<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

いつも変化し続けている

昨日が暮れて、今日になる。
昨日も今日も似たような日々の連続のように感じてしまう毎日。
それは、平凡という、ある意味究極の幸せの中に居るからかもしれない。
決して同じではない。
あらゆるものは、常に変化し続けている。
感じる感じないに関わらず、全ては絶えず変化の中にある。

アジアが、きな臭い。
北朝鮮の行為は誰の眼からも許しがたい。
しかし、彼らを止めるすべは容易には見つからない。
テレビニュースを見ていると気づくことがある。
何年か前までは、圧倒的にアメリカやヨーロッパからのニュースが多かった。
今は、、、中国語、韓国語、が流れてくる時間が増えている。
少し前まで発展途上国と言われていた国々も躍進を続けている。
良いも悪いも変化は続いている。

変化する時代に影響を受けながら、私も常に変化し続ける。

東中国カウンセリングセンター:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2010-11-29 21:41 | Comments(0)

NLP自主学習会

福山でのNLP自主学習会も回を重ねて44回が過ぎます。
今回は、前回からの引き続きで『ダブルバインド』について
さらに深く学び合いました。
統合失調症の症状を発生させる若者の背景に『ダブルバインド』が
見え隠れする現状について、随分以前から危惧の念を抱いていた私自身が、
提案して取り上げてもらった課題でした。

現在、そしてこれから、恐らく増え続けるであろう
自己肯定感の薄い若者たちのアプローチに欠かせないものは
カウンセラーのテクニックや理論武装ではなく、
カウンセラーそのもの、カウンセラー自身の人間観による
メタスキルが大きな効力を生むことは間違いないと考えています。

月に1回。毎月第4木曜日の19:00~21:00。
福山NLP自主学習会は、広く扉を開いています。
カウンセリング、及び心理学に関して基礎知識をお持ちの方であれば
どなたでも…、興味関心が何よりの学習意欲です。
内容は非常に高レベルですが、分かりやすく進めていきます。

ご遠慮なく、ご参加ください。

8月と12月は休会していますので、

残念ながら来月はお休みとなります。
[PR]
by h-c-c | 2010-11-26 00:09 | Comments(0)

なんでも、かんでも流行は××・・・

007.gif風邪っぽいです…身体だるいです002.gif

なんでも、かんでも流行りの波に乗るのは???×××です。

仕事先で頂いてきたのかもしれませんが…。

大勢の人が行き交う駅で、はたまた その車内で???

感染ルートは定かではありませんが、身体だるいです。

それでも仕事のスケジュールいっぱいです。

休めそうにはありません。

今夜は、もう…おやすみなさい。。。042.gif
[PR]
by h-c-c | 2010-11-21 21:53 | Comments(0)

身体の感覚を信頼すれば…

「考える」…は、妄想するに近いところがある。
思考の世界は、私たちをさまざまな世界に運んでくれる。
時に 夢へ、憧れへ、懐かしい思い出の世界へ。
しかし、それはまた、
時に 悩みや不安を増幅させ、苦悩の渦へと落とし込む。
そんな時は確実に「今、ここ」に居ないことを意味し、
現在の現実とはかけ離れたところに居ることになる。
「今、ここ」に戻るには、身体を通しての感覚に意識を向けること。
身体だけは、常に「今、ここ」にあり、
従って身体感覚を信頼して現実につながる時だけは、
確実に「今、ここ」に居ることが出来る。
頭で考え、ハートで感じ、身体で今を生きていることを実感する。
この三つの視点を自由自在に変幻自在に行き来できる時、
私たちの健全性は保たれる。

何処か一か所に留まってしまう時、不具合さを感じる。
「人間」は、そのように創られている。
法則を知ったら、法則の元に、順応しながら生きればいい。
身体感覚だけは常に正直であり、
「自分」を現在に引き戻してくれる信頼できるツールなのだから。

東中国カウンセリングセンター:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2010-11-18 21:51 | Comments(0)

HCC育成講座 一泊研修

HCC(東中国カウンセリングセンター)2010年度の育成講座
一泊研修が11月13~14の日程で無事終了しました。
今年度の通年学習テーマが「エニアグラムを人生に生かして」
であることを受けて、エニアグラムについて一歩も二歩も踏み込んだ
内容の深い、価値ある研修の二日間でした。
自分自身の内へと向かう自己探求の旅は、内観、瞑想だけでは得られない。
内へと向かう その旅は、
同時に、外界他者との交流によって映し出される自我の反応として表現され、
刺激によって初めて見つけ出すことが可能となり、
ある種の矛盾性の中にあって、本質的な気付きへ到ることが出来る。


信頼と安全に包まれた環境の中で、
素晴らしいファシリテーター、講師の下、
かけがえのない仲間たちと共に
さまざまな気付きに出逢えた二日間に心から感謝します。
私にとって、貴重な体験の出来た時間でした。

仙酔島の穏やかでやさしかった環境にも感謝します。
ありがとうございました。
[PR]
by h-c-c | 2010-11-14 21:21 | Comments(1)

始まりましたG20

世界中でしょっちゅう開かれてる会議、会議、会議。
各国トップの会談、会合、会議。
横浜でのAPEC。
韓国でのG20。
お願いです。
「人」を、命を生きている「人間」を、置き去りにしないで。

何処の国に居ても、どこに暮らしていても、
人が人として暮らしていける世の中を…、
ただただ、それだけを望みます。
[PR]
by h-c-c | 2010-11-11 21:48 | Comments(0)

イコールふくやまの市民講座

イコール福山での市民講座
「日常生活に生かせるカウンセリングスキル=スキルアップ編=」
今日のテーマは『「自分」を生きていますか?』(自分自身の核を知る)でした。
福山市男女共同参画センター 愛称:「イコールふくやま」の市民講座は、
そごう百貨店の閉鎖の後に 福山市が引き受けた形で確か???2003年から
始まったように記憶しています。
その殆ど当初からずっと関わらせて頂いています。
私自身が何よりもカウンセリング的な考え方が大好きで、
この学問、理論、スキルを身に着けることが出来たことに
感謝しています。
カウンセリングは、宗教ではありません。 
悩み相談でもありません。
当然、占いや読心術でもありません。
単なる学問としての心理学や哲学とも違います。
それは、生きることに直結し、人生そのものを深く彩り奏でてくれます。
カウンセリング学は、日々繰り返される日常の中に活かされ
使いこなしてこそ初めて生きてきます。
カウンセリング学を正しく学び、理解を深め、
自分の生活に取り込みながら、
自分の人生を味方に感じられるように、
自分の人生の主人公である自分自身をOK!!で生きれるように、
そんなお手伝いが出来ることを願って、b0122085_21313769.jpg
私はこの講座の開催をお引き受けし、続けています。
まだまだ心の健康が残っているうちに、
是非、ご一緒に学びあって参りましょう。

カウンセリングは最高!!ですよ。

東中国カウンセリングセンター:馬屋原眞美子
[PR]
by h-c-c | 2010-11-10 21:17 | Comments(0)

少しずつ 冬支度

居間にこたつを出しました。

ホットカーペットも用意しました。

仕事場にはエアコン、暖房器具も作動を開始しています。

寝具には毛布が一枚加わりました。

出かける際にはマフラーが一役かってくれてます。

温かいスープやシチューが嬉しいメニューに加わり始めます。

厚手のカーテンも出番が来ました。

街ではブーツ姿が目につきます。

あれ程厳しい暑さの続いた夏でしたが、

十一月も半ばとなれば、今年もやっぱり冬支度。

おこたの有る部屋にみかんの香り。

部屋を包む温かな照明の光。

少しずつ少しずつ…、冬の準備も楽しみの一つです。
[PR]
by h-c-c | 2010-11-09 20:32 | Comments(0)

ナンカさぁ―、勘違いしてンじゃないの?

オバマさんがインドに行って、学生たちを前にスピーチしました。

オバマさんのこと嫌いじゃないですけど、、、

ナンカ、勘違いしてません?

そうなんです。アメリカって言うだけで、いつも上から目線の態度です。

別にアメリカがそんなに偉いわけじゃないでしょ!?!

そこにはそこの文化があり、そこここの自国なりの正義がありますよ。

良いか悪いかは分かりませんが、

それにしてもアメリカが正義の基準みたいな態度は、

やっぱ少しヘン!! だと思いますけど…。

野党慣れしてない自民党も、やっぱヘン!! みたい。

野党のくせして、相も変わらず上から目線。

自分たちが長年良からぬ政治をしてきたツケが、

あらゆる面にきしみを出して来てるのに、

まるで他人事みたいに民主党を批判し、国政よりも政党の国盗り合戦。

ヘンな人たち、ばっかりだね。

???~ なんで~~???

なんで、こんな人たちしかいないの?

何処の国のどの政治家たちも、、、

まともな人ってどこにいるの?

何でもかんでもお金!お金! 経済!経済! 領土!領土!

ホントにそうなの?

大事なことって、ホントにそうなの?

「人間」の本質、本来の生きる意味は、そんなことを求めているの?

「国」という概念。

「国家」という化け物。

人間は、言葉の概念で刷り込みをされ、

鵜呑みにさせられた価値観でがんじがらめになってる。

世界中の「国」の其々のトップが、みんな勘違いしてる…

そんな気がするんだけど…   私は…。

眞美子
[PR]
by h-c-c | 2010-11-07 21:20 | Comments(0)

正直、ず~っと痛い!!って…辛い!!

追突事故の後遺症って、後から来るんだよ。ってこと、

色んな人から聞いてはいたけれど、

毎日毎日何をしているときでも、いつもいつもずぅ~っと痛いのって

正直、結構辛い!!です。

私の仕事は、スケジュールのきちんと決まった仕事が多く、

講演やセミナー、打ち合わせ会議にコンサルテーション。

予約の決まったカウンセリング等々…。

いずれにしても、そこには待ってくださっている方々があり、

相手方も時間と場所、会場を用意して受講参加者を集めて、

前々から準備を進めてくださっているのです。

よほどのことがない限り、キャンセルは出来ません。

本当は事故直後、入院まではしないまでも、もう少し安静にしていれば

今よりもう少しは、この痛みも楽だったかもしれません。

事故からまだ一ヵ月経っていませんが、こんな治療で良くなるのかと

疑いを持ちたくなるような整形外科での電気リハビリ治療が続いています。

今回、保険会社の対応には大きな不信感を抱いてしまいました。

後遺症の痛みと共に、この保険と云うものへの不信感と、

保険会社に対して地に落ちてしまった私の中での信頼感は残念でなりません。

私たちは、保険に対して本当に無知で素人です。

尋ねることの手順すら殆ど分かっていません。

しかし、尋ねなければ保険屋サイドからは、何も教えてはくれないのです。

後手後手に回る交渉に対し、今回はたくさんのことを学習しました。

保険も銀行もいざって時には役に立たないし味方になんかなってはくれません。

自分の身は自分で守るしかないなんて、何の為の保険なんだか???

身体の痛みと、心の痛みに、私も久々に凹みがちです。
[PR]
by h-c-c | 2010-11-06 20:06 | Comments(0)