ブログトップ

HCC コミュニティ ひろば

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

人生の岐路には出逢いがある

『生きることは描くこと』
・・・そう語ったのは、幼い私の心を揺らせたフィンセント・ファン・ゴッホ。
中学二年生の夏、
ゴッホの絵に初めて触れたあの時の衝撃を、私は今でも覚えている。
ゴッホの人生は、決して順風満帆ではなかった。
それは単に、芸術家であったからだけではない。
独学からスタートしたゴッホが、
後世にこれ程の評価を得る作品を描くまでに到った画家としての道のりは、
想像を絶するほどの狂気にも満ちたものがあった。
「絵画」と言う媒体を通してではあったが、
私は、この頃から「人間」に
「人間と言うものの仕組み」に、興味を持ち始めた。

その人を通して出なければ、出現しないものがある。
社会性や協調性、その時々の瞬時の評価などには、執着しない。
ゴッホの人生は、少なくとも彼が生きている間に於いては、
恵まれていたとは言い難い。
自らが選んだ絵画への世界で、表現することへの情熱は無論のこと、
インスピレーションや他者、とりわけ弱者に対しての眼差し、
家族との関係、執拗なまでに厳しい自己内省の在り方、
親友として信頼したゴーギャン等との交流、衝突、決別、
抱え込む自身の病、
苦しみ、哀しみ、寂しさ。。。
悩みと共に生き抜いたゴッホは、あらゆることにひたむきに対峙し、
けな気に努力を惜しまなかった。
私を、心理学の道に引き寄せて行った影にも、ゴッホの存在は大きい。

これまでの、私自身の人生を振り返ってみる時、
さまざまに恵まれた多くの貴人との出会いがあったことを思い知る。

私の心を揺さぶり、大きく動かせたそれらの貴人との縁を、
自分の人生の意味と捉え、
私は、導かれるように歩んできた気がしている。
…そして、今、私は、ここまで来た…。

b0122085_2293879.jpg人生の岐路には、
必ずや何がしかの出逢いがある。
これをチャンスと呼ぶ人もいるのかもしれない。

それは、「人」のみにあらず。
時に、芸術的な作品であったり、
書物であったり、映画であることさえある。
私の人生に必要な「貴人(縁)」は、
常に私の歩む道程に用意されており、
私は、ただただ素直に、
心の導きと直感を信じて選択し、生きて来た。


時に、揶揄、中傷されたとしても、私は、それらの縁をピュア観、
下手に勘ぐったり、裏を返したり、愚図愚図戸惑ったり、
ましてや他人の噂や評価を鵜呑みにしたりは、しなかったように覚えている。

他の誰の人生でもない。
私の人生は、私が歩むのだから、
これからも…
そうやって生きて行きたいと願っている。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2012-10-30 21:32 | Comments(0)

カウンセリングの対象は誰?

カウンセリングの対象になるものは、おおかたの場合生き物。
しかも言語による対話をその旨とするならば、
それは、生身の「人間」であることが、殆どを占めます。
書物による独自学習によって、理論を自分に当てはめながら
探索を深め、理解して行くのも一つの方法ではあるでしょうが、
それは、所詮、机上の学習に過ぎません。
私たちは、生きている間中、
自分以外の外界から絶えず刺激を受け続けます。
自分が望むと望まないとに関わらず、自分以外からの刺激は送り続けられています。
それが、他人であろうと、物であろうと、何らかの出来事であろうと…です。
その関係性の中で、自我が反応するその在り方こそが、
悩みや苦しみの対象となる訳で、「出来ごと」ないし「事象」自体は、
問題ではあったとしても、苦悩そのものではない訳です。
であるならば、
やはり、カウンセリングの学習は、
対 人間関係の中で習得して行く以外に道はありません。
人と人との交流の場でのカウンセリング学習こそが、
当人にとっての何よりの学びとなり、自身の血肉として、
頭脳だけでなく、筋肉・細胞レベルに落とし込まれて行く訳です。

私たちは、思考のみによって生きている訳ではありません。
私たち人間が、思考のみで善悪をわきまえ道理そのままに生きられるならば、
これ程多くの事件や犯罪は、起こらないはずです。
人間は、理性的判断、思考、考え方を超えて、
感情と言う強い強い行動エネルギーに支配されて生きています。
これは、古今東西、老若男女を問わず、
その仕組みの下に、一個の生命体として、己の命を各人に任されています。

東中国カウンセリングセンターには、本当に素晴らしい仲間がいます。
迷っているあなた。
是非一度、当センターの空気に触れてみてください。
1995年、センター開設以来、
多くのカウンセリングの学びを志す人たちが集って来ています。
地方都市の小さな学びの場ですが、
日本のカウンセリング界では、東京、大阪を始め、
各著名な先生や教授、博士の方々からも評価を頂いている実績のあるセンターです。

カウンセリングは、机上ではありません。
カウンセリングの対象は、自分も含めて、生身の人間です。
人と人との間でなければ、現実的に学びとることは不可能です。

あなた自身の人生の更なる充実と命の還元の為に、
人間同士の集う、仲間のいる「安全な場所」で、共に研鑽を深めて行きましょう。

あなたの、ご参加をお待ちしています。

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2012-10-29 10:28 | Comments(0)

環境の所為にして逃げたくはないが…

このところ、どうも行動化へのエネルギーが落ちているのを感じる。
今さら、ここまで腐った政治や報道を語る気にもなれないが、
メディアが垂れ流す、乱れ切った波動の影響は、
少なからず人間の精神的健康を侵しているだろうと考える。
だからといって、
私のこの気だるい体感覚が、政治や行政、マスコミの所為だと、
短絡的に逃げようとしている訳ではないし、
逃げたところで、改善につながらない事は百も承知だ。
しかし、
どうにも、うっとおしい。
私の身体にまとわり付いて、倦怠感に引きずり込むこの空気は「何だ?」

今年の暮から来年にかけて、
マネーゲームに明け暮れて好景気の錯覚を見た多くの主要大国は、
何らかの試練の中に組み込まれるだろうと、私の中で何かが騒ぐ。

その大国だと言われた国々の影響は、繋がり合って生存する多くの国々に連鎖する。
税金泥棒の、国民の脛をかじって生きる寄生虫の政治屋たちに、
もはや期待感は残念ながら微塵もないが、
懸命に生き残りをかける日本人労働者の中に、
唯一遺した「メイドイン・ジャパン」の精神だけは、
希望の灯火として私の中に輝きを繋いでいる。
私たちの人間の身体の中で、
昼夜、黙々と活動を続けてくれている六十兆の細胞たちに応えるためにも、
たとえ、
システム的に脳幹部(政治機能)が欠損状態になってしまったかに見えたとしても、
私たち一人一人の国民は、やはり、黙々と生き続けなければならない。
国にとって、地球にとって、私たちは、一人一人が細胞に他ならないと思えるから。

b0122085_8105762.jpg昨日は、当センターの研修に於いて、
ユング心理学の元型、
そのシャドーについて考察を深めた。
旧約聖書の「ヨブ記」と照らし合わせながら。

人生後半の心理学として謳われる
「ユング」の伝えんとしたもの、
その「元型」理論は、確かに難解ではあるが、
普遍的無意識、集合的無意識から学びとる元型に潜む
人類の行動エネルギーの謎解明のためにも、
混沌とした世界情勢に目を向けつつ、
今こそ、人類全体の課題として捉え、
応用・活用して行く必要性を強く感じている。

HCC:東中国カウンセリングセンター 馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2012-10-28 08:05 | Comments(0)

私は元気で~す!!

わ・た・し・は、いたって元気ですよぉ~~!
ごめんなさい! 不要なご心配を、おかけした??…見たい…で…。
しばらくコミュニティの書き込みをお休みしてたら、
私の体調が良くないのか?との、お問い合わせをいただきました。
大丈夫!
そんなことは、ございませんデス。
ただね、
最近、どうにも書く気がしなかっただけのこと。
涼しくなって、凌ぎやすくなって、動き回るには快適なんだけど、
なんかねぇ~、夜になるとすごく眠くなるんですよ。
パソコンなんて覗く気にもならないの。
それで、更新もしないままで…、失礼していました。
ご心配いただき、ありがとうございました。
仕事は、充実しており、毎日忙しくしています。
短い秋は、あっという間に行っちゃうかもね???
来るべき冬への ご準備を!
[PR]
by h-c-c | 2012-10-18 19:41 | Comments(1)

人生を左右するものは何

医学生理学賞では、日本において25年振り、
日本人二人目のノーベル賞受賞者となった山中伸弥教授。
混沌と閉塞感の深まる日本に、
誇らしい希望と勇気をもたらしてくれた教授とその周囲の多くの方々に
心から祝福と感謝の気持ちが溢れてくるのは、私だけではないでしょう。

iPS細胞の開発が開く再生医療への道。
ウィットに富んだ教授の口からは、謙遜も含めて、
「外科医にしては、手先が不器用だったので…。」と、いう言葉が
漏れ聞こえてきたが、それにしても…。
 051.gif 059.gif 051.gif 059.gif 051.gif
私の知っている人に、不器用で整形外科医を開業している人がいる。
その人は、本当に不器用で、
だから、そこで手術を受けた人は、殆ど皆、
また別の病院で手術し直さなければならない程、骨が上手く結合されない。
近所での評判は、本当に悪いが、
救急病院の為、運び込まれる人は多い。
手術は下手だが、お金儲けは上手いらしく、
今や、老人ホーム施設として巨万の富を得つつある。
しかし、
その中身を知る人は、誰もそれを評価しない。
若い日に、
同じように医療の道を志し、
医学の世界に身を置いたとしても、
その志が、何処かで方向性を変えたならば、
その人生は、全く違ったものとなる。
我が身の為に、我が懐に金を集めようと亡者のごときになる医者がいることは
情けないが、事実でもある。
こうした生き方、こうした人生に、やり直しはあるだろうか?

山中教授の生き方と、金儲けに終始するその医者の生き方は、
何時、何処で、こんなにも道を分けてしまったのだろう。

私たちは、自分が身を置くその世界、その職場、その業界で、
どんな志を持って日々を生きるのか。
そして、その一日一日の積み重なりが、
何時の日にか必ず誰にも訪れる、
明日の無いその日を迎えた時、…己の心に明らかとなる。

その生き方が、たとえ楚々とし、遅々たるものであろうとも、
私は、正々堂々と、自らの「死」のその時を迎え入れたい。。。と、願うものである。
[PR]
by h-c-c | 2012-10-10 21:34 | Comments(0)

情報は智慧にはならない

溢れる情報。
手軽に入手できるPCからのマメ情報。
耳を塞いでも、目を閉じても、押し寄せてくる情報。
確かに、情報は、人を動かす大きな刺激材になるという側面も持つ。
しかし、それを個(己)に戻して改めて見てみる時、
これは、決して知識にはならず、
ましてや、智慧にまで高められることのないことに気づく。
万一、情報を一つの手立てとして、自分の智慧に落とし込みたいならば、
それは、その大前提として、
己個人の内側に、何らかの精神的な確立と、
溢れる情報に振り廻されることのない自我の知的形成が必要とされる。
情報をたくさん持っている事は、大した自慢にはならない。
私も、流行が嫌いではないし、ミーハー傾向も大いに持ち合わせている人間だが、
一方的に送りつけられてくる今の情報の過剰発信には、
いささか迷惑を被っている一人でもある。

b0122085_873013.jpg書物をひも解きましょう。
足を使って、
身体を使って、学びましょう。
他人に逢いましょう。

人と人の生身の交流から、
情報ではない、智慧を学びましょう。
知識を深め、
静かに思考探索の時間を持ちましょう。

人生の深い味わいは、
短絡的に得られるものではありません。
短絡的な情報交換に慣れ過ぎた、現代の新人類の若者の中には、
実際に動き始めることにさえ苦痛を感じるようになって来ている人たちが、
少なからず増えてきつつあることを知りました。

「学問」に親しみましょう。
「学習」を習慣化しましょう。
メールやPCだけじゃなく、
目の前に「人間」の姿を見ながら、
温度差を感じたり、温もりに救われたりしながら、
対話を通して語り合いましょう。
生身の人と人との交流の中からでなければ、得られないものがあります。
そうしながら・・・、
人生は、きっと豊かになって行くのだろうと、私は考えているのですが、、、。
如何でしょうか?

そして、それをするには、好い季節になって来ました。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2012-10-05 07:45 | Comments(0)

HCC Community Space
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31