教育 = 共育

昨今30歳前後、法的には明らかに一人の独立した成人の
違法行為、迷惑行為、犯罪までには到らない怪しげな奇行等について、
たびたび取り上げられる親の育て方について、、、
また、
組織内での後継者が育っていないの声に隠れる部下の育成不足について、、、
・・・・・
あなたは、如何お考えですか?

私は、常々、教育は決して一方通行のものではなく、その場で同時に起こる
「共育」であろうと考えている者です。

育てる力だけでは、育ちきらないし、
そもそもその人が持ち得ている育つ力が、その人を育てるのだろうと、、、。
無論、環境は大事です。
それでも、環境だけが育てる力にはなりませんし、
どんな逆境からでも、育つ力を発揮するものは育っていきます。

子育てにしても、部下・後継者の育成にしても、
本人の「育つ力」に由るところの方が大きいのではないでしょうか。

昔の職人は、師匠から盗んで覚えよ!と、言われたものです。
勘所を研ぎ澄ませ自身を育てるために身につける学び方です。
噛んで含めて、手取り足取り、懇切丁寧に教えたところで、
本人に学ぶ力(気)が無ければ、それは習得できませんし、
逆にその人に学び取り込む力があれば、貪欲なまでに習得するでしょう。

二十歳を超えた成人の犯罪に対して、親の育て方を云々されるような、
そもそものそうした考え方は、
少子化問題が国の将来を愁う時代にあって、
結婚しない人が多いだけでなく、
出産を踏みとどまらせ、
子育てを躊躇させ、
子供を持たない選択肢の一つに繋がるような社会は、
そうした社会構造自体が未成熟だと考えています。

親になったことのない人、子供を持たない人が増える現代社会に於いて、
偏った見方はますますこの国から子供を失うことになりそうな気がします。

育てる方だけに責任がある訳ではありません。
逆にいえば、
素晴らしい人物が育った背景に、
必ずしも優秀な子育てをした親がいるわけではないと言うことです。
幾らかの影響はあるにせよ、
そこはやはり、何といっても本人自身の育とうとする力、
生き抜いて行こうとする意欲と力が大きく働いたに違いありません。

親だからと言って、上司だからと言って、
過剰な自信も猛省も不要だとの考えに
私としては今のところ到っています。

ーーー昨今よく見聞きする芸能人2世の問題行動を含めて…の私見ですーーー



[PR]

# by h-c-c | 2017-11-14 11:07 | Comments(0)  

コンセンサスリアリティの罠

ある一つの物事は、多様な側面を持っている。
視点が変わり、立場が変り、時代が、文化が違ってくれば、
その一つの「こと」も見え方が変わる。

集団の中で生きていくうちに、私たちは無意識のうちに暗黙の了解に従っている。

問いかければ多くの人は答える・・・、
「私にはよく分からないですけど・・・、」
「難しい問題ですよね・・・、」などと。。。

無意識に働き続けている自分自身の集団への忠誠心が、
実態から眼をそらさせ、違和感を感じているにもかかわらず、
不確かながらも慣れ親しんだ安穏とした状況下で、自己防衛を続ける。

罠にはまってはならないし、罠にはまり続けることに甘んじてはならない。
コンセンサスリアリティとは、ある種の特異な価値観であり、視野を狭めるものである。

コンセンサスリアリティの存在意義は、
社会生活と言うある一定の枠組みの中で、秩序を保ち、
互いが安心して生活を営む上では、
守られることの望まれる場面が多いことも確かではあるとしても。。。

それでも、
この無意識のコンセンサスに縛られている限り、「真実」からは遠のき、
人間の本来は何たるかに近づくことに、自らが距離を置くことと成りはしないだろうか。


自我を高め、自身の内の声と語り、目覚めない限り、「TAO」に触れることは出来ない。

自分の命を生きるということは、自分に繋がるあらゆる命を慈しみながら
真なる自身の声を信頼して生きることではないかと考えている。
そこには、勇気が求められる。




[PR]

# by h-c-c | 2017-11-08 15:13 | Comments(0)  

幸福の条件

幸せは物じゃない。 とか 幸せはお金じゃ買えない。 …ってよく聞きますよね。

幸福感は、あくまでも個人的な価値観と感情に左右されるわけで、
他人と比べて競い合うような刺々しいものではありませんが、、、。

カウンセリングをしていると感じることがあります。

お金が無くて、生活が殺伐とし、仕事に追われて、心も身体も休まらない、と、
働いても、働いても、借金が減らなくて、もうボロボロです。。。と、
辛そうに語るクライアントさんが、常に一定人数在る現実に直面していると、
やはり、それなりにお金の力は、幸福感に影響を与えているという実際は、
無視できない今を生きる私たちの一つの真実であろうと感じます。

ここにもう少しのお金の余裕があれば、このクライアントさんの多くの
問題は軽減するだろうに・・・、とは考えるものの、
ずっとお金に困っている人には、やはりそれなりの理由も見て取れます。

思考と行動にズレや無駄や無計画さも多く見受けられます。
カウンセリングには、思考と感情に働きかけ望ましい行動化に向けて促していく
と言う、教育的な側面が含まれますが、習慣化した生活スタイルは、
クライアントさんの生活パターンとして溶け込んでいて、
習慣化してしまっているため、社会環境を攻撃する人さえあり、
なかなか行動変容に到り難い点が、経済的不安定から抜け出せなくさせています。

私たちは、仙人ではありません。
精神性を高めることだけに終始して生活することは不可能にも近いことです。
現実を生きるということは、物質社会、経済環境の調整バランスに向けても
努力の手を怠ることは出来ません。
苦悩も困難も多いかも知れませんが、
だからこそ、人は、この世であらゆる面に於いて試されながら、
自身の内面を平安に保てるよう、精進していくのでしょう。





[PR]

# by h-c-c | 2017-11-04 23:00 | Comments(0)  

脆弱過ぎる自我

どうした?!? 日本人!!
何が起きている???
何を守りたいのか?
誰を守ろうとしているのか?
どっちを向いて仕事してんだ?
モノ作りへの誇りを、いつ、どこに捨てたのだ?
信頼なんて、あっと言う間に藻屑と消える。
いつから詐欺師の集団に成ったのか?

なぜこうも自我の育ちきらない成人が増えたのだろう?
ゲス過ぎる政治屋のセクハラ、パワハラ、わいせつ行為。
吐き気のするような連続殺人、切断事件。

脆弱な自我のもとに現実を認知して、行動化を起こす時、
人は、無意味に他者を攻撃し、強固なガードで引きこもり閉じこもる。
勝手な言い訳を作り、誰かの所為にして、結局は逃げこもる。

自我を育てよ。とは、かのフロイトの言葉でもある。
未熟過ぎる自我は、結局のところ本人を安定させないだけでなく、
周囲に混乱を与え、関わる社会を破壊に導く。

健全な自我は、いつ、どこで、どのようにして、育つのだろうか?
教育改革が目指すべきは、単なる学力の競い合いではなく、
「自我」と言う人格形成、人間性の成熟さではないかと考える。

169.png 171.png171.png 169.png 171.png171.png 169.png 179.png179.png169.png

ここ最近、小さなセミナーが充実してきています。
参加人数が多いわけではありませんが、中身が濃いです。
こじんまりとながら、
しかし着実に深い理解と気づきのセミナーが続いているのは嬉しい限りです。

参加者の皆様・・・この調子でやっていきましょう!!174.png 174.png 174.png



[PR]

# by h-c-c | 2017-11-01 17:30 | Comments(0)  

超大型台風21号 開票速報

スマホからは、先程から災害警報音アラームが鳴り続けています。
毎回ビックリします。
雨は三日間ずっと降り続いています。

TVでは、衆院選の開票速報で与党の圧勝を告げています。
画面の下側に速報数が、
画面の上側に各地の災害警報・警告が表示されていて、
まったく忙しい限りです。

ノロノロ進むこの大型台風21号は、まだ上陸もしていない内から
こんなに私たちを怖がらせています。
同様に、今回のこの衆院選の結果は、今後の日本歩む方向性を暗示しており、
これもまた、何がしかの恐れを抱かせます。

台風は自然災害です。
政治は人工災害です。

安倍さんは、世論の批判を恐れてか、これ程圧勝していても、
顔をこわばらせ、とても緊張した表情を見せています。

今となっては、政治の話より、
迫りくる台風情報、災害状況の的確な報道を望みます。



[PR]

# by h-c-c | 2017-10-22 22:22 | Comments(0)  

天の鉄槌

明日は大義なき解散総選挙の投票日ですよ。
そして、今まさに超大型の台風21号が、日本直撃に進んでいますよ。
投票日目がけて、真っ向勝負の台風みたいです。

私は既に昨日、期日前投票を済ませましたよ。

この先、一体、どうなるんでしょうね???

ただ、ひとこと、言うとすれば、
『大義なき解散選挙に、天の鉄槌が下された!
って、とこでしょうか???

粛々と生きていきましょう。
何があろうと諦めないで。


[PR]

# by h-c-c | 2017-10-21 20:38 | Comments(0)  

矛盾に由って立つ

ここ連日カウンセリングが途絶えない。
悩んでいるのは誰か?
苦しめているものは何か?
苦しみから逃れたいはずなのに、悩みは付きまとう。
それは、そのはず。
悩みませるものは、自分の内にある無意識にがんじがらめにした価値観。
…ねばならない。 …のはずなのに。 …べきだ!。

過剰な自立意欲は、自己否定感を強め、自らを孤立させる。
優柔不断としなやかさは、似て否なるものである。
肩書は実相ではなく、錯覚を招き、自らを盲目に貶める。
プライドは劣等感の鎧であり、しなやかさを失わせ、無用な硬さを生む。

外側ではなく、内側に、満たして行こう。
嫌な部分も、足りない部分も、そのままそっと内側に抱きかかえよう。

私たちは、他人と競い合うために生れて来たのではない。
誰かに認められることを目標に生きているわけではない。

静かに優しく自分の内側に抱えるものを愛してあげよう。
昨日とは違う今日の自分。
10年前とは違う今の自分。
その自分は、明日はまた、違っているはず。
変わることのない永遠の命の根源を抱えながら、私たちは日々何かが変っている。

資格や肩書がその人を幸せにしてくれるわけではない。
外側にアクセサリーのように飾りつけたとしても、それは、いつか脱ぐ時が来る。
見栄や虚栄の為に、威嚇にも似た権力を、たとえひと時身にまとったとしても、
やがていつの日かそれらを置き去らなければならない日も来る。
全てを脱ぎ捨てて、なお残るものこそが、
紛れもなく自分自身の内なる力であるとするならば、
内にこそ豊潤な豊かさを。。。

それは、自分自身だけでなくその周囲の人をも優しく包み込むから。。。





[PR]

# by h-c-c | 2017-10-20 18:31 | Comments(0)  

カウンセリングとは何たるか?

合宿にご参加の皆様、お疲れ様でした。
如何でしたか?
瞑想体験も、しっとり小雨の中での散策も、それなりに体験的に
皮膚感覚から、視覚、聴覚、嗅覚を通して静かに身体が覚えてくれたでしょうか?

今回は、
病理性の強いクライアントへのアプローチにまで踏み込んだ、
内容の濃いものとなりましたが、
今回参加の皆様の多くは、既に十年以上のベテランの方々です。
これまでの自身の実力と培ってきた理論背景を含めた上で、
今後の更なる実践に生かして頂きたいと願っています。

楽しかったですよね!!
やっぱ、学ぶってサイコー!!で~す! よね。。。


[PR]

# by h-c-c | 2017-10-16 17:27 | Comments(0)  

さぁ…いよいよ今日から・・・

さぁ、いよいよ今日から二日間、心理学合宿セミナー開始です。

嬉しいな!
私はいつもワクワクする。
自己探索への一味違うアプローチに出会う時、そのチャンスに恵まれる時。
んンン~~~、最高だね!
カウンセリングの勉強は、心理学にしてもさまざまな理論演習にしても、
結局、つまるところは自分自身の人間性、自己探究、自己理解の問題に返って来る。
それは長期的に自分自身の自己成長を促すものとなり、
そのことが、カウンセリング・セラピーのクオリティを高めることに繋がるはずだ。

合宿と言うスタイルにはそれなりの拘りがある。
非日常から距離を置き、貴重なその時間空間の中で、自己探索に浸るためだ。

今日の会場の温泉、なかでも露天風呂は、
晴天なら満天の星を眺めながら…、と言うことになるはずだったのだが、
どうも、今夜は雨らしい 135.png 148.png 122.png 残念###

「統合的セラピー」の研修に向けて、講師の向後さんも意気揚々(?)と
今朝東京を出発し、、、福山に乗り込んでくれること間違いなく、
楽しく愉快なうちにも深い気づきに到れるためのパフォーマンスを提供してくれるに
違いない!と、今からとても楽しみにしている。

さてさて、これからJR福山駅までお迎えに出発します。
集合場所は、駅裏、福山城の真下です。

では、行って参りま~~す。。。


[PR]

# by h-c-c | 2017-10-14 09:40 | Comments(0)  

統合的セラピー

当センターが22年に渡って実施している理論と実習の一泊研修、
特別公開講座「統合的セラピー&瞑想」合宿日が近づいて来ました。
10/14(土)~15(日)、講師は向後善之氏。
今年の会場は、しまなみビレッジ。
(詳しいことは、当HPの年間スケジュール及び最新ニュースからも検索できます)

「第22期 実力あるカウンセラー育成講座」一年間を通しての
今年のプログラムは、プロフェショナルなカウンセラーとしての技を
さらに一段高めるために必須の内容となっています。
その為、今までよりは専門性も高く、若干厳しい内容で進めています。

通年研修自体が、実践的であるため、それぞれが、
各自の実力を如実に感じとれることの出来るプログラムとなっています。
理論を幾ら学んでも、さまざまな研修の場に参加しても、
さらに言うならば、数々の資格を取得したとしても、
それらが、クライアントのために有効に生かされなければ殆ど意味はないと
私としては考えています。
カウンセリング現場に丸腰で臨むカウンセラーは、自分自身に誠実でなければなりません。

聴く力以上に、見(観・診・視)る力、読み取り、察知する力が必要なのです。
それらは、殆ど同時に、その場で実施され、交流の関係性の中で命を放ち
クライアントの深い気づきへの誘いとなります。

カウンセラーは単なる傾聴者ではありません。
カウンセリングには、
氷山の下に埋もれて視えないが膨大な知識と知恵が秘められています。

そのためにも、カウンセラーとかセラピストと呼ばれる者は、
弛まぬ研鑚と精進の道を歩み続けるのです。
そのことが、クライアントとの関係の質に影響し、
高度な間主観性の在るその場に於いて喜びに育っていくのだと、
私は信じています。



[PR]

# by h-c-c | 2017-10-08 22:24 | Comments(0)