HCC コミュニティ ひろば

hcc1737.exblog.jp

HCC Community Space

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

常に流れている

あらゆるものは、常に流れ、変化し続けている。
留まるものは何も無い。
私たちが嫌な気分でいる時は、
実は、次の気分の始まりで、
次の気分の種が動き出している時でもある。
あなたの存在が私を創り出し、
私の存在があなたを創り出す。
諸行無常。 …常ならず…。
関係性のあるところに、私たちは生きている。
シンプルに。よりシンプルに。
簡素に。素直に。率直に。
単純明快な心の声を聴きながら。
[PR]
by h-c-c | 2011-08-31 22:41 | Comments(0)
中国、韓国、北朝鮮…。
近隣の国々も其々に危うさを抱える中、
北朝鮮は特に、近々代替わりと言う大きな転換期を迎える。
転換期には良からぬ形で自国の力を誇示してくる北朝鮮。
隙あらばちょっかいを仕掛けてくる中国。
今だ先の大戦の後始末の在り方を引きずり続ける韓国。
内にあっては、大震災の復興、放射能汚染の集結。
原子力発電のこれからの扱い方、エネルギーに対する根本的スタンスの提示。
独り世帯の増加と孤独死、無縁死への対応。
溢れる就職難民。フリーター、ニート、引きこもりの増加。
円高、金融不安、世界恐慌への予感と懸念。
企業の海外脱出。
少子化にもかかわらず、国内に広がる教育格差の実態。
生活保護家庭の増加。
テロ、内乱は無いかもしれないが、凶悪、特異な殺人事件は、後を絶たず、
家族間、近親者間での殺人事件がこれ程頻繁な国は他にない。
どうなるんだろう???
民主党の党首が変わった。野田佳彦さんだ。
実直さの感じられる人だと思う。
でも、分からない。
政治に限らない。一人では、大きなことは出来ないのだ。
多くの人を巻き込みながら、うねりに変えて行かなければならない。
与党でも野党でもいい。
この国のために、この国に生き、この国に暮らす人々のために、働いて欲しい。
誰かが頼んだ訳じゃない。
自らが、「お願いします。」「お願いします。」って、大声上げて、手を振って、
選んだ道なんだから。
頑張ってください。私たちは、あなた方に託するより術がないのですから…。
そして…、管さん、
何はともあれ、お疲れ様でした。
四面楚歌で、同士の民主党員からも、「管が辞めれば…。」と言われる中で、
それでも続けたあなたの姿は、それなりに素晴らしかった。
よく、胃に穴が開かなかったものだと、あなたの精神力の強さには感動さえ覚えた。
もっと優秀な参謀が居たなら…、と残念には感じる。
自国のみでなく、今と言う時代は、
世界規模で、もっというならば地球規模で、大きな転換期に来ていると思える。
そんな時代に、私たちは生まれ合わせ、生きている。
すぐそこに台風も近づいて来ている。
[PR]
by h-c-c | 2011-08-30 22:39 | Comments(3)
一時は、生死の境をさ迷って、長い間集中治療室にいた義母(姑)でしたが、
お陰さまで、奇蹟的な回復をみせ、現在は、リハビリ中です。
7月7日、交通事故による内臓出血で、全身麻酔の手術をしました。
年齢的なこともあり、術後の意識回復に長時間を費やしました。
本当に、本当に、奇蹟的な回復です。
意識もすっかり正常に戻り、
病院も、緊急重傷者対応の病院から、一般の総合病院に転院しました。
今では、以前のしっかり者の義母表情に戻りましたが、
何しろ86歳ですし、45日間全く動いていませんでしたので、
足が立ちません。
ただ、元気な受け答えが出来るようになってくれたことは、
本当に嬉しい限りです。
さまざまな事ごとに、感謝いたします。
ありがとうございます。
[PR]
by h-c-c | 2011-08-28 19:39 | Comments(2)
やれやれ・・・だね。。。まったく・・・。
なぁ~んにも、変わらないね。この国は…。
またまた小沢だよ。何一つ成就させられないあの小沢だよ。
間抜けな鳩ポッポが、恥の上塗りみたいに、何勘違いしてんだか、またまたウロチョロしてる。
私たちに、何が足りないんだろう?
私たち、一国民の一人一人に一体何が足らないんだろう???
「デモ」すりゃいいの?…そうなの???…
国会議事堂の前で、座り込みでもすりゃいいの。
ホント、そんな事くらいしか、出来ないの?
体たらくで慢性的に愚作怠惰な自民党が、戦後の復興も含めお一人様状態で60年以上。
必要以上の人件費を無能な政治家に費やしたツケは大きい。
変化を好まない日本人が、思い切って民主党にかすかな希望を抱いた。
しかし、
それは、あまりにも幼く未熟な政党だった。

人間にとって、数ある修行の中でも上位主要課題の一つに「待つ」と言う修行がある。
「待つ」…、それは単に手をこまねいてじっとしている事ではない。
「人事を尽くして天命を待つ」…の、「待つ」だ。

民主党も自民党も同じじゃないか。
野党もヘッタくれもないもんだ。
円高は、確かに悪いばかりじゃない。
国にとって、国際間の綱引きは、政治:経済では3:7って考えられているらしい。
日本の企業は優秀だ。
国民も、労働者も、基本勤勉で、辛抱強い。粘り強く、努力研究を惜しまない。
だから、まだ、これでも何とか持ってんだけど…、それにも限界がある。
b0122085_21512865.jpg問題なのは、政治家だ。
よくもまぁ、これだけ馬鹿が揃ったもんだ。
KY(空気読めない)なんてもんじゃない。
何と鈍感で、とろくさいことか。
公人としての志は、みじんも感じられない。
議員も、公務員も、身分じゃない。
これは自らが選んだ、れっきとした職業だ。
過分な報酬に恥じないように、
働け!もっと。 きっちり、働いてくれ!
「サムライ」は、いないのか?
「葉隠」の精神は消えうせたのか。
これだけ、民主党がダメでも、自民党に戻そうと言う人の声も、聴こえて来ない。
今さら自民党に戻したって、また負のスパイラルに陥り逆戻りしかねない気配を
実は、国民たちは、皆どこかで薄々感じている。
じゅあ…、だから…、どうすりゃいいの?
分かんないんだよォ~~~~!!!
誰か教えてよ。助けてよ。この国を!!
あぁ~あ…、厭だ、厭だ。。。イライラする。。。
[PR]
by h-c-c | 2011-08-23 21:35 | Comments(0)

夏が遠のいて行きます…

空が変わりましたね。
まだまだ日中は暑いですが、朝晩の空気は変わり始めましたよ。
今年も夏が、少しずつ遠のいて行きます…。
b0122085_22131791.jpg
長いお休みをいただきましたが、カウンセリングセンターも、
いよいよ明日からまた、平常通りに活動開始です。
夏季休暇は、それなりに充実していました。
海にも山にも行きました。
日本にトランスパーソナル心理学をもたらしてくれた吉福伸逸氏による
2泊3日のワークショップにも参加してきました。
メチャクチャハードな激しい!!って言葉がピッタリのワークショップでした。
長期の夏季休暇を使って、トイレも全面的に改装しました。
当然ながらお盆には、平素離れている家族や親せきも一堂に会します。
お盆供養も、お墓参りも、お寺の住職さんと共に行いました。
なんだかんだで本当に、充実というより忙しい11日間でした。
秋が来る前に、やっておかなければならないことも、まだたくさん残っているし…。
今年の秋も、そうそうゆっくりは、していられそうもない。。。。。025.gif046.gif025.gif
[PR]
by h-c-c | 2011-08-22 22:27 | Comments(0)

何が目標? 何が大事?

「カウンセリング」に関わる世界に足を踏み入れていると、
「気づく」ということを、殊の外大事なことのように言われます。
・・・でも・・・
本当に… そう? … なの…?
そもそも、私たちは、「わたし」は、何のために生きているの?
私の目標は何?
目指すものは何?
何が大事なの?

「気づく」ということは、確かに大切なポイントの一つではあるに違いない。
しかし、私たちは、気づくために生きているわけではない。
よって、「気づく」ことが、目標であるはずもない。

んんん…、
なんて言ったらいいのでしょうか…。
兎にも角にも、
私たちは、気づきのために気付きを求めているわけでは無いことだけは確かです。

大事なことは「感」ではないかと、私としては考えています。
人は皆、幸せになりたいんです。
この希望は、間違っていません。 …きっと…

ただ、くせものなのは、この「幸せ」って奴ですよね。
「幸せ」は、条件じゃない。物理的環境でもない。
形じゃないし、他人と比べられるものでもない。
…そこで、「感」です。

自分自身が、幸福感を感じ取れていること。
「感」のセンサーを柔らかく豊かに育てること。
柔軟な心の襞で、小さなことも喜べる「感」の感度を上げること。

今を生きている自分にとって、この人生の目標って、
本当のところ一体何なんでしょう…?

少し丁寧に考えてみませんか?

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-08-18 20:03 | Comments(0)
朝早くの海は、本当に清々しい。
風は心地よく、気分は上々。
久々に再開した我が家の恒例夏の船釣りは、やはり、とても楽しかった。
でも、改めて数えてみると8年振りで、一日中の海の上は、結構疲れた。
釣りバカ対決も、後半追い上げの大逆転で、
釣りは、生まれて初めてと言う、嫁のジュリの優勝となった。
まあ、ルールに結構色々な制約があったので、
数だけを純粋に数えれば、長男の雄介が16匹でトップだったんだけど、
-3ポイントの姫オコゼを3匹も釣ってしまったので原点が多かった。
キャア―、キャア―、ワイワイ言いながらホント楽しかった。

浜で泳いだり、潜ったりもした。
海は、それなりにまだ、きれいだったが、水温が高かった。
全然冷たくなかった。
以前は、船底にある海続きの生け簀に釣った魚を入れていたが、
最近では、海表面の水温が高すぎて、魚が死ぬし、腐ってしまうからと、
釣った魚は、直ちに氷ギンギンのアイスボックスに納めなくてはならなかった。

連日猛暑のニュースが報じられているが、外気だけではない。
海の中も、水温は上がり、地球はあちこちで、確実に温度が上がっている。

今日は、終戦記念日。
平和は本当に尊く、有り難いことだが、
地球規模で、自然界そのものが、調和を欠き始めて既に久しい。

釣れた魚も、以前のものとは確かに違っていたし、小さかった。

海での疲れが尾を引いて、今年は花火大会には行かなかった。
今日は、一日ゆっくり過ごした。

眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-08-15 21:53 | Comments(0)

2011の夏季休暇

今日から夏季休暇。
b0122085_1875521.jpg明日は、船を出して釣りに出かけます。
もう、何十年も前から、
毎年夏には船を出して、
家族だけでなく、
友人や知人を誘っては魚釣りに出かけることが
恒例となっていた我が家のひと夏の過ごし方でした。
朝早いうちから船を出して、
お昼には、午前中に釣った魚で皆で昼食。

午後からは、船をさらに走らせて、小さな島に船をつけ、
そこの浜で泳ぎます。
私たち家族、仲間以外には誰の人影も見当たらないそのビーチは、
ゆっくり、のんびり、本当に至福のひと時でした。

父の体調が悪くなってから、しばらくそれも中断していました。
父を送って、喪を終えて、丸3年、足掛け4年が過ぎた今年。
久々に、この恒例の我が家の夏行事を復活させます。

明日は、「釣りバカ対決!!」で、皆で釣りを楽しむ予定です。

暑い暑い酷暑の夏ですが、
皆様も、夏季休暇をお楽しみください。
[PR]
by h-c-c | 2011-08-12 18:15 | Comments(0)

「学問」の大切さ

「情報開示を。」
「もっと情報を出して。」……
??…、??そうして得た情報を、どうするの。どうしたいの。
確かに「情報」は、必要だ。
むしろ、いつの時代も、多くの人を動かすのは、風評も含めて情報の力は大きい。

「人間性」は、何処でどのようにして創られるのだろうか。
賢者と愚者、賢人と愚人は、何処がどのように違うのだろうか。
その昔、
「学問のすすめ」を説いた福沢諭吉は、記している。
『賢人と愚人の違いは、学ぶと学ばないとに因りて出来るものなり』と。
現代人が陥りやすい、効率を追求する学び方。
即効性のある、活用有利な知識を優先しがちな学び方。
しかし、
豊かな人間性に隠れているものは、
無用の学問であり、無用な知識であり、それらを土台にして
成熟させたその人を通じて醗酵させていく独自の智恵の深さではないかと考える。
「学問」することは、
「情報」に、一喜一憂することとは違う。
「情報」に惑わされないためにも、成熟した智恵の下に
冷静な判断のできる人間に成りたいものである。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-08-04 20:29 | Comments(2)
八月ですよ!  八月。
ウダウダ言ってるばかりが能生じゃない。
行くよ! 行くよ!!! ガ、ガ~ン!と。 真っ直ぐに!
洗濯物を干しに上がった屋上で、
溢れんばかりに眩しく照りつく太陽に向かって
「負けるもんか~っ!」って、
大声で叫んだら、何だかすっごく元気が出て来た。b0122085_12112120.jpgb0122085_12152275.jpg








目を細めたくなるほど、あらゆるものを鮮やかに照らし出す八月の季節。
真っ直ぐに、真っ直ぐに、ただ真っ直ぐに降りそ注ぐ光。
見て見ぬふりして、無いことにして、後回しにしてきたこと。
何もかもを光の下にさらし出す。
蓋してたもの、隠してたもの、訳分んなく引きずってたもの。
そんな、重っ苦しい鉛の鎖なんかも、、、、
要らないものなら、もぅ、捨てちゃえ。
行くぞ~~~!!!
夏だ!
行け~~~~!!!
泣いても、笑っても、怒っても、悩んでも、
そう、一日は一日。
こんなにキラキラした一日がやって来たんだ。
あの太陽に負けないくらいに、行くぞ~~~!!!
…んんんん…、012.gif 019.gif…って、チョッとテンション上がり過ぎかしら…?012.gif

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-08-01 11:56 | Comments(2)

HCC Community Space


by h-c-c