HCC コミュニティ ひろば

hcc1737.exblog.jp

HCC Community Space

心のケアが商品化される時代にあって考えること

資格取得に挑戦する人が増えている。
資格は実力ではない。
資格取得は、スタートにすぎないと私としては考えている。
「心のケア」「心の専門家」…って、何だ?

「物」から「心」へ。
かつて日本人総中流家庭に成ったとばかりに、
物質的にある程度の満たされ感を味わったこの国に於いて、
声高に云われ始めたのは、たかだか2-30年ほど前のことだ。
登校拒否、不登校、いじめ問題等は、
主に子どもたちを中心として学校から発信された。
学校内でのいじめ問題は、文科省(当時文部省)、教育関係者、警察など、
頭でっかちなお偉い方々が雁首並べてさまざまに試みてはみたものの
事態は深刻化し、現在の日本が抱える問題の一つ、
中高年(30-40歳代)の引きこもりを生み出している。

甚だ無礼を承知の上で申しあげるとするならば、大学院を出たところで、
臨床心理士の資格を手にしたくらいで、
生身の人間の、しかも手ごわいクライアントの相手は、
そうそう易々とは出来っこない。
それが証拠に、大学院終了程度の資格で、スクールカウンセラーになった
自分自身の「自己確立」も未熟な年代では、
モンスターと呼ばれる父母たちの激しいパワーにはとてもではないが
太刀打ちできず、結果として、カウンセラーの方が泣きを上げ、
パニック障害や、鬱的症状を見せるようにさえなった歴然とした事実がある。

芸術家しかり、先生しかり、呼び名じゃない。
肩書きや資格じゃない。
そんなものに頼ったり惑わされたりしているから本質を見失うのだ。
実力を鍛えて鍛えて鍛え抜け。

それぞれの分野の「職人」を目指す。
それぞれの世界には、それぞれに特徴的な鍛え方、育ち方がある。
カウンセラーは、他者以前に、
自己探究によって、
「自分」と「自分の人生」との関係性を理解、把握、受容することが
大事であろうと考えている。

心の専門家と呼ばれる職業(?)的なものが、
短期間でいともた易く取得できる今の時代は、
別の意味で、また新たな問題を生みだす土壌となっているように見える。


[PR]
Commented at 2016-04-05 15:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by h-c-c at 2016-04-05 20:51
久しぶりですね。お元気そうで嬉しいです。…、んんん…、そうなんですよね。資格じゃないんです。でも、勉強は絶対必要なんです!これは、資格とは別次元の問題なんですが、勉強を疎かにしない。学んで学んで学び抜く。知識を智慧に変えるためには体験を積み、経験を重ね、失敗を恐れない。感覚だけじゃダメなんです。センスや直感は、学びの力に比例して、更に高まっていくものだから、学びだけは絶対に疎かにしてはなりません。正当な学習の継続のないところには、真の成長は望みにくいと思われますし、自我流の独りよがりでは、社会的には通用しにくいとも思えます。・・・まァ、そんなことより、また一度アカリさんの素敵な笑顔を見せにセンターにお立寄りください。待ってまぁ~~す。
Commented by つきあかり at 2016-04-08 02:23 x
コメントありがとうございます(^^)
このブログは今の私に、「どストライク」だったので、思わずつぶやいてしまいました…。
感覚だけじゃだめなことに気づいていて、勉強するには目標も持ちたくて…でも、どこから責めていこうか迷っている中、我が子がいろんな事を勉強させてくれるきっかけがあって…。
母のような存在の眞美子先生と出逢って10年以上。以来細々と勉強を続けてきました。おかげさまで、今年こども心理を中心とした大学4年生に進級できました(^^)
子供達二人の春休みも終わり、少し時間がとれる日ができそうです。またぜひお邪魔させてくださいね(^^)
by h-c-c | 2016-04-03 22:15 | Comments(3)

HCC Community Space


by h-c-c