<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

決めました!宣言します!!

2012年の八月が往く。 
今年の夏は散々だったが、それも、もうすぐ終わろうとしている。

夏の終わる頃・・・、今日、わたし、宣言しました!!
減量です!
私を決意させたのは、何と言ってもこの度の膝の激痛です。
私は、これまで、余りダイエットについて本気で考えてきませんでした。
それよりも、食べたいものを美味しく食べて、
栄養のバランスには気を配りながら、
身体を適度に動かして、
外見というか、身体的なスタイルよりも、
中身を充実させることに重きを置いて来ました。

未だに、この膝の痛みの原因は、全く分かりません。
でも、体重が軽くなれば、膝への負担は当然ながら減る訳ですから、
私は、決意した訳です。
そして、ここに、宣言します!!
宣言したからには、実行しなければ、嘘つきになりますから、
九月が始まる明日から、年内、後4カ月で目標は4kg。
1ヵ月1kgペースを目標に実践しますので見守り、応援宜しくお願い致します。

少しスリムになれたら、
私も綺麗になれるでしょうか???

んんん・・・? まぁ、それは、別問題!かな???
とにかく、ガンバル! 047.gif 066.gif わ・た・し!!066.gif 047.gif
だから・・・見ててね・・・。
[PR]
by h-c-c | 2012-08-31 20:07 | Comments(1)

困ってる人、多いんだね・・・

自分の膝が痛くなって、そのことを公表したら、
本当にたくさんの人が色々情報を届けてくださいました。
そうして分かったこと。。。
b0122085_21151361.jpgナンと、まあ、
足腰の痛みに悩んでる人が多いことか!?!
みんな知らん顔して、
普通に暮らしてるみたいだけど、
ホントは、すごく悩んで、
困ってたんですね。。。
ビックリ!!しました。 ホント、ビックリ!でした。

下手な医者より、体験者の方々の声の方が重みがあります。
私の痛みを色々尋ねて、、、
その後、異口同音に返ってくる言葉は・・・、
「そりゃ、間違いなく腰からだね!」…だって。
「膝の裏のその痛みは、腰からなんだよ。」
「分かりにくいんだけどね、自分の場合そうだったよ。」って・・・。
「痛みが来ない程度に、小刻みに揺らすといいよ。」
「とにかく、しばらくは無理しないこと。」
「痛み止めを上手に使って騙し騙しやるのも一つのやり方だよ。」
・・・・・など、など、、、。
こんなにもたくさんの人たちが、苦しんだり、その体験を持ってるんだ!
と、初めて知りました。

今回の痛み、
その告知をきっかけに、
新たな友情が深まった感じがしてるんですが、
それって、考え過ぎかしらね???
妙に嬉しいんですけど 037.gif 043.gif

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2012-08-28 18:52 | Comments(2)

「対話」にハマっちゃったかも?

膝の痛みを抱えてから、本気の対話が始まった。
自分の症状と対話する。
今までだって、それとなく、やっては来ていたんだけど…。
今回ばかりは、私の本気さが違う。
「対話」は、難しい。
ついつい自分勝手な思考理解をしがちになるからだ。
待つ。
ゆっくりと待つ。
症状が語り始めるのを、信頼して待つ。

身体は、私ではなかった。
少なくとも、私の思い通りなんかにはならない。
私の意思や願望には、無慈悲な形で、身体の意思で反応する。
だから、私は聴かなくてはならない。
身体の意思を。

スポーツ選手が身体を鍛える。
過酷に自分の身体に挑戦を続ける。
それに対して、身体は、けな気に応えようと目標に近づくべく反応を返す。
しかし、
それを、身体が望んでいるかどうかなんて、誰も考えない。
実は、身体には身体の意思があり、
自我の欲求とは全く別物だということを知る人は少ない。
確かに、身体は私の一部であり、私の自我と連動する。
しかし、
繋がり、連動しているからと言って、一致しているかどうかは別な問題だ。

「対話」は、楽しい。
今まで考えてもみなかったこと、思いもしなかったことを、教えてくれる。
私についての答えは、
どうやら・・・、
身体が、持っていたようだ。
[PR]
by h-c-c | 2012-08-27 22:00 | Comments(0)

情報ありがとうございます!

ご自身の体験、お知り合いの方の似通ったお話、、、、、
色々と情報をお知らせいただき、感謝いたします。
「本当にありがとうございます。」
今日、明日の二日間、福岡に出張予定が入っていたのですが、
ホテルも、列車も全てキャンセル。
楽しみにしていた研究発表の学会大会だっただけに、残念でなりませんが、
こんなに膝の痛みが辛くては、
移動の為の徒歩が困難で、とてもじゃないけど歩けません。
本当に口惜しい結果となりました。

しかし、この現実の中にこそ、
私独自の「宝」が、意味が、きっと隠れているはず。

今回、このような事態になって、
改めて何度も何度も読み返している。
p.97の発疹のメラニーと発疹との対話、と、
今年度の中で、私が焦点を当てようとしている
18の「問題なのか、力なのか?」の部分。

ここのページを、何度も何度も読み返しては、その真意を探っている。
きっと何か、
今・・・、
きっと何か・・・、
新しい次なる気付きへ向かう準備が進められているように感じるのだが、
まだ、分からない。
あと少し、後もう少しで分かりそうなのに・・・、
ギリのところでスルリと手からこぼれ落ちるように、腹に入らない。
腑に落ちない。

心理療法家にとって、最も大事なものは、パーソナリティであろうと考える。
それは、資格や理論、立場や肩書なんかでは決してない。
心理療法家自身が、自らの調和の中に居てこそ、
そこにプラスαとしての、大いなる力を受け入れることも可能となる。

心理療法家自身が、自分でそれを経験し、含んで越えて行かなければ、
偉大なる無意識の力を仲介することなんて出来っこない。

そのための、それに到るための、
その扉の手前に立つ、この痛みだと信じよう。

信じて信じて、信じながら探って行こう。
今は、只々、自分と自分の症状が導いてくれるこの先を、
信じて、次のステージに進みたい。
[PR]
by h-c-c | 2012-08-25 22:47 | Comments(0)

痛さは辛いが、休息はご褒美か?

原因不明の足の痛みが3週間続いています。
痛み始めの時が、ワークショップの最中だったこと、
お盆休みに倒れた母の救急の対応に追われて、
自分へのケアが後回しだったこと。
私の部屋が我が家の4階に位置していること、、、等々…。
初期段階の処置が若干遅れた感は、確かにあります。
それでも、
その後、幾つかの病院、医師の下で、レントゲン、MRI、血液検査。
骨は正常だし、骨密度も良好、筋肉にも異常は見つからない。
でも、痛い!
歩けないほど痛い!
昨日から、杖を用いている。
明日からは、車椅子の助けも借りたい。
結局のところ、幾ら検査しても、原因が分からないのです。
痛い現実だけが、確かなものとして、私に襲いかかっています。
痛みの部位は、左膝裏外側の筋。
神経に響く、つんざくような痛みです。
どなたか、心当たり、経験がお有りの方がいらっしゃいましたら、
何かお知らせください。
少しのヒントでも、助けになります。
電話・☎・携帯・FAX・何でも結構です。
この痛みから解放されたいと願っています。
[PR]
by h-c-c | 2012-08-24 16:41 | Comments(0)

やれやれ```です。。。

今朝早くから、予定通り母を病院に連れて行きました。
血液検査を始め、幾つか検査をして、点滴をしてもらいました。
点滴は1時間45分かかりました。
掛かり付けの主治医だったため、丁寧に対応していただきました。

先生は、お盆休み中、海外に出かけていらしたそうです。
「申し訳なかった。」とおっしゃっていましたが、それは致し方の無いことです。

数値は、相当厳しい状態で、
「一応山場を超えているけど、4日前、もし私が血液検査していたら、
即、入院してもらったでしょうね。」…だって。
「この歳で、よくここまで持ちこたえましたね。」…って、
褒められたんだか、どうだか分かんないけど、
あの時、もしかしたら、母はこのまま逝っちゃうんじゃないか??と、
私が本能的に感じたあの不安な感覚は、
あながち間違いではなかったんだな、と嬉しくない確信を持ちました。

なにはともあれ、
慌ただしい午前中の一仕事が終わりました。
3時になったら、別の治療院へ連れて行きます。

実は18日から、
夫と二人でゆっくり小旅行に出かける予定にしているのですが、どうなるんでしょうか?
昨年は、姑の不慮の交通事故で、旅の途中で引き返しました。

お陰様で、今は義母も、回復し、年齢相応の衰えはありますが、
何とか元気にしてくれています。
そして、今度は、実母です。

子育てが終わり、
自分の仕事にも徐々に信頼が持て始め、
これからは、本格的に夫婦として、二人の為の確かな時間を造りながら、
私の中に在るもう一つの私の部分をも充実させていきたいと願い考える頃になると、
新たな課題が生れてきます。

b0122085_139837.jpg
人生とは、かくも、
用意された道程を
「魂の旅路」として歩むものなのでしょうか。
私の魂は、
この度の人生に、
何を育て何を得ようとしているのでしょう。
私は、借り船であるこの身に乗って、
本体であるところの「私自身=魂=自分自身」を、
素直に素直に育てたいと、
ただ ただ、ただただ、
そのことだけを、
純粋に願っている者なのですが・・・。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2012-08-16 13:03 | Comments(4)

テンヤワンヤのお盆休み

2012年のお盆休みが終わります。
親戚や知人が次々と出入りする中で、
今年はジュリの友人二人がフランスからやって来ました。
折角の初めての日本だったのですが、今年のお盆は各地で天候が崩れ、
予定していた京都や奈良、阿波踊りの見物も、さんざんでした。
福山のよさこい祭りと今夜の花火大会は、かろうじてOK.。
長男は、名古屋に戻って行きました。

そして・・・
・・・・・そのお盆の間に、母が倒れました。

お盆休みで休診中の病院をあちこち連れて駆け回りました。
最初の病院は、お休みで、どうにもなりませんでした。
二件目の病院で相当待たされたのですが、
手術が長引いているとかで、結局そこでは、診てもらえず、
紹介をしてもらって、次、三軒目の病院に廻されました。

紹介されて向かったにも拘らず、またまた、待たされ、
年老いて、高熱を発し、震えも来ている母に対し、
病院の対応が余りにも横柄なので、
遂にチョイギレになった私は、窓口で言いました。
「いつまで待つんでしょうか?救急車出来た方が良かったんでしょうか?
出来るだけ救急車を使わなうように協力してるお陰で、
こんなに後回しにされるんだったら、救急車で出変えてきますけど!」と。

すると、
それから暫くして、すぐ呼ばれました。
言ってみるもんだな…、と思いました。

母は、約1時間半の点滴をして、帰宅しましたが、起き上がることが出来ません。
13日から母は、急に寝たきりになりました。
年寄りは、いくら元気そうに見えても、一旦事が起きると一気に弱ります。
自力で身体を起こすこともままならなくなっています。
明日からは、掛かり付けの町医者も診療が始まります。
明日朝早くに、母を連れて病院に行く予定です。

私は、なかなか自分の疲れを取り除くことが出来ません。
[PR]
by h-c-c | 2012-08-15 22:10 | Comments(0)

愛はすべてを救う

「ありがとう」・・・心から言います。
私は、ここのところ本当に本当に忙しい日々を送りました。
自分の疲れを感じることも出来ないほど、疲れていたのかもしれません。
そして、足が痛くなりました。
その痛さは、半端ではありません。
私は、とても我慢強い、特に痛さに関しては我慢強い方です。
これは、今までに経験のない痛さでした。

それを見かねたHCC我社のカウンセラー達が数名で、
私の為に、カウンセリングワークを行ってくれました。
私も真摯にカウンセリングに向き合いました。

丁度、昨日、
HCC育成講座の中で、
ユング心理学の「布置」について学び合ったところでもありました。
私は、この痛みを、私の魂に向かう一つの扉として、
自分でもずっと独りで深く自己に探りを入れながら、
私の中に生れた私の一部からのメッセージを聴きとることに心を砕いて来ました。
しかし、
分かりません。
ついつい私は考えてしまい、自分流の思考に入り込み、
痛みの存在が伝えようとするメッセージを純粋に待つことが出来ませんでした。

私の愛するHCCのカウンセラー、私の信頼するHCCの私の弟子たちは、
とても丁寧に、誠実に、私の気づきの為に力を提供してくれました。
でも、まだ、
痛みが私に届けようとするメッセージの意味は、分かりません。

b0122085_19392085.jpgしかし、
何かが動き始めたことだけは、良く分かります。
そして何より、
今、
その痛みが小さくなっているのです。
あれ程の激痛が、今は優しい痛みに変わっています。

明日の日に、
この痛みがどのように変化するのかは
私の関知する事ではありません。
それは、それが、成りたいように、
それにふさわしく変容して行くことでしょう。


ただ、
私が、ここで大きく気付いたことは、「愛」です。
HCCカウンセラー達の私への愛を、
私自身が大切に、感謝と共に受け取る中で、
私の身体の中の何かが動き始めたことだけは確かです。
「布置」を感じ、それを大事に扱おうとする時、
そこに信頼できる助けのあることは、換え難い、かけがえなき私の宝物です。

Tさん、Yさん、Kさん、・・・ほんとうにありがとう。
あなたたちに囲まれて、あなたたちと共に歩める私のこの人生に感謝します。

症状や、現象は、大事なものに気付かせてくれる、
次の部屋に向かうための扉であるということは、
本当に確かなことでした。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2012-08-12 19:31 | Comments(0)

気持ちも身体も気ぜわしい

今年の夏は、ザワザワするね。
忙しいんだよ、次々と・・・。

b0122085_19511820.jpgb0122085_19515678.jpg
オリンピックは、さすが!!だし、 
高校野球も気にかかる。
セ・リーグは、
ジャイアンツが独走でつまんないけど、
我らがカープ!ガンバッテます。

会社は7月決算だし、
お盆になれば親戚も集まって来る。
片付けも準備もしなきゃいけないし。

明日から、ワークショップも始まる。
ゲシュタルト・トレーニングコース。
今回のファシリテーターは、私の大好きな守谷さん。

身体から入って行く気づきのワークは、嘘がつけない。
だから、メチャ魅力的!
頭ばっかで考えてる人、
何年も何年も、いくら考えたって何にも変わらない人、
思い切って身体の動きから入ってきませんか?
面白いですよ。
それとも、怖いですか?
何をそんなに守ってるんですか?
本当に守るべき価値のあるものって、
そんなに人を困らせたりは、しませんよ。

8月3日、金曜日の夜から次の4・5の土・日。

それが終わると6・7・8の3日間、鞆の浦仙酔島での合宿ワーク。
限りなく自分に入って自分を探る。
自己の本質探究から自己変革に…。
スカッとするよ! 本当に。 ビックリするほど、スッキリするから…。
ワクワクするね。最高だよ!~~んんん…ワイルドだぜぇ~!

スケジュールいっぱいなんだけど、楽しんだな、これが。
だから、やっぱし、大好きなんだよ。
自己への限りなき挑戦が!

まみこ
[PR]
by h-c-c | 2012-08-02 20:08 | Comments(0)

まだまだ夏は序の口なのに… “(><):

お盆休みを間近に控えて、片付けなければならないコトがいっぱい。
昨日、外部の講演講師の仕事を終えてセンターに戻って来たら、
身体がグッタリ!? 042.gif してました。
建物の外は、メチャクチャ暑いのに、会場は寒い程冷えていました。
私のような、ご老体には、この温度差はキツイです。
まだまだ酷暑の夏の本番はこれからだと言うのに・・・。
ホント、わたし、008.gif 大丈夫でしょうか?008.gif

いえいえ、b0122085_10113143.jpg
確かにこの暑さは尋常ではないですが、
私の体調異変、諸悪の根源は、
夜な夜なついつい熱中してしまう
ロンドンオリンピックの
ゲーム観戦によるものです。
これは、重々承知いたしております。
何と言っても、この睡眠不調は、
決して身体に良くはない!
そんなことは、分かってるんですが…。

それにしても、凄いよね。
あの試合に臨む時の形相、目つき。
張り詰めたあの緊張感。
大好きだなぁ~~!!!
この一瞬のために、そこに集中力を込める。 あの力。
だから、、、
夏はまだまだ序の口なのに、私は 008.gif バテバテ。。。
!!!残念!!002.gif わ・た・し・。。。002.gif
[PR]
by h-c-c | 2012-08-02 10:03 | Comments(0)