<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いつも同じじゃない

例年並みの…。 恒例の…。 過去十年来…。

日頃、何気なく使っているコトバであったり感覚であったりするもの。

でも、よくよく考えてみると本当はいつも違っている。

今年の日本の夏は、尋常でなく暑かった。

9月も暑かったし、10月もず~っと暑かった。

ここに来て一気に寒い!!

秋を楽しむ余裕はなかった。

これから一気に紅葉は野山を彩るのだろうか。

もう雪が降り出した。

福山の雨も冷たい。

何もかも、いつも同じじゃない。

誰もかれも、みんな同じじゃない。

それでも、確実に時は流れ、全てはそれなりに移り行く。

そして、そのどれもはそれなりに、それとして美しい。
[PR]
by h-c-c | 2010-10-31 13:49 | Comments(0)

秋は何処へ?

寒かったね!!

一気に冬みたい。

秋を愉しむ時間も無くて、秋は何処に行ったのでしょう。

冬が来てしまう前に、もう一度秋は顔を見せてくれるのでしょうか?

紅葉はなかなか見に行けませんが、

今夜の夕飯は、「栗ご飯」と「焼きさんま」に「大根おろし」。

「きのこの赤だし」と、チョコッと贅沢に今年は豊作の松茸を

「焼き松茸」にカボス醤油で頂きました。

我が家は、さしずめ食卓に秋!!って、ところでしょうか…。

秋の味覚は、とってもとっても美味しかったです。

ご馳走様でした。
[PR]
by h-c-c | 2010-10-27 21:08 | Comments(0)
一気に寒くなりました。

当たり前です。もうすぐ11月ですもの。

渦中にいると分かりにくいですが、これ程変化を嫌う民族も少ないと思える

我らが日本人でさえ、60年体制の自民党から民主党へ政権交代したんです。

当時、この政権交代のニュースは世界中を駆け巡りました。

何がこれから変わっていくのか、自国に居るとそれは見えにくく、

ただ単に国盗り合戦の延長のようにさえ感じられ、

自民も民主もどこがどう違うのか今一つピンときません。

しかし、北朝鮮では、長男の金正男氏が云い放ったのです。

「北朝鮮は崩壊する」と。

「3世代の世襲制には反対だ」と。

そして、中国では、反日デモの名を借りて、実は一党独裁からの解放を

ついに声を挙げて動き始めました。

ここに来て批判的な声も強く成り、若干苦しさも見受けられますが、

あのアメリカの史上初と言われた大統領オバマ誕生のフィーバーぶりは、

まだまだ記憶に新しいところでもあります。

そうです。

こうしている今も、世界は確実に、、、

歴史は大きく動いているのです。

そして、私たちは今、まさにその渦中に居ます。

徐々に年の瀬が近づいていますが、私は秘かに感じています。

中国も北朝鮮も、もしかしたら穏やかなお正月は迎えられないのではないかと、、、。

それは連動的に日本にも及ばないわけはなく、

何だかんだ言いながらも平時の中で生活して来ることのできたこれまでの在りようは、

これからの有事の時代に向けて、

すべての国民に、「本気に考えるこ」とを迫ってくるのではないかと。
[PR]
by h-c-c | 2010-10-26 21:09 | Comments(0)
瀬戸大橋を渡って、本州と四国を行ったり来たり…。

今月は3回も往復しました。

一仕事を終えて、瀬戸内海にかかる橋から眺める瀬戸内の夕暮れは、

私の好きな風景の一つです。

静かな夕凪時、穏やかに水面を輝かせて優しく優しく夕暮れの

ひとときを包み込んでくれるあの風景は、

根っからの瀬戸内っ子の私を心から癒してくれます。

ゆるりゆるり流れる時間の感覚が私は好きです。

まさにその感覚を伝えてくれるのが瀬戸の夕暮れ時です。

緊張感のある仕事を終え、さまざまな感覚を緩めます。

西の空に沈んでいく夕陽が、逆光に瀬戸の島々を浮かび上がらせ、

茜色に染まる空気が、そんな私を包んでくれます。

今日の一日に感謝します。
[PR]
by h-c-c | 2010-10-22 22:00 | Comments(0)
我が家は居ながらにして、毎日が異文化交流。

文化人類学などの学問的なことなどどうでもよくて、

ただただ毎日が異文化交流の現場です。


カウンセリングは、まさに異文化交流だと、かの國分康孝氏は語っていました。

通常生活でクライエントを悩ませる多くの原因は、

自分の価値観、考え方、認知、さまざまなものが他者と違う時に生じる

すれ違いやギャップがストレスとなり、メンタル負荷を呼び込むわけで、、、、

カウンセリングの場は、クライエントとカウンセラーとの間において、

クライエント特有の思い込みに縛られたスタック状態の価値観を受け止める

と、いうまさにその異文化交流が絶えずなされているわけですが、

そのことに気づいているカウンセラーが、どれだけいるでしょう?


我が家の嫁はフランス人です。

現在日本で暮らしているフランス人の友人知人は無論のこと、

地球の裏側、ヨーロッパからも頻繁にお友達が訪ねてきます。

それは、とても楽しくて刺激的なことです。

面白がりやで好奇心の旺盛な私にとって、

それはちっとも苦痛なことではなく、ホントに愉快なことです。

東京のフランス大使館に在任中の○○○君、休みには福山まで遊びに来てくれます。


昨日から、福山の我が家をたよりに旅行で訪れている二人のパリジェンヌ。

一人は、今パリで仕事をしていますが、

もう一方の彼女は、シンガポールで働いています。

パリからやって来た○▽○▽○さんは、掛け軸に興味を抱き、

ついには両親の為にと、小さな掛け軸を求めて行きました。

しまなみ海道を巡り、瀬戸内の浜を散策して、

明後日からは京都に行く予定だそうです。

日本の何を見つけ、何を感じてくれているのでしょうか?

異文化交流と、小さいながらも国際貢献、日常レベルでの外交業務(?)の一齣です。
[PR]
by h-c-c | 2010-10-20 20:36 | Comments(0)

久し振りの休日

037.gif (^-^)休日だよ~ん!!(^-^) 037.gif

のんびり  にこにこ  今日はお休み 久し振り

午前中は 追突事故頸椎捻挫のリハビリ治療で時間も少し潰れたけど

後は ゆっくりできましたよぉ~~ん (^-^)

やっぱ 休みは必要ですね

また 明日から 仕事に励みます

今日の日を ありがとう!(*^_^*)
[PR]
by h-c-c | 2010-10-18 19:13 | Comments(0)

10月も半ばなのに…

なかなか涼しくなりません。

もう10月も半ば。

暦の上ではすっかり秋なのに。

四季を愉しみ、移り行く微妙な季節の変化を、

肌で― 香りで― 味覚で― 音で― 

日本人独特の鋭敏な感覚で捉えながら、

味わい深く詩にまでして、詠い語らい繋いできたのに。

朝夜の冷やかさは確かに夏のそれではない。

でも、日中はホントに暑い!!


ゆっくりゆっくり、やって来る秋を、私もゆっくり静かに待ってみましょうか…。
[PR]
by h-c-c | 2010-10-12 22:27 | Comments(0)

痛い!:~~;です

今頃になって、やっぱ、痛いです。

右肩から腕に鈍痛と若干の痺れがあります。

右側の首が痛いです。

昨日も今日も休祭日で病院は休診日ですが、

馴染みの鍼灸の先生に無理を云って対応していただきました。

今、少し楽です。

これがムチ打ちの後遺症って奴でしょうか?

だとしたら、とっても嫌です!!

憂鬱になります。

今日は秋の祭り日だったのに…。

なあ~ンにも、お祭りらしいことなかった。

こんなの初めてです。

つまンなくて、淋しいです。
[PR]
by h-c-c | 2010-10-11 20:24 | Comments(0)
久々の快晴。
なのに、今日は本当に色んなことがあった。しかも厭な感じのことが。
久し振りに「腹膨るる」心地しける…、であった。

しかし、しかし、である。
そんなことは、どうでもいいと、今、感じている。
テレビから放映される『10の世界』。
現在只今21世紀の同時代に世界の各地に暮らす10歳の子供たちを取り巻く環境と
そこで感じ考えていることを10歳の眼を通して語るというものだ。
インドの、アフリカ・ウガンダの、シンガポールの子供たち。
ドミニカ共和国の子供たちも。
無論、日本の子供たちも。学力世界一の国フィンランドの子供たちも。……。
そんな中で「ツバル」という国…知ってますか?この国のこと。b0122085_2245597.jpg
南太平洋のエリス諸島に位置する小さな小さな島国のことを。
ツバルに生きる10歳の少年は語りました。
「僕の国はかわいそうな国です。僕の国はなくなるかもしれない。」と。
眩しいほどの自然に恵まれ、透き通る海に囲まれて、
信仰心にも熱く、家族兄弟の絆も強そうなこの国の人々。
島の伝統文化を大切に受け継ぎ、継承させながら今日に到ったこの国は、
今、島自体国自体が、なくなってしまうかもしれないという不安を抱えている。
この10歳の少年の祖父や祖母、
いえいえ、もっと以前、
この島に生きて来た先祖代々の人たちの一体誰が、
この島がなくなるかもしれないと考えて生きただろうか。

しかし、今、
この少年少女たちはこの国(島)を愛しながらも寂しさを抱えている。
原因はまだ確かではない。
ただ単に地球温暖化だとする短絡的な単一要因だけが
この島の浸蝕を速めているのではないだろうと私は考える。
ただ、それの原因が何にせよ島は確かに沈みつつある。
この現実から始まるこれからを生きる子供たちは、
明らかに私たちが生きてきた環境、時代背景とは違ったものを
その将来の眼に見ているに違いない。

本当に大事なものって、何なんだろう???

昨日の追突事故のムチ打ちで、右側の首~肩~腕が、痛い。
ホントに痛いけど…。
今日も、明日も明後日も…、ずっとずっと仕事の予定が詰まってる。
大事なものって、何だろう???
[PR]
by h-c-c | 2010-10-10 21:05 | Comments(0)
酷暑に悩まされた今年の夏も 少しずつ秋にその席を譲り渡し始める頃

久しぶりの書き込みです…が…、

実は私、本日お昼、、、pm0:10頃、交通事故に遭いました。

懐かしい人に会うために井原方面に向かう途中、

交差点の赤信号を目前に私は完璧に最前列で停止していました。

なのに。…にもかかわらず。

ドッガ~ン!!

エエ~ッ!!何?一体何が起こったの?

一瞬、訳 分んない状態でしたが、1秒後には現実に。

そう、追突されたのです。

丁度、雨もそこそこ降っていて、

後方の車は若干のスリップも有ったのかもしれませんが、

明らかにわき見運転で、前方不注意!

お巡りさんが来て、色々訊かれて、でも、私は殆どあまり語らず、

最後、調書の確認時に少し話た程度です。

100:0で相手方に非があるのですが、

今、ここになって(pm8:30)痛いのです。

右首、肩から右腕肘のあたりまで。

重くて痛くて違和感があります。

勿論、レントゲン検査もしていますので一応のことは済ませていますが、

痛みは全て私持ちです。 これは、辛いかも???

私の車はベンツだったのですが、バンパーは完全にイカレテしまい、

後部ドアは閉まりません。

修理の為に車を引き取って行ったヤナセの担当の方が、

「久しぶりにベンツのこれほどの破損を見ました。相手の車は大変だったでしょうね。」と、

驚いた感じで話してくれました。

相手は、軽自動車でしたが、

確かに、追突された瞬間、ドン!!グァッツ!!って感じで、

凄い衝撃だったけど、さすがベンツ!!と、何とも言えない安心感があったのは確かです。

重くて、強くて、ガップリと、守られてる感覚がありました。

維持費も高いし、次は乗り換えようかと、正直考えていたのですが、

ここに来て、迷いが生まれました。

少し頭も痛いので、もう書き込み止めて、今夜は休むことにします。

皆様も、交通事故にはくれぐれも、お気をお付けくださいませ。

Mamiko
[PR]
by h-c-c | 2010-10-09 20:37 | Comments(0)

HCC Community Space


by h-c-c