、人類が、次のステージへ・・・。

そこはかとなく、そんな気配を、私は、感じます。
根拠はないけど。
世界レベルで動き始めた価値観のシフト。

次の「何か」、次の価値基準の「何か」が定まるまで、
ここ数年は、「変換過渡期」として
特に大きな混乱期に入るのかも知れないけれど。

『精神性』と『文化力』。
こうしたものが、次世代人類の価値基準になれば、
幸福感の求め方にも変化は起こり、
『豊かさ』の意味合いや質も、必ずや変わって来るはず。

誰もが望む『平和』は、
そうした価値基準下に於いてのみ得られるのではないだろうかと考えています。

あなたは、次世代に何を期待し、
自分としては、どのように関わって行こうと、お考えですか?
人は、誰もが時代を創り出し、その目撃者でもあるのです。

己の自我にばかり囚われ、内向きな事だけに留まることるなく、
「今」が創り「今」が遺すであろう「次世代」という未来に向けて、
自分の出来得る限りを尽くしたいものです。

馬屋原 眞美子
[PR]

by h-c-c | 2012-12-20 21:54 | Comments(0)  

韓国大統領選

日本国内の年末選挙は、既に結果を見た。

お隣の国、韓国の大統領選の結果が、今まさに下されようとしている。

韓国初の女性大統領誕生か?と、言われる中、
日韓関係の在りように、どんな影響が出るのだろう。

韓国の大統領は、辞任後、逮捕されたり、自殺したり、
到底我が国では考え難い状況が起こっている。

韓国と北朝鮮。中国。。。。。
近隣国との関係は、時を預かるトップによって大きく左右する。

開票結果は、大いに気にかかるところだ。
[PR]

by h-c-c | 2012-12-19 21:47 | Comments(0)  

年の瀬に誓うこと

華やぐ街並み、近づくクリスマス。
冷たい木枯らしが頬を突き刺すと、
あぁ・・・今年も、もうすぐ終わりだな・・・って全身で感じます。
b0122085_17431084.jpg
あなたにとってのこの一年、如何でしたか?
東中国カウンセリングセンターでは、
先頃、センター恒例、暮れの大掃除を終えました。
その後、皆で一年間の心の塵払いを兼ねて『望年食事会』をしました。

カウンセリングの仕事は、関わるクライアントさんによって其々ですが、
遅々たる歩みである事は、珍しくありません。
そうした中で抱えるカウンセラーの新たな悩みも、
これまた常に一定ではありません。

絶え間なく学び続ける理論、身につけるテクニック、アプローチ。
それを、自らのスキルに昇華させて行く一連の循環作業は、
何よりもカウンセラーである以前に、一個の人間として、
自身の人生を豊かにさせます。
自分と言う一人の人間が生み出すメタスキルが、
カウンセリングの場においては、間主観性の質を向上させ、
ダイナミックに展開されるクライアントの内側に変容を起こさせます。

未熟さは、終生付きまとうでしょうが、
私たち、東中国カウンセリングセンターのカウンセラー一同は、
誰もが共に、誠実にカウンセリングの志事に向き合っています。

そして、それは、これからも続けて行く姿勢であり決意でもあります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]

by h-c-c | 2012-12-18 17:39 | Comments(0)  

誰もが『何か』を抱えてる

哲学から宗教学へ、宗教学から心理学へ。
私の学問的遍歴は、長い。
そして、カウンセリングの世界に足を踏み入れて22年の歳月が経つ。
様々な角度から、自分が学び得たものを自分の内側に照らし当ててみる。
其々の教えや考え方の中からも微妙に違う理論背景があることに気付く。
それは、他でもない自分に照らしてみるからこそ見つけ出せる
自分の違う側面に、その理論の光が当たるからだ。

私は、私と言う一個のフィルターを通して世界を見ている。
それは、あなたが見ている世界とは、違うものを見ているかもしれない。

カウンセラーとなって、
仕事が故に関わりを持つことの出来た多くの人たちがある。
そのいづれもの人たちは、皆一様に、深い『悩み』を抱えている。
混乱し、葛藤し、苦しみ、もがき、その「心境の場」からの脱出を願いながら・・・、
・・・・・そして、・・・しかし、・・・・・そこに居る。

私にも、数え切れない哀しみがあり、苦しみがある。
それは、『それこそが、生きている証しだ』と、
何処かで自分自身に言い聞かせているようでもある。

何時の時においても、『精神だけは常に自由である』と、言いつつも、
何時終わるともしれない哀しみと深い深い闇に沈む不安感は、
筆舌には尽くしがたく、苦しい。

語れる友のあること。
聴いてくれる仲間を持てる幸せは、この上ない幸せとなる。

クライアントであろうと、カウンセラーであろうと、
そんな事には無縁のような誰かであろうと、
生きている限り、人は、誰もが哀しみを抱いている。

だからこそ、優しくなれるし、強くもなれるのだろうが、
「生きる」ということ、「生きている」ということ、
『命』を最後のその日まで、運び、送り続ける日々の作業は、
なぜに、かくも容赦ないのだろう・・・。

馬屋原 眞美子
[PR]

by h-c-c | 2012-12-17 10:42 | Comments(0)  

人生のシナリオ・・・読み切れないね~

いろいろあるよね。
ホント、いろいろ、いっぱいあるよね。
何でこんなにも劇的に人生って仕組まれてんだろうね?
全く分かりません!

民主党の大敗北も、ここまでとは予測しなかった。
たった3年で見限った日本人の、このものの見方って・・・、
これまた、どうなんだろうね?

それがどんな事例であろうと、目の前に、衝撃的に表出すると、
人は誰でもそのことを前面に近視眼的に捉えてしまう。
長期的スパンで、大局的に、、、って、
そうは頭で考えるんだけど、やっぱ、うろたえるんだよね。

結局、焦ってるんだろうか?

人生のシナリオって、全くもって、、、読み切れません!
[PR]

by h-c-c | 2012-12-16 22:52 | Comments(0)  

バンザ~ィ! もうあとひと息!

071.gifバンザ~ィ!終わったぁ~~~!!071.gif
・・・・・って・・・、もう一息。  年内の仕事、あとひと息。
12月に入ってから、ワークショップ、トレーニング、セミナー、講演、連続講座・・・。
外部に出向いての私の仕事は、立て続けに毎日のように繰り返されました。

今朝は、センター内での予約カウンセリングを終了させて、大学講義へ。
一コマが90分間授業を連続で二コマ。
立ち仕事が続いたためか、夏以来徐々に楽になっていた左膝裏が、
また少し痛み出しました。

外は雨。
車の雨音と選挙演説の車が最後の声を張り上げています。

私たちは、いつも自分の持ち場で自分の出来ること、
自分の仕事を一生懸命やり続けています。

国政を預かる人たちは、選挙期間だけでなく、
本場となる選挙後にこそ、一生懸命働いて欲しいものです。

変わるのでしょうか?
投票後に、この国は、いくばくかでも、
良き方向に変わって行くのでしょうか?
本当に?

あの時、
大きな期待と共に政権交代をした3年前の国民の願いは、
いともた易く裏切られました。

それでも、諦めきれない僅かな願いを小さな小さな一票に託して、
私たちは、明日の今頃には、次への何かを見ることとなるのでしょう。

しかし、民主党に変わったからこそ、見えた自民党の
余りにもひど過ぎた60年のやり方。

未熟で幼稚な民主党には、蓋を開けた自民党のゴミ箱の片づけをするには、
荷が大き過ぎ、重過ぎたのだと云うことも、分からないではありません。

それでも、やってもらわなきゃ困るのです。
もうあと、一息。
もう一度、チャンスを与えれば、民主党は何かを本当にやってくれるのでしょうか?

それとも・・・。

今夜一晩、もう一息じっくり考えて、明日は、必ず投票に!!
[PR]

by h-c-c | 2012-12-15 20:06 | Comments(0)  

どれもこれも、みぃ~んなワタシ!

「『先生』と呼ばないでください。」
「私は、『先生』じゃありませんから。」
「人に上下はないんだから『先生』なんて言わないで。」
・・・・・なぁ~んて、
カウンセリングやってると、意外と彼方此方で耳にする。

そんなことに、何でそんなに目くじら立てて、こだわるの?
そのことに、こだわってる方が、私にすれば不自然な感じがする。
呼称にこだわりを持ち過ぎてる不自由ささえ感じる。
呼びたい人が呼びたいように、呼びやすいように呼べばいい。

わたしのことを、
「まみちゃん」って、呼ぶ人がいる。
「まみこさん」とか「まみさん」って呼ぶ人もいる。
「まみこ」って呼び捨てで、私のことを呼ぶ人もいる。
今だに「おじょうさん」なんて呼ぶ昔からの親しい近所の人もいる。
「馬屋原さん」って呼ばれることもある。
「奥さん」って呼ばれたり、「おばちゃん」って声かけられたりもする。
「社長」っていう人もいる。
「会長さん」って呼ぶ人もいる。
「オーナーさん」って言われたり、「ママ」って呼ばれる時もある。
「ボス」とか「あねご」とか「おやぶん」なんて呼ばれることもあれば、
「オイ」とか「おまえ」とか言われることもある。
「おかあさん」とも呼ばれるし、「かあさん」って呼ばれることもある。
もしかしたら、私の知らない何処かで「クソばばぁ」なんて言われてるかもしれない。
そして、時に「先生」とも呼ばれる。

どの声かけで呼ばれても、私のことだと感じれば、私は振り向くし、返事をする。

だって、私は、わたし、だもの。
呼び名は確かに大切なものではあるけれど、
その、どれもが私の一部に過ぎない。

わたしは、ワ・タ・シ。
自分は自分。

どれもこれも全部が私であり、
そしてまた、そのどれもが、私の全てではない。

だから、呼び名に凄くこだわる人の気持ちが、イマイチ、よく分かんない。

いいじゃん。そんなことくらい。どっちだって。
呼びたい人が、呼びやすい呼び方で、呼ぶ自由を任せてあげれば。
誰かに声を掛けられて、呼んでもらえることは、有り難いし嬉しいことだよ。

誰一人、自分に声をかけてくれる人がいなかったら、寂しいよ。

呼び名は、どれもがペルソナで役割を演じさせてはくれるけれど、
その呼び名に、その人との人間関係が見え隠れするよね。

あなたは、幾つ呼び名を持ってますか?

どれも、これも、みぃ~んな、ワ・タ・シ!ですよ。
大事にしたいよね。
「わたし」のこと。

馬屋原 眞美子
[PR]

by h-c-c | 2012-12-14 19:23 | Comments(0)  

#&$”%?????

さすがに疲れました。
今日は、二つの会場で種類の違う講義をしました。
午前中から岡山に向かい、午後一時半からのセミナーでした。

夕方に福山の戻り、夜七時からのセミナーがありました。

明後日の土曜日にも継続で実施中のセミナーがあります。
こちらは三時間。
短期間に異種の講座が重なると資料作りもそれなりに大変です。

明日は、カウンセリングの予約も入っています。

毎日毎日が充実の連続で、「ありがたい!」ことです。

お仕事のあることが、ありがたいです。

依頼要請をくださる方の有ることが、ありがたいです。

#&$”%????・・・って、身体は若干お疲れモードですが、

んんんん~~~、ガ・ン・バ・リ・ます!!
[PR]

by h-c-c | 2012-12-13 22:04 | Comments(0)