<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

祈りよ届け

友人が、メールでとても大事なことを伝えてくれました。
友人から届いたメールは、
原発現場で作業をしている方のご家族から…と、いうものです。
以下に殆ど原文のまま掲載します。
b0122085_22253883.jpg
皆さん、どうかお願いです。皆さんからの祈りをお願いします。
今、福島原発で、命がけで我々のこの国、この日本を、日本国民を、
あなたを、あなたの家族を救うために、
懸命に仕事をしている人たちがいます。
どうか祈ってください。作業が成功することを。
      自衛隊特殊化学防護隊の隊員たちは志願者です。
      しかも年齢は、殆どが55歳から上で、子育ても終えたので、
      思い残す事は無い、と、志願者になられたようです。
      そのような志願者が50名。
時事通信社の記事があります。
東電が、全国の電力会社、協力企業に助けを求めてきました。
志願者を求めてきたのです。
決死隊として、原発の内部作業をする原発関係のベテランを募ったのです。
      中国電力の原発勤務40年のある男性が、
     「この作業は、自分たちのようなベテランがやるべきだ。」
      自分は、定年まで後一年だ。子育ても終わっている。
      そう言って、志願したそうです。
      ご家族は、静かに自分の想いを語る彼の姿に、
      自分の夫として、自分たちの父親として、その場に居ながらも、
      彼から伝わるその決意の前に、何も言えなかったそうです。
      その方の娘さんは、今までにない父のもの静かな、
      しかし、揺るがない決意の顔を初めて見たそうです。
      翌朝、いつの出勤と同じように
     「じゃあ、行ってくる」と言って玄関を出たそうです。
原発での作業中には、放射線による被曝があります。
国が定める限界被曝単位は100ミリシーベルト。
それが、250ミリシーベルトになりました。

なぜ?
何故なら彼らが望んだからです。
100ミリシーベルトでは、作業を行うに当たって時間が短すぎるのです。
すぐに時間が経過して、数分間単位では、肝心な作業が出来ないからです。

    だから彼らは、
    国に対して250ミリシーベルトに上げてくれるよう求めたのです。
    そのための、自分たち自身への被曝量が増すのは覚悟の上です。
そのお陰で、昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。
もし臨界点に達していたら…、
私たちは、今、ここ、この時を過ごせていません。
家族と恋人と、仲間と友人との、この時間は無かったかも知れないのです。
半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロに近かったのです。

今、ここに、こうして居られるのは、彼らのお陰なのです。

お願いです。
皆さん、祈ってください。
一人でも多くの祈りの気持ちを送りこんでください。
作業が成功するように祈ってください。
皆さんの想いを送ってください。
      今日、放水作業が無事に終わりました。
      明日の作業も成功するように…。
      隊員の方々が無事であるように…。
どうか祈ってください。お願いします。
一人でも多くの人に、報道が伝えない、
この国の為に、自らの身命を賭して作業を黙々と続けている
果敢な志願部隊のいることを覚えていて欲しいのです。


上記の、メールを友人から受け取って、私はここにそれを記してみました。

いつの時代にも、特攻隊のあの精神で、国を支える人たちがいる。
この国は、これまでも、そういった名も無い人たちによって
志高き人たちによっって、誇り高き精神によって、
守られて来たのでしょう。
心から、深く深く感謝いたします。

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-03-29 22:31 | Comments(2)

出来ることから

051.gif 出来ることから…ひとつでも… 051.gif

評論家的仕事、止めませんか。
マスコミも、コメンテーターも、スーパーで立ち話の奥様方も、
駅のベンチで井戸端会議の競馬ファンの人たちも、
喫茶店、ボックス席のおじさま方に到るまで……
政府のやり方、東電の体質、放射能処理について、
なんとまぁ~、、、皆さん其々に相当なご意見がお有りのようで…。
でも、ちょっと考えても見てください。
自分に出来ることと、出来ないこと。
批判、評論もいいけれど、
それよりまず、だから、自分は何をしてるの?
一体私は、この件に関して、具体的に何をしてるの?
何が出来て、何は出来ないの?
そっちの方が大事じゃないかと、私は感じています。
今朝も、被災地には大きな地震がありました。
津波警報も出されていました。
まだ、何にも終わっていなくて、ずっとずっと続いてて…。
現場では多くの人たちが、さまざまな想いを抱きながらも、
実際に危険な場所で救済活動をなさっています。
b0122085_18114450.jpg
口ばっかりで、言うばっかりで、
そんなのって、ちょっと恥ずかしくないですか?
一人ひとりの人間が、
其々に己の心に問うことから始めなければ、前には行かない。
他人事で終わっちゃう。
対岸の火事、評論家的姿勢、…もう、止めませんか。

いつの時も、他人(ヒト)じゃない。
私です。
全ては、私から…、そう、全ては自分から始まるのですから。
[PR]
by h-c-c | 2011-03-28 18:13 | Comments(0)
こんなことしたら不謹慎…?だから…止めよう…。
今は、自粛した方がいいよ。
……、その考え方、選択行動は、本当に正しいのか。
良い。悪い。は、何を基準に、誰が、何処で、決めるのか。
今、西日本までが元気をなくして どうする。
元気出せ、西日本。
頑張れ、西日本。
精一杯の活力で、活性化させたエネルギーの波動を
東に向かって送りこめ。
だいじなのは、その行動の根っこがピュアか、どうか。

心に祈りがあるならば、
繋がる想いがあるならば、
不謹慎なんてことはない。…と、私は考えるのですが、
…、これって、違ってますか?

義援金詐欺。
災害泥棒。
デマ、風評の発信者。
こいつらは、どう考えたって不謹慎。
どうしようもない腐った輩。

しかし、
そうではない、ごくごく一般の人たちが、
何もかもを押さえて、我慢して、消極的になって、
元気も、消費も冷え切らせてしまったら、
日本は、本当に沈んでしまう。
西日本に暮らす人たちは、
元気出して、張り切って、今こそ活発に高らかにb0122085_2318830.jpg
ハッピーな波動を響き渡らせた方が良いのではないかと考えるのですが。
そうすることが、不謹慎だとは思えないのですが。


今夜は、アフリカンドラムを聴きに行きました。

ケニアの音楽を聴いていると、
あのドラムからリズムが身体中に響き渡り、沁み入り、
自然に身体が揺れて、踊りだす。
人類のルーツの響きが、身体の細胞の隅々に行き渡る。

大好きなアフリカ大陸がドラムの響きを通して、
私の心を震わせてくれました。
明日からも、頑張ります!!

馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-03-26 19:49 | Comments(0)

フランスの空の下

今朝、ジュリは、フランスへ向けて旅立った。
今はまだ、フライト中。  飛行機の中。
b0122085_22381415.jpg

明日の朝にはシャルルドゴール。

遠くフランスの地から
地震と津波と被爆を憂い、
我が子の身を案じる
親心を、誰が責められよう…。

国で待つ、
お父さん、お母さんに、
元気な姿を見せることが
今は一番の親孝行。

日本は大丈夫。
日本人は凄い。
それを、自分の口から伝えるために、
一度フランスの土を踏む。と、
ジュリは日本を旅立った。

パリの美しさとは異なるが、日本の四月、桜の季節は、本当に美しい。
b0122085_2241542.jpg
待ちわびる 桜の季節は もう、そこまで…。
時は、止まらない。 季節は、巡る。 立ち止まるものは、いつの時にも、人の思い込みだけ。
[PR]
by h-c-c | 2011-03-24 22:58 | Comments(0)

愛…だいじに想うこと

世界史に残る、千年に一度の人類史を襲う大災害は、
他のどの地でもない、私たちの生きているこの日本に起こった。
私たちの生きている、今の時代に起こった。
ここから何を学ぶのか。
何を感じ、何を考え、生きている現実の中で、
命に続く価値基準を、一体何に、何処に置くのか。
価値観の違いが生き方の違いを生むのだとしたら…。
何を価値基準の柱にするのか。

現代の日本において、
若い人たちは、少し違うかもしれないが、
それでも、
中高年以降の私たち日本人は、今だ「愛」という言葉を
直接的に使うことに不慣れな傾向がある。
ましてや面と向かって「愛してる」なんて、なかなか言わない。
抱き合ったり、ハグして頬を寄せ合ったりも殆どしない。

今、毎日のようにTVから流れて来る被災地の東北の現場から、
70歳代80歳代の男性たちが、こらえきれない涙を流しながら、
「おっかぁー!!」「おっかぁー!!」と妻の名を呼ぶ。
孫の名を呼び、「何にもいらねぇ…、生きててさえくれたら…。」
避難で疲れた身体を引きづりながら、
壊れてしまった我が家の辺りに戻って来た中年の女性が、
「おどぉー!!」「おどぉー!!」と、夫を探して声を枯らせる。

愛…とは、だいじに想うこと。相手を大切にすること。b0122085_12194733.jpg
日本人の愛は、表現の形が不器用だけれど、
私たちの愛の形は、ここに、確かに、力強く「在る」。

命につながる全てを愛し、だいじに感じ、大切に扱うこと。
私につながる全ての命が、まさしく私を愛し、私を支え、守ってくれている。
だから私は、
これまでにも増して、
私から積極的に、
私につながる全ての命を、だいじにし、愛を還していきたいと、
強く強く感じている。

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-03-20 12:24 | Comments(0)

千差万別

人は誰もが自分中心に、ものごとに関わる。
立場が違えば、考え方も、選択肢も、行動も、何もかもが、みな違う。

今日は遂に、フランスの大使館から、我が家のジュリにメールが届いた。
無事でいるか? 何処に居るか? 東京から離れろ!
可能ならば自国フランスへ一旦戻れ!
エールフランスの航空機チケットは、
今回は、特別価格の値引き運賃にするから、と。

b0122085_2317220.jpg

フランスが、
最も警戒しているのは、
放射能汚染。
 
帰国できないならば、
とにかく西に行け!
東京から西に行け!
関東圏から離れろ!と。


実際今、
たくさんのフランス人は、
フランスに帰って行っている。

*フランスに限らず、ヨーロッパの人たちは、チェルノブイリ事故以来、原発には過剰に反応する*

地震は有るは、津波は来るは、おまけに放射能漏れまで。
こんな危険な国に居なくていいと言う。

ジュリは、「大丈夫。大丈夫。」と、言っているが、
心配のあまり、連日涙声で電話をしてくるお母さんの心境を思うと、
私も、いたたまれない。
子を想う親心は、いずこも同じだ。

どうなるんだろう………??

母として
[PR]
by h-c-c | 2011-03-15 23:10 | Comments(0)

明日が見えるか?

悲惨な映像と情報が、繰り返し繰り返し私たちの手元に届く。
一方、あの苛酷な状況の中から救出され生還される方々の姿に
感動の歓びが湧き上がり、畏敬の涙が頬を伝う。
天災、人災に関わらず、
生きている以上、私たちは常に、
望みもしない現実に向き合わなければならない事態に直面する。
自分の生き置かれた現実に、目を背けずに、
そこに居ながら、「今」をきちんと見つめつつ、
同時に尚、
明日を見ることが出来るか?
たとえ、どんな事態を突きつけられようとも、
それでも、ちゃんと明日が見えるか?
熱い心を抱きつつ、冷めた頭で考えられるか?

戦争と闘争の時代に別れを告げ、理性と調和の21世紀が来る と、
然したる根拠もないままに、心の何処かで憧れにも似た期待感を持っていた。
にも拘らず…、
……21世紀は、とうに始まっているが…、

人類にとって、人間としての真価を問われる
次のステージに進むために、
もしかしたら、私たち日本人は、
人類の次のステージへの道しるべとして選ばれたのかもしれない。
驕った考え方かもしれない。
しかし、そうでも考えなければ、
今回の出来事はあまりにも過酷過ぎて、納得できない。

私たちは、哀しいほどに自分本位な考え方をする。
殆どの時、自分中心にものごとを見てしまう。
自分の時間軸、「私の人生」と云う短い時間軸でものごとを捉えると、
この世で遭遇することは、
理解できないこと、納得できないことだらけだ。
今回1000年に一度の大震災。
千年単位では、ある意味当然のごとく繰り返されて来た
地球規模での時間軸で捉えるならば、
私たちの、私の、この人生が、丁度そこに重なったにすぎないことになる。
地球は、あらゆる命を育んでいる。b0122085_20521318.jpg
決して人間だけの為にではない。
不謹慎だと言われるかもしれないが、
この度の、この事態に遭遇したことで、
長年歴史的な背景を含めて、
険悪な関係を引きずり、
政治や国民レベル交流だけでは
決して払拭出来なかった中国や韓国の人たちが、
「日本人」に対して
明らかに今までとは違った視点で見始めている。
弱虫で、お人好しで、負け腰のダメな日本人。
バカで、自分の意見も考えも持たない
アメリカのコバンザメ程度の日本人…などと…、
これまで、さんざんボロクソに言われ、なめられて来た経緯がある。
しかし、
少なくとも、今、それは、変わりつつある。
本当に強い人間とは、日本人のことだ!!とさえ言っている。
そんな賞賛を頂いたからと言って、
それに胡坐をかくのではなく、
だからこそ、今こそ、大和魂を心に秘める日本人として、
人類のこれからの生きる姿を指し示す道しるべになれるよう、
「いのち」に対して今一度、
謙虚に歩み始めるきっかけにして行けるならば、
これに勝るこの度の事態への意味づけはないのではないかと感じている。

いつの時にも、闇は夜明け前が、最も深く、最も暗い。
しかし、どんな時にも、必ずそれは夜明けを連れて来る。
明日は、そう・・・必ず、きっと・・・明日はある。

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-03-14 20:59 | Comments(1)

何もできない

昨日からの地震、津波は、今だ止むことなく続いている。
新たに、長野・新潟など内陸での地震も起きている。
今朝の新聞を読まれましたか?
一番裏のTV番組。
NHKを始め多くの局が白紙で終日ニュースとして提示しています。
こんな新聞欄は始めて見ました。
観るもの、聴くもの、何もかもが苦しくて、
昨日からずっとずっと胸が張り裂けそうです。
それでも、何にも出来ない自分が悔しくて情けない。

結局のところ、
地球にとって人間なんて、なんてことない存在なんだろうか。
地球にとっては、
日本の国が有っても無くても関係ないんだろうか。
そんな国の土の上で、
何のために皆、こんなに頑張ってるんだろう。
切なくて虚しくて心がかき乱される。

何も出来ない自分がここに居る。
今日は、もうなにもする気力が湧かなくて、
自宅に戻った。
ただただ涙だけが流れる。
西日本が、今後何も無い保証はないが、
東日本が、こんなにも傷ついてしまっている今、
私たち西日本に暮らす人間たちは、立ち上がらなければならないし、
頑張らなければならないと感じている。
丁度、自分の体内に、
何か良からぬ疾患が生じた時、
周囲の細胞たちが自然治癒力を振り絞って治療に立ち向かうように。

人の命が、こんな形で終わってしまわなければならないなんて。
納得なんて到底出来ない。
しかし、
今ここに、その現実が確かに在る。b0122085_1227299.jpg
たとえ、どれほど目を背けたくなる現実であろうとも、
ここから始めなければならないことだけは、事実のようだ。

忘れかけていた一番大事な人と人を結びつける
「心」や「思いやり」を、
今再び日本人に呼び起させるために、
この現象が有ったとしたら…、そう理解しようとしても、
それにしても、それは、余りにも代償が大きすぎる。

眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-03-12 11:59 | Comments(5)
次から次へと どうして 何のために こんなにも試練が続くのだろう?
日本観測史上最大規模の地震。津波。
私たちの暮らすこの国は、まさしく海洋国、島国だったんだ。
当たり前のことなのに、今さらのように思い知らされる。
日本が沈んでいく。どんどんどんどん沈んでいく。
イメージとしてではなく、現実として沈んでいく。
2011年3月11日。
東北から始まった巨大地震のあった日。
戦争を知らない世代が半数を超えた日本人だが、
私たちは、この日を、決して忘れない。

3月11日午後2時46分。
東北地方を揺らせた巨大なエネルギーは、
あの阪神淡路大震災の180倍との情報もある。
眠ることが出来ず、何も出来ないもどかしさだけを抱えながら
昨日からテレビ・インターネットからの情報だけを頼りに
体中に広がる悲しみで、涙が止まらない。
テレビ画面の右下に映し出される日本地図は、
津波警報に全てが取り囲まれている。
一つずつ一つずつ心をこめ、手をかけて、愛して育てた田畑が、
海岸から2-3Kmも離れているその場所が、
海水によって全て流される。沈んでいく。
人も、建物も、田畑も、道路も、山も川も、何もかも。
全てを呑み込んでいく、この壊滅的なダメージは、
人間の生きようとする気持ちを、
頑張ろう!!という心意気さえも、
何もかもを萎えさせる。
私たちは、それでもなお、生きることを続けなければならないのか?
どんな試練に遭おうとも、何度でも立ち上がり、
生きる努力を諦めてはいけないのか?
私は、本当に弱い人間なんだと、しみじみ感じている。

これ程の災害が続く中で、今また新たに緊急地震速報が流れる。

私の中で、
何もかもを投げ出したい気持ち、もう…どうでもいいや…、
と、何もかもを終わらせたくなる気持ち。
哀しさと、やるせなさと、こみ上げる挫折感が渦巻いて、
体中に広がっていく負の感覚に、命の力が沈んでいく。

その一方で、
事が落ち着き始めたら、
私の出来ることを、
こんな私にでも何かお役に立てることが有るのなら、
現地に行って、何か復興のお手伝いがしたいとも考えている。

我が家の嫁であるジュリの実家フランスから
ジュリのお母さんが泣きながら電話をしてくる。
海外への日本のニュースは殊の外悲惨な形で伝えられているし、
地震を知らない、津波を知らない大陸の人たちにとっては、
地獄絵図のように見ているらしい。

HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2011-03-12 06:46 | Comments(0)
この度の一連の作業に、昨日一区切りついた感あり。
まだ、道 半ばなれども、昨日までの心労、苦労の四苦八苦。
我が試練に、その意味を問う。
心、コロコロ変化をもするが、
一貫して流れる虚しさは…何ぞや?
さしずめ、
今の心境は、 b0122085_012195.jpg
情けなさと、憤慨感、呆れるほどのバカバカしさで、
泣くにも泣けず、
怒るにも怒れず、
我が身の置かれた状況に、
未だ、
我が心情をまとめきれない、
もどかしさ。

春は、まだ遠い……。
[PR]
by h-c-c | 2011-03-10 00:12 | Comments(0)

HCC Community Space


by h-c-c