<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今年は私も国民行事に…

いよいよ今年も後、数時間。
ここ何年も私は「紅白歌合戦」、観ていませんでした。
と、いうよりも、観る時間が無かったのです。
何しろ、その時間は、おせち料理の盛りつけの追い込みと、
年越し蕎麦の準備で台所に立ちっぱなしだったからですが、
今年は、違います。
早い時期から決めていました。
いつもと違う2011年の大晦日は、
私なりにも、少し静かにゆっくり過ごそう・・と、決めていたんです。
そして、このことは、家族の皆に宣言していました。
だから、大掃除も、おせちの準備も、
今年は、例年より早くから始め、手際良く終えました。

今夜は、7時から皆と一緒に夕飯を済ませ、
今も私は、テレビの前に座っています。

本当に、何年振りかに観るNHKの紅白歌合戦です。
いいもんですね…、ホント…、しみじみと…。
なんか、こぅ…、私も国民行事に参加できてる気分です。
こんな、大晦日も迎えられるんですね。
ちょっと、ビックリです。
大晦日は、忙しいもんだと何処かで決めつけ、諦めていましたから…。
それにしても、
私の大好きな「ゆず」と「長淵」は、いつ登場するのでしょうか?
余り張り切り過ぎないで、押え目に、熱く歌って欲しいです。
暮れゆく今年に…それでも、やはり、感謝です。
2011年に、「ありがとう」。
心から、心から…あ り が と う。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-12-31 21:19 | Comments(0)

今、何を考えていますか?

今年の春に日本を襲った
千年に一度と言われた東日本大震災の災害は、
原発事故と言う未曾有の人災へと広がり、
被災地を始め日本中の人々に、
今までの生き方や暮らし方を考え直すきっかけを作りました。
3.11.の大地震と大津波…そして火災。
それは確かに悔しくて、やるせなくて、受け入れがたく、
余りにも唐突で衝撃的な出来事でした。
そして、それは、あれから9ヵ月もの時間が経過したにも拘らず、
全く過去形にはならず、いまだに何もそれらしい方向性も展望も見えないままです。
今年ももうすぐ暮れようとしています。
あなたの今年は如何でしたか?…
… … …、
思い起こしてみましょう。
考えてみましょう。
この一年は、「わたし」を何処まで連れて来たのか…と言うことを。
この一年は、もう帰らない。
けれど、この一年が無かったら、次の一年に繋がらない。
…、
私たちは、誰もがこうやって生きて来たのです。
それはこれからも続きます。

息子夫妻は、嫁の実家のフランスでクリスマスを楽しく過ごしたようです。
新しい年もフランスの家族と迎えることになっているので、
今年のお正月は、我が家は少し静かです。
長く生きていれば、色んな形のお正月を経験します。

皆様にとって、2012年の幕開けが心豊かなものでありますように…。

避難所や仮設住宅で迎えるお正月は、さぞ厳しいことでしょう。
そこに集う人々の、寄り添い触れ合うその気持ちが、
人と人とのぬくもりが、温かであることをお祈りしています。
b0122085_22152993.jpg

新たに迎え来る年が、少しずつでもいいから…、展望の見える年となりますように…。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-12-26 22:17 | Comments(2)

今夜はクリスマスイブ

b0122085_20553988.png

      メリー クリスマス    聖なる夜は 静かに 優しく 穏やかに     メリー クリスマス
b0122085_2182215.jpg

    あなたの今夜が 幸せでありますように…   今夜くらいは 世界中が平和でありますように…

                                                 馬屋原 眞美子


  
[PR]
by h-c-c | 2011-12-24 21:07 | Comments(0)

時間だけが流れて行くような…

北朝鮮からは、あの独裁者が死去との報道が。
韓国は、一気に緊張、警戒態勢を強化するとか。
中国も、難民のなだれ込みの阻止に包囲網。
アメリカは…。
そして、我が国ニッポンは…。
時間だけが流れても、人為的な好転は何も見えてこない。
なぜ?
民主党には騙された。
騙された感が、すっごく強く私にはある。
あいつら一体何だったんだろう?
あまりにも幼稚でお話にならない。
かと言って、これまでさんざんいい加減な事やって来た自民党もどうでもいい。
もうすぐ、今年も暮れようとしてる。
時間だけが、
時間だけが、どんどん流れて行く。
「人」が、その生活が、そこに在る「命」が置き去りにされて…。
時間だけが…。
いいの?
これで?
本当に、これでいいの?
[PR]
by h-c-c | 2011-12-19 19:24 | Comments(0)

初雪でしたね

今日は寒かったですね。
ここ福山でも、今年初めての雪が降りました。
風もとっても冷たかったですよね。
朝、ゴミ出しに出た時は思わず身震いしました。
手も足も冷え切って、ああ~遂に冬が来たか!と、観念しました。
午前中、プレゼント探しの為に、自転車であちこち走り回ったのですが、
顔に雪がまともに降りかかって、耳も痛いほど冷たかったです。
b0122085_19574617.jpg
……
東北、被災地の人たちはどうされているのでしょうか?
仮設住宅の防寒はどうなったのでしょう?

街では今年もあちこちに
派手なイルミネーションやってますけど、
仮設住宅の被災地の方々は、節電なんてしなくていいので、
しっかり暖を取って頂きたいと願っています。
[PR]
by h-c-c | 2011-12-16 20:00 | Comments(1)

社協でのカウンセリング、年内は今日が最後

私が初めて福山市社会福祉協議会でのカウンセリング相談の
委嘱を受けて担当に当たらせて頂いたのは、
平成7年からですので、数えてみれば16年になります。
16年の間にお逢いさせて頂いた方々…、今はどうしていらっしゃるのでしょうか?
行政関連の仕事は、時の方針や予算によって大きく影響を受けます。
文部科学省が、鳴り物入りで始めた公立校へのスクールソーシャルワーカー配置。
この仕事に関わらせて頂いた時、
私は、生々しい教育現場の現状をつぶさに体験しました。
国を挙げての、この事業開発は、本当に大事で重要な活動であると感じていました。
全国から各県配置の担当者が、東京に召集され、
国家が掲げるこれからの子供たちの為の教育と生活環境整備、
子供たちの育成に関わる教師や親御さんたちを、
メンタル面をも含めてサポートして行こうとする本行事に対して
徹底的に統一認識を周知させようとするものでした。
召集された私たちは、熱い想いと使命感を抱き、
この事業が、効果的に推進されて行くよう、
地域に戻ってからも多くの時間を割いて努力奮闘したものです。
しかし、
こんなにも大事な行事にも拘らず、それは、いとも簡単に3年で打ち切られました。
予算の優先順位が、私たちには到底理解できませんし、納得なんて毛頭できません。
厚生労働省が推進するメンタルヘルス推進活動も、
様々な諸事情(?)で、予算が見積もれず、昨年廃止になりました。
b0122085_19531469.jpg
私は、厚労省、文科省からの委嘱事業として、
本当に様々な現場で、
たくさんの仕事に触れることのできる機会を
頂いて来ました。

そのたびに考えさせられた事…、
それは、
心の感じ方、受け止め方、悩みや苦しみや悲しみは、
子供も、大人も同じだ!と、言うことです。

どんなに時代が変わろうと、男だろうと女だろうと、子供だろうと大人だろうと、
若かろうと、年寄りだろうと、
嬉しい事は嬉しいし、悲しい時は悲しい。
カウンセリングの仕事に関わって22年近くなりますが、
今を生きる現代人の心の在り様にダイレクトに関わりながら、
私の一日は、今日もこうして終わっていきます。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-12-14 19:56 | Comments(0)

2011年のスケジュール殆ど終了しつつあります

HCC:東中国カウンセリングセンターのHPを点検しながら、
終了した各行事のチェック作業をしていると、
しみじみ今年も暮れて行くんだなぁ~って、感じます。

色々あった2011年と言うこの年。
もぅ…とっくの昔みたいに思える大事件が、当センターにあったのも、
実は今年だったんだなぁ~って。
今更のように少しだけ思い出したりしています。
あの時は、本当に苦しかった。
吐き気がするほど情けなくて、残念で、馬鹿だなぁ~!!って、心底思った。

それからも、色んな事は、確かに次々あったけど、
たくさんの仲間や、同志、諸先輩や友人たちに助けられながら、
こうしてここまで来れました。
今年も充実した意義深いたくさんの学びや出会いを頂きました。
本当に本当に感謝!!です。
まだ、もう少し今年が残っていますが、
最後までメゲずに頑張るつもりです。
今後とも、宜しく!
こんな私ですが、引き続きサポートの方、しっかりお願いいたします。
 001.gif  016.gif  001.gif  016.gif  001.gif

馬屋原 眞美子でした
[PR]
by h-c-c | 2011-12-13 17:04 | Comments(0)

生きることは生々しい

ネクタイ締めて、会議室で百年話し合ったって何にも見えてこない。
生きると言う事、生きているということは、
もっともっと生々しくて、惨たらしくて、美しい。
それは、本当に厳しくて激しくて痛いほど苦しいけれど、
体中が震える程、心の底から揺さぶられ感動する。
「生命(いのち)」は、何ものにも等しく唯一のものである。
どんなに世の中が変わっても、
変えてはならないものがある。
変える事の出来ない「かけがえのない」ものがある。
忘れてはならない事がある。
大事に守らなければならないものがある。
私は、固い人間かもしれない。
カウンセラーとしては、違っているのかもしれない。
それでも、
私は、忘れない。
私らしいこの生き方を変えたいとも思わない。b0122085_2382212.jpg
日々寒さの増して行くこの師走の空の下、
彼の東北の被災の地で、先の見えない不安の中、
悔しさや切なさを腹の底に押し殺しながら、
今日一日を終わらせた人たちの在ることを、
私は、ずっとずっと覚えておく。
私は、絶対忘れない。
今は、せめてそれだけが私に出来ることだから。

信じている。
折角ここまで生き延びたのだから、
絶対に自殺なんかしないで!
必ず生き抜いて!
ネクタイ締めた大臣や議員や、役人なんか当てにはならないけど、
捨てやもんじゃない名もない心ある人たちが、まだまだたくさん居るから。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-12-11 22:26 | Comments(1)

今年の育成講座、明日で修了です。

今年度の育成講座にご参加の皆様、
一年間、本当にお疲れ様でした。
今年度 『第16期 実力あるカウンセラー育成講座』で
年間を通じて学んできた『メタスキル』は、
スキルを超えるスキルとして、本当に意味深く、
そこに取り組んできたことの意義深さを今さらのように嬉しく感じています。
そして、
明日は、いよいよ今年度の最終日。
お昼には、オードブルをご用意させて頂くべく準備を整えています。
楽しみにご参加ください。

明日は、今年の総まとめとして、
『援助関係における自己成長』と題して気づきのワークを実施する予定です。
メタスキルを、更に具体的に自分のものとして実感して頂けるよう、
只今、工夫中!!です。
是非とも明日にご期待ください!!

では、私は、これから一工夫、ひとヒネリを…。
お風呂に浸かりながら、考えま~す。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-12-09 21:34 | Comments(0)

歴史を学ぶことの意味

正直、学生時代の私にとって、歴史は苦手学科だった。
年号を覚え、人名を間違いなく漢字で記し、
知らない地名を正確に覚えなければならない作業は、苦痛だった。
それでも、
私は、歴史を学ぶことは、ずっと好きだった。
歴史を学ぶ時、そこに介在する人間の思考や、感情、
駆け引きや戦略、その影響をもろに受けるその時代そこに暮らす多くの民族。
それらに想いを馳せることは、
潜在的に眠る私の妄想力を大いに駆り立てた。

歴史を学ぶことの意味は、何だろう?
歴史を知り、歴史を学ぶことは、
過去のその時代、確かにそこに生きた人々と対話することであり、
昨日が過去になり、歴史に刻まれるのと同様に、
そして、その昨日が今日に繋がり、明日に未来に繋がって行くように、
とても大事なことだと考えている。
歴史を学ぶ魅力は、今の時代をよく知るためにも欠くことが出来ない。

ハワイ大学に在学中に何度も通った真珠湾。
今日は、日本が、あの奇襲攻撃をした日だ。
私たちの知らないところで、
今も時代を大きく動かしかねない重要なカギを握っている人たちがいる。
その人が何処に居るのか、私たちは殆ど誰も知らない。
サイバーテロに脅かされる現代にあっては、
それは、世界中の何処かの名もない誰かかもしれない。
しかし、それらも、この21世紀と云う時代性の中で造られた人間であることだけは確かだ。
過去の歴史の上に今があり、
この今は、紛れもなく次への歴史を作っている。
今を生きる私たち人間は、
もっと言えば、現代の人類は、どのような歴史を作ろうとしているのだろう。
歴史と対話することの大切さは、
私たちの先人の、遠い遠い祖父や祖母と対話するに等しい。
歴史を学ぶ事の意味はそこにこそ在るのではないかと考えている。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-12-08 23:47 | Comments(0)