教育 = 共育

昨今30歳前後、法的には明らかに一人の独立した成人の
違法行為、迷惑行為、犯罪までには到らない怪しげな奇行等について、
たびたび取り上げられる親の育て方について、、、
また、
組織内での後継者が育っていないの声に隠れる部下の育成不足について、、、
・・・・・
あなたは、如何お考えですか?

私は、常々、教育は決して一方通行のものではなく、その場で同時に起こる
「共育」であろうと考えている者です。

育てる力だけでは、育ちきらないし、
そもそもその人が持ち得ている育つ力が、その人を育てるのだろうと、、、。
無論、環境は大事です。
それでも、環境だけが育てる力にはなりませんし、
どんな逆境からでも、育つ力を発揮するものは育っていきます。

子育てにしても、部下・後継者の育成にしても、
本人の「育つ力」に由るところの方が大きいのではないでしょうか。

昔の職人は、師匠から盗んで覚えよ!と、言われたものです。
勘所を研ぎ澄ませ自身を育てるために身につける学び方です。
噛んで含めて、手取り足取り、懇切丁寧に教えたところで、
本人に学ぶ力(気)が無ければ、それは習得できませんし、
逆にその人に学び取り込む力があれば、貪欲なまでに習得するでしょう。

二十歳を超えた成人の犯罪に対して、親の育て方を云々されるような、
そもそものそうした考え方は、
少子化問題が国の将来を愁う時代にあって、
結婚しない人が多いだけでなく、
出産を踏みとどまらせ、
子育てを躊躇させ、
子供を持たない選択肢の一つに繋がるような社会は、
そうした社会構造自体が未成熟だと考えています。

親になったことのない人、子供を持たない人が増える現代社会に於いて、
偏った見方はますますこの国から子供を失うことになりそうな気がします。

育てる方だけに責任がある訳ではありません。
逆にいえば、
素晴らしい人物が育った背景に、
必ずしも優秀な子育てをした親がいるわけではないと言うことです。
幾らかの影響はあるにせよ、
そこはやはり、何といっても本人自身の育とうとする力、
生き抜いて行こうとする意欲と力が大きく働いたに違いありません。

親だからと言って、上司だからと言って、
過剰な自信も猛省も不要だとの考えに
私としては今のところ到っています。

ーーー昨今よく見聞きする芸能人2世の問題行動を含めて…の私見ですーーー



[PR]
by h-c-c | 2017-11-14 11:07 | Comments(0)