<   2011年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

あまりにも暑すぎた、熱射の照り返しの強さのせいでしょうか?
今年の春に植え付けたもみじの木が、紅葉を待たずに枯れてしまいました。
カウンセリングセンターの入口に大きな鉢植えで苗付けしたのですが、
夏季休暇が長くて、水やりが十分でなかったことも原因かとも考えます。
落葉樹は、葉が薄いので、お水をたっぷりあげなければなりません。
にも拘らず、長い夏のお休みの間に水不足になったのかもしれません。
休みが明けて、若木のもみじに再開した時には、
既にあちこちに茶色く焼けただれた感じになってしまった葉が目立つようになっていました。
それでも、何とか愛情を込めて手入れをしたのですが、
結局、葉は全て茶褐色の枯れ葉になってしまいました。

今日、思い切って、その葉を全部、そぎ落としました。
木は、丸坊主になってしまいました。
暑過ぎて、日中、全く木陰の無い、照り返しのきつい街の中に立ち続けた、
ひ弱なもみじの木は、立っているだけでやっとだったのだろうと思います。
来年の春には、再び芽を吹きますように。
枯れかかった小さな命が、来春、若芽を覘かせてくれますように。
祈りながら、世話しながら、待っていようと思います。
[PR]
by h-c-c | 2011-09-30 19:15 | Comments(0)
今日は2個目の書き込みです。 あまりにも嬉しかったので書いちゃいます。

今夜は、
人間国宝の野村万作氏と萬斎氏親子、他7名の演者の方々による
「狂言」、『附子』と『首引』を鑑賞してきました。
b0122085_2245199.png
久し振りに、ゆっくりと、本当に楽しいひと時でした。
家族で出かけて行ったのですが、
とても楽しくて、世代の若い息子たちも堪能していました。
「狂言」に限らず、日本の古典芸能や文化、
芸術や美術に触れる時間が私はとても好きです。
生まれ育った家庭環境は、確かに大きく影響していると感じますが、
家族みんなで、芸術や美術談義が出来る歓びは、
この上なく幸せを感じられる時間です。 
秋の夜長に、これから、また楽しみが増えてきます。

10月1日~7日まで、ギャラリースペースでは『皿展』を開催します。
東洋を中心に、日本、中国、朝鮮の古陶磁を一堂に展観いたします。
古九谷、古伊万里に始まり、ご当地の稀少な姫谷焼も並びます。
是非、この機会に古陶の美をお楽しみください。
11日~16日までは、油彩絵画の展覧会が、
その後、19日~30日までは、備後を拠点に制作活動を続けられている
作家の方々による「備後魂展」が開催されます。

カウンセリングセンターと併設のギャラリースペースは、
クリエイティブに自己表現を続けられる方々の発表の場として、
30年近くの時間を皆様と共に過ごして参りました。

芸術の秋です。
美術、芸術を、もっと身近に。
ホッと、一息つきに、是非、画廊に遊びにお越しください。
もちろん、入場料は、無料です。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-09-29 22:26 | Comments(0)
ずっと、ずっと考えてたんだろうな…。
ホントに、ず~っと考えてたに違いない。
迷っただろうな。
悩んだだろうな。
苦しんだんだろうな。…って、勝手に解釈しちゃう。
だって、あんなにいい役者なのに。
本当に巧い、味のある、これからが益々楽しみな役者なのに。
好きだったのに。
仕事として選び、精進し、俳優としての芸に対して、自らを創り上げていくあの姿勢。
役を通して表現するあの創造性、妙味。
凄い!!と、魅力を感じていたのに。
、、、、、、、
―香川照之―
これから、新たな世界に挑戦されるんですよね。
あえて、の挑戦を!!
なんか…こぅ…、、、、、、
なんて言ったらいいの???…
ジィ~ンと、きちゃって、わたし…、うまく言えないけど…感激しました。

人は、こうやって、いつも自らの人生の様々な場面で、
自分で取捨選択しながら生きているんだなぁ~って。

誰の人生も「自分」の変わりはない。
自分の人生は、紛れもなく自分が歩むより他はない。
香川照之には、香川照之ならではの人生の背景があり、
スケールは違うけれども、私には私の人生が用意されている。
そこに起こる出来事や、出逢い。別れや、痛み。
それらの一つ一つを繋ぎ合わせながら、ゲシュタルトし、
さらに、それらを含んで超えてトランスパーソナル的に進んで行く生き方。

私の理想とする生き方です。

彼の新たな世界へのこれからに、祝福の乾杯を!!
001.gif 見守っています 001.gif

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-09-29 15:36 | Comments(0)

拠点は何処?

b0122085_21421592.jpg
昨日は、尾道。
今日は、倉敷。
その前、高松で、も一個前、大阪。
この次、府中で、次には、呉。
???
で、もって・・・
だから・・・
???
私の拠点は? 何処?
[PR]
by h-c-c | 2011-09-28 21:45 | Comments(0)

清々しい季節です

色んなことがあったし、その事は、まだまだ続いているけれど、
季節は、清々しく心地よい風を運んでくれます。
良い季節ですね。
これから野山は紅葉に身を飾って行くのでしょうね。
そして、やがてはその葉を落とし、大地に溶け込み堆肥となり、
己に続く木々の根に、我が身の命を戻し与えて行くのでしょうね。
この循環こそが、命の永々たる営みなのでしょうね。

富士山はその山頂に、例年より一足早く雪を頂いたそうです。
秋を感じ、秋の気配と実りに感謝しながらも、
来るべき冬に備えなければなりません。
東日本の東北の冬は、早く始まり長く続きます。
復興への厳しさは、西日本に暮らすものの想像を超えています。

b0122085_11362076.jpg直接的に何も出来ないと嘆くのではなく、
事あるごとに想いを馳せ、
祈り、愛の念を送り続けることは、
何処に居てもできることです。

人にとっては、
忘れられる悲しみが、
何より辛いことなのですから、
覚えておきましょう。
忘れず祈りましょう。
そして、
この行為は、
決して小さく無力ではないことを信じましょう。

私は、昨日、
午前中のカウンセリングを終えて、
直ちに四国へ向かいました。
高齢者の認知症施設へ伺いました。
大きくて立派な建物で、高級感のある施設でした。
各お部屋も広々とゆったりしています。
大勢のお年寄りの方々がいらっしゃいました。
其々の人生を生きて来られた方々の晩年のお姿は、
言葉を超えて、私の胸を熱くしました。

夏が行き、秋を迎え、やがて来る冬に向けて備えることは、
巡り巡る季節への準備を通して、
自然が、私たちに人生の生きる準備を…、
まるで、「考えながら生きて行けよ!」 とでも
告げているようだ…、と、受け止めながら、
日が短くなって、美しい灯りの燈る
瀬戸大橋を車で走りながら帰って来ました。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-09-26 11:28 | Comments(0)

新鮮な感動

つい今しがた、大阪から戻って参りました。
秋のシルバーウィークに、新しいセラピーを体験してきました。
それは、
とても静かなグループセラピーでした。
『ファミリーコンステレーション』って、ご存知ですか?
私は、初めての体験でした。
ファミリーコンステレーションでは、人が抱える様々な問題や苦しみを、
単に個人の問題としてでなく、家族システムの中で起きている症状と捉え、
家族メンバーの配置、地図、エネルギーの流れ、動き方などを、
代理人と言う存在を借りながら、そこに新たな視点を設けて、
全体像をつぶさに観ながら、
手掛かりを見つけ出そうとするものです。

b0122085_20194045.jpgひとことで言うならば、
それは本当に静かで美しく、
それでいて、
大変ダイナミックに「場」が展開して行く「今、ここ」に観る
変化、変容、感動的なものでした。
従来の家族療法とは、また違っています。
ゲシュタルトの要素を含みつつも、
やはり、それとも違っていました。
「今、ここ」のこの現実を、
承認することをその基本に置きます。
承認することから、全てが動き始めます。
ただ、ただ、この事実を、現実を承認し続ける。

この承認の行為の中にこそ、
次に繋がる大事な芽が潜み、芽吹く準備を始めるのだと言うことを、
2日間、全身全霊で、どっぷり体感してきました。

また、いつか、具体的にお話できる機会が持てれば嬉しく思います。

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-09-24 20:08 | Comments(0)
次から次へと、今年の日本は、災害に追っかけられているみたいです。
我が家の長男は、現在、名古屋で暮らしています。
昨日は、腰まで水に浸かったそうで、車は浮きかけて流されるかと思ったと、連絡してきました。
私は、ずっと以前からの予定で、今日、尾道で講師の仕事が入っていました。
台風で、電車がどうなるかと少し案じていましたが、なんとか予定通り開催されました。
会場に向かうまで、時間があったので駅近くの喫茶店で珈琲を飲んでいた時のことです。
隣の席にいらした、シルバーグレイのご婦人たちの何気ない会話のひとこまです。
・・・・・
「それにしても、便利が良くなりましたよね。橋がついてから。」
「ええ~?そう????」
「自分の時間の都合に合わせて車でこっちまで来れますもの…。」
どうも、そのご婦人方は、
瀬戸内海の尾道水道を挟んだ向島にお住まいのご様子。

「それは、貴女が車に乗せてもらえるからでしょ。」・・・・・
・・・・・
「私は、独り者だし、車にも乗れないから、便利が悪くなったとしか思えないですよ。」
・・・・・
「以前は、家の前から船が出てたから、歩いて2-3分で船に乗って、
こちらに渡って来れてたけど、今は、20分も歩いてバス停まで行って、
そこからバスで橋渡らなきゃならないんだもの。。。」

以前は、何箇所か有ったフェリ―乗り場が、橋が付いたことによって、
廃止されたらしいのです。

便利が良い悪いって、何を基準に誰を基準に決めるんでしょうね。
今後益々高齢化していくこの国に在って、この地域に在って、
私たちが考えなければならない暮らし方の基本軸って、何なんでしょうか。

b0122085_221078.jpg
若い人が考える便利さや快適さが、
そのまま、高齢者にはそぐわないことは多々あります。
敬老の日を終えて、
これから向かう私たちの暮らし方、暮らしぶり、
日常のあり方、等々、、、
本気で考え直した方が良さそうだとは思いませんか。
私は、考え直し、見直す必要性をとても強く感じています。

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-09-21 21:48 | Comments(0)
  どうですか!?! 今年の九月は・・・。
  どうしたんでしょうねぇ?!? 今年の九月は…。
  またまた台風ですよ。
  蒸し暑いです。
  梅雨みたいです。
三月の桃の節句は有名ですが、
実は、九月は菊の節句月だってこと、ご存知でしたか?

b0122085_11315629.jpg春の桜が、
はかなく淡く散り行くのに対比して、
秋の菊は、
日差しの強い中でも、降りしきる雨の下でも、
力強く芳しく咲き続けます。
元々は、中国から渡来されたものなのでしょうが、
日本国内において、その後、
様々に交配品種改良された菊は、
今や日本から、世界中に空輸されて、
世界各国の人々を愉しませてくれています。

食用の菊を召しあがったことがありますか。
目で楽しみ、香りで味わい、舌に含むと独特の食感と風味に包まれます。
健康にだっていいのですよ。
他の短命な花々の中にあって、生命力のある菊。
なのに、その菊にさえも今年なかなか出逢えません。
どうしたんでしょうね。
どうなっちゃったんでしょうね。
何かが、確実に、地球規模で変化していることは感じますよね。
[PR]
by h-c-c | 2011-09-18 11:13 | Comments(0)

あまりにも忙しく・・・

今週は、あまりにも分刻みに忙しくて、若干体調が崩れ気味。
午前中は倉敷へ。そのまま午後には府中から駅家へ。
作家さんと逢うために東へ西へそして北へ。
メンタルヘルス支援関連で、春から抱えていた案件も、
先ごろようやくひと段落ついた。
気が張っていたのだと思う。
予定の仕事をこなしながら、次々に起こる事象からも逃げられず、
それは、夏の終わりの頃になって、私の体調へ正直に現れた。
蕁麻疹だ。
胸から腹、脇から背中…、丁度腹巻を巻く辺りに、
ものの見事に、びっしりと蕁麻疹がでた。
痒くて、イライラする。
でも、医者には行かない。
医者に行ったって、かゆみ止めの飲み薬と軟膏を出されるだけに決まってる。
医者に行ったら、きっと温めるなと言うだろう。
私は、今週、ゆっくり半身浴をしながら、身体を温めた。
溜まった毒素を出したくて、
夏疲れと、過労気味でストレスにやられかけた身体をいたわりたくて、
とにかく、ゆっくり半身浴で、自己流のストレス解消を一週間やってみた。
蕁麻疹は、完全ではないにしろ、随分治まって来た。
だから、今週は、プールにもジムにも行っていない。
来週は、尾道、大阪。
次週は、尾道、倉敷、三原。
ギャラリーの展示会も並行して開催する。
好きな仕事とはいえ、私は、決して仕事依存症ではないので、
ちょっと、休みたい。
[PR]
by h-c-c | 2011-09-17 21:45 | Comments(0)
なんだか、今年の夏は物入りで、出費ばかりが嵩みます。
ギャラリーのトイレを全面改装しました。
内装からトイレの機能まで、一気にやり替えました。
とってもお洒落で綺麗なトイレに変身!で、
毎日快適に使用させてもらってます。
なので、これはこれでOKなのですが、
エアコンの調子が悪くなって、修理しました。
精米機が壊れたので買い換えました。
湯沸かしポットが遂に動かなくなったので、ケトルに変えました。

終戦後しばらくしてから先々代が買い求め、
それからずっと我が家に60年以上有る仏壇の中側を、
今年は、
綺麗に仏壇屋さんにお掃除していただきました。
お彼岸までには、仏間に戻るようにお願いをしてありますので、
綺麗になった仏壇は、明日には我が家に戻ってくる予定です。

ところがです。
ところが、そして、何というか、こともあろうに!!!
今夜は、テレビが壊れてしまいました。
2003年に買い求めたSHARPのAQUOSです。
電源が入りません。
ウンともスンとも言わないのです。
005.gifえええええ008.gif!!!!!って、感じです。

何で、壊れる時って、何もかもが重なっちゃうんでしょうかねぇ。
またまた出費です。
もう!009.gif 009.gif 厭だ!022.gif
[PR]
by h-c-c | 2011-09-15 20:26 | Comments(0)

HCC Community Space


by h-c-c