傾聴ボランティア養成講座

今日から、カウンセリングにおける私の仕事が始まりました。

今年初の仕事は、

福山市社会福祉協議会主催の「傾聴ボランティア養成講座」。

傾聴専門のボランティア員養成のための2時間講義でした。

現代という時代性の中で必要とされる「傾聴」の重要性。

それは、テクニックではなく、「態度」「人としての在り方」そのものにかかわることだと、

私としては、常々考えているのですが、・・・うまく伝わったでしょうか???

カウンセリングセンターに戻ってからは、

既に予約の決まっていた個人カウンセリングを行いました。

若い若い、本当に柳の新芽のようなクライアントさんでした。

みんな、皆、自分の人生を一生懸命生きている。

迷いながら、足踏みしながら、生きたいのだ。

理屈じゃない。

とにかく、皆、自分を生き抜いて生きたいのだ。


その、けな気さが、胸を打つ。 その、一途さに頭が下がる。

カウンセリングの度に、いつもいつもたくさんのことを教えられ、学ばせてもらえます。


暦の上では、寒の入りを迎え、寒さは凍てつく感じの昨日までの外気。

そんな中、今日は幾分穏やかで、日中は、気持ち暖かな感じさえしました。

仕事始めには、最適の一日だったことに感謝して、

今年も、一つ一つの仕事を大事に丁寧に行って行きたいと誓った一日でした。

HCC:馬屋原眞美子

[PR]
by h-c-c | 2010-01-08 22:03 | Comments(0)