ブログトップ

HCC コミュニティ ひろば

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋の一般セミナー いよいよ本日公開で~す!

  『より良い人間関係 と コミュニケーションスキル』 獲得のために
           * Counseling Point Essence *

として、従来より広く一般の方々に向けて提供を続けている

予防・教育的カウンセリングの連続講座です。

人間は、身体と頭脳(自我の意識下でコントロールしようとするもの)だけではなく

「心」「精神」などと称される

言語に尽くしがたい感情に影響を受けながら生活しています。

「分かっちゃいるけど・・・」が、この部分に相当します。

そして、この部分が、実は個人の人生模様を左右している現実があるのです。

そのことを知って生きるのと、知らずに生き過ぎてしまうのでは、

当然ながら人生の彩りは大きく違ってきます。

より良い人間関係も基本となるのは『私・自分』です。

『学ぶ』ことを通して『自分』を知り、

自分自身の人生をトータルに見ることから、

本来備え持っている自分自身の有意性を引き出し、

本当の自分自身の生き方を取り戻すことは十分に可能です。

心理学・カウンセリング学が、全く初めての方でもわかりやすく解説・講義いたします。

興味・関心が何よりの受講資格です。

お気軽にお問い合わせください。       HCC:馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2008-10-24 15:56 | Comments(0)

「旅立ちの会」のお知らせ

     今年も 日ごとに 秋がその訪れを告げてくる頃

         今世の人生の旅に一区切りを打って

 少しずつ この現世から遠のいて行く父を肌身で感じています


葬儀は家族葬として近親者のみにて9月29日滞りなく相営ませて頂きました
これまで故人にお寄せいただきました数々のご芳情に深謝し
心よりお礼申し上げます

新たに向かう世界への旅立ち と 今世への別れの節目にあたりまして
今一度 故人のために 皆様との最期のご縁をいただきたく存じます
つきましては
下記の通り「旅立ちの会」を執り行わせていただく運びとなりました

ここに 謹んでお知らせ申し上げます


日時  2008(平成20)年 10月 28日 (火)
                  午後2時~3時半

場所  福寿会館(福山市丸之内一丁目8-9)
           JR福山駅北口(城側)から北に真直ぐ徒歩約5分
           Tel : 084-923-1516
          *駐車場に限りがございます ご了承くださいませ


*尚、当日は平服でご参加くださいますようお願いいたします
*ご香典は 辞退させていただいております  
*あくまでも 旅立ちへの別れを 献花に添えて立ち会っていただければ 
  これに勝る喜びはございません

     どうぞ 宜しく お願いいたします        馬屋原 眞美子
[PR]
by h-c-c | 2008-10-21 14:00 | Comments(3)

我が儘を、ありがとうございました。

ここのところ、HCCへのアクセス数が増えています。

そして、それは同時にそれだけ多くの方々が、この「コミュニティ広場」にも

お集まりくださり、私の現状をお知りになっていたことに繋がっていました。

結果、私は、多くのクライアントさんに、たくさんの気遣いをさせてしまっていたのだと、

今さらのように知りました。

昨日、一昨日、そして今日・・・。

クライアントさんから・・・恐る恐るのお電話をお受けしました。

「大丈夫ですか???先生?でも、もういっぱいいっぱいなんです。
馬屋原先生が大変な時期だと思って、我慢してたんですけど、
もう、、、、聴いてもらえませんか???・・・もう大丈夫ですか?
カウンセリングして欲しいんですけど・・・・・。」

私は、何てことをしてたんだろう・・・と、身体が震えるような感覚で感じ取りました。

ごめんなさい。本当にごめんなさい。

大丈夫ですよ。

私は、もう大丈夫です。

こんな私ですが、こんな私でよかったら、

もう、カウンセリングの準備は出来るようになりました。

勝手な我が儘を書き綴ったブログ式のコミュニティを通じて、

クライアントさんをはじめ多くの方々のお気遣いとお力を頂いて、

お陰さまで何とかここまで戻ってこれています。

!!!ありがとうございました!!!

「どんなに厳密に見つめても、部分は決して全体にはならない。」

人生はトータルで見ていく。

私の信条の一つです。

もう、大丈夫なので、いつでもお気軽にお声かけください。
馬屋原眞美子
[PR]
by h-c-c | 2008-10-18 13:38 | Comments(0)

ファシリテーター養成3日間合宿を終えて

まずはともあれ、参加者の皆様には、「お疲れ様でした」を申し上げます。

大変に充実感のある有意義な3日間でしたね。

『ゲシュタルトファシリテーター養成講座2008』

この一年間を通してベーシックコースとして進められています。

その中のプログラムに今回の3日間合宿がありました。

CFOの体験は自身のゲシュタルトを尚一層深めてくれました。


人は、自分独りでは自分のことが分からない。

自分のことは、自分と違っている人との関係の中でしか見つけ出すことが出来ない。

同じテーマで取り組んでも、ファシリテーターが変われば、

気づきへの展開はいかようにも違ってくる。

グリープないし集団が生み出し、作り上げてくれる

ダイナミックな気づきへの味わいは、コクも旨味も今までとは一味違っていた。

人生の再決断に向けて、

自己の統合から環境との調和へと、展開し続けていく。

しかもそれは、理論ではなく実体験から実感として。



是非とも、多くの方々に、

連続的に継続的に学び続けることによってこそ得られる

気づきへの深みと喜びを体験していただきたいと願っています。


私たち個人個人の人生の課題は夫々かもしれませんが、

人間が人間としての命を頂いて生きる意味合いの中には、

自身と他者、自身と環境との「統合」と「拡散」の連続性を生きるために、

己自身を探求し続ける姿勢は、避けては通れない一大事業であろうと考えています。


その(自己)探求があってこそ、そこに生じる「調和」と「発展」にも

深く豊かで崇高なものが生まれてくるのではないかと考えるからです。

マズローの五段階説を超えて更にその先に、

人として、己の使命感をも呼び覚ましてくれる

自己への深い気づきと統合への力を、

楽しく素晴らしい仲間と共に継続的に学び合って行きませんか。

まだ見ぬあなたとの出会いを楽しみにお待ちしています。

馬屋原眞美子
[PR]
by h-c-c | 2008-10-14 12:26 | Comments(9)

気がつけば秋風・・・

・・・・・
 ことばが・・・見つかりません・・・。

「ありがとうございました」・・・ただただ・・・それだけでした・・・

大きな大きな“ポカ~ン”とした 何か大きな大きなものが 無くなってしまいました。

何もかも分っていたはずでした。

ずっとずっと知っていたことでした。

人は皆みんな、いつか必ずこの姿を消す日が来るのだということを・・・。

でも、違っていました。

そんなことでは済まされないんです。

家族葬で送ろうとしていたのですが、

訃報を聞きつけられた多くの方々が、駆けつけてくださいました。

改めて、父の大きさと、父が生前に働きかけたその志と熱意を知りました。

父のDNAと、愚直なまでに実直な生き方は、

他の誰でもない、私の中に、既に受け継がれていることを今、しっかりと感じています。

寂しい・・・とか、悲しい・・・とか、

そんな言葉では埋められるものではありません。

「時」と言う、川の流れにも似たこの人生の流れには、

決して抗うことが出来ず、

通り過ぎる人、行き逢う人、、、、、。


生前中、父の口から直接に誉められたことは一度も有りませんでした。

ただただ、父に誉められたくて、

ただただ、父に認めてもらいたくて、

それだけのために、生きてきたような・・・そんな・・・気もします。

そして、そのことが私をここまで育ててくれました。

女である私の生きざまなんて、

父の志と、彼が実際に行った多くの実績には遠く及びませんが・・・。


父は「自分」という存在を軸に、

自分の関わる人たちや、自身が身を置く業界の在り方、

後に続く後輩のことに想いを巡らせながら、自問自答し、

男として父親として、生活という基盤を外すことなく生き抜きました。

父の後片付けをしていて、日記帳を見つけました。

そこには、宝物のように大事な大事なものがたくさんたくさん詰まっています。

何度も何度もページをめくりながら、「ありがとう」の言葉より・・・

見つかりません。

そして、父が生き抜いた時代を共に生きてくださいました多くの方々、

父の我儘にお付き合いくださった多くの皆様に、

この場をお借りして、深くお礼申し上げます。

・・・ありがとうございました・・・・。

馬屋原眞美子

[PR]
by h-c-c | 2008-10-07 15:19 | Comments(2)

HCC Community Space
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31